Mahashivaratri Puja

New Delhi (India)


Feedback
Share

Mahashivaratri Puja

シヴァは永遠で常在するのに なぜその誕生を祝うのでしょう 今日祝うのは 地上でのシヴァの確立で 物質的な自己にあります 全ての物質は神格によって創られ そこに神が宿ります なのでアディシャクティは まずシヴァを確立しようとしました 究極の存在であるシヴァ抜きでは 何も確立しないからです なのでシヴァを確立しなければなりませんが どうすればよいのでしょう 彼はタモ グナの神です 冷たく 静的なもの全ての神です まず 地球は熱い太陽から 離れた月の近くに置かれます 月はシヴァの義兄です 地球は月に近づき 氷に覆われるようになりました それから次第に 太陽の方に近づいていきました すると氷が溶けだします それでも氷が溶けずに残る その場所でシヴァが確立されました その地点は今もあり それがカイラスです 溶けずにある氷は シヴァの顔のように 目や鼻など年中はっきりと 形が見えます シヴァは このようにして創られ 地上で起こること全てを 観ずる存在としています 宇宙のクンダリーニである インドのある南を向いています 彼は両手を このようにして南を向き アディ クンダリーニの スペクタクルを観ている そのように創られました 宇宙のハートは イギリスですが シヴァはサハスララに座していて そこが彼の玉座なのです シヴァはあなたのハートに 宿っていても 彼の座は頭頂で そこからすべての身体を 観ています だから脚は南 頭は北 左手は東で 右手は西です このように宇宙が創られたと 見ることができます 立たないで座っていなさい 写真をとらないで 私の話を 注意して聞きなさい 瞑想的に聞くのです 私の話を最大限 役立てたいでしょう 瞑想的に聞きなさい そうすればはっきりと聞けます なにかせず 瞑想することです なのであなたは 目撃者として南を向いています 誰かが南の人は南枕で 寝る人がいると聞きました するとシヴァに足を向け 寝ることに なります カイラスは北ですね なのに何故脚を 北に向けるのでしょう 理屈にあいません ブラミンが言ったからといって 反対のことをしているのです ブラミンからこの国が 守られるといいのですが ブラマ(神)のことを 知らないくせに聖職者でいます 彼らが本物であれば 必ずこの国を治める用になると思います シヴァが物質において まず確立されるなら 私達においても同様で 胎児が形成されるとき シヴァの確立によって心拍が起こります シヴァが確立された というサインです 心臓に問題がある場合 シヴァの確立が 不完全であると言わざるを得ません 悪い人ということではなく 長生きする運命ではなく 後世で別の心臓を 持つのかもしれません もしくは前世で何らかの問題が あったのかもしれませんが シヴァの原理に 注意を払えば治ります 最も大切な臓器は 心臓です 心臓が止まれば 存在することができません なので アトゥマであるシヴァを 大切にすることが最重要です 私達は些細な 世事にかまけています あれこれと心配し スピリットに関心を向けません それが私達の 最大の問題です スピリットに 注意を払えば 全宇宙が歓びそのものである パラブラマと共鳴しだします ですがスピリットに注意を払わずに 人生を楽しもうと思ってもできません 無意味な事に囚われて スピリットを忘れていては人生を楽しめません 完全な静寂はスピリット以外からは 得られないのです 内なるスピリットが 目覚めると 静寂が働きだしてリラックスして 自分自身でいられるようになります 問題はなく 普通人が求めるものを求めず 自分自身と共にありたいと 思うでしょう ただ 同じようにスピリットを見つけた 他のサハジャ ヨギを求め ハートに宿る スピリットの交流をするでしょう スピリットは私達の内なる普遍性で 合一により普遍的な意識をもたらします シヴァやその原理には 多くの性質があり 全てはお伝えしませんが もう一つの次元があります シヴァの原理を持っている人は 冷静なタイプだということです そのような人は 熱いヴァイブレーションではなく 活動的なタイプでなく 極めて冷静な性質を発達させます 低血圧であったり スピリチュアルな性質を持ちすぎるゆえ 下痢気味だったり するかもしれません レフトサイドの作用で 愛の側に立つ人かもしれない レフトサイドはいわゆるカパの側で 粘液質のことです レフトサイドなので 風邪をひきやすいタイプです このような人は風邪などから 身を守る方法を サハジャ ヨガで 学ぶ必要があります スピリット自体は 健康問題を超越しています ですが スピリットの事ばかり考える レフトサイドな人は偏ってくるので この世に生きるなら バランスが必要です 自身のスピリチュアルな成長のための 活動に従事する事です スピリチュアルに成長した人が シヴァの原理で地上に生活することはできません バランスのとれた 性質でいなければなりません そのバランスが発達すると スピリットがハートから頭頂に登ります これが第2段階で ここは集合性 コレクティヴィティです 愛と情を中枢神経に注ぎ込んで 頭頂のヴィラータに導くと あなたの集合的な存在から 愛が広がり始めます そうなって初めて あなたは十全な人格となります でなければシヴァの原理は 宇宙の存在と無関係に存在しています シヴァの原理の重力に 宇宙は存在し 消滅していきます スピリチュアルな渇望を持つ者は 自身のシヴァをハートから頭頂へあげて 自分をサハスララの ディタッチした在り方に導くべきです 完全なバランスとは どこにあるでしょう サハジャ ヨガでは多くの人が 優しく 愛を持った良い人達です 例えばデリーでは ムンバイの人のようにきつくありません ムンバイの人はきついし プーナの人はもっときついです ですが ムンバイや プーナのヨギは深いのです 彼らは同情心のような感情を超えて 少しバランスをとれているからです “人にきつくしてはダメです不親切にしないで” という態度も変な場合があります 例えば昨日は私も 皆と同じ場所で寝ました ムンバイやプーナだったら 話し声は全く聞こえません ライオンやトラがいる森のように 静まり返るでしょう トラがいれば 何マイルも手前から 分かります 静まり返っているからです それがデリーでは 皆が話しています お金のことなどペチャクチャとしゃべり 外国からのヨギもそれに参加します 驚くほどです なぜあんなにいつも お喋りするのでしょう 逆に 私が寝ているときには 皆座って瞑想をするべきです なのに 無意味な話をしています 皆がペチャクチャと喋っていて どうしたら良いのでしょう 同情的な態度をもつかぎり 話し続けるのです “仕事でこんな問題があって”とか “私も同じですよ 彼らはダメですよね 他にも問題あったらしいですよ”とか サハジャ ヨガに 無関係な話をしています サハジャ ヨガの話ですら 私の前で話すべきではありません このような態度はサハジャ ヨギに 相応しくないとお願いしなければなりません 私の前で口を開くことすら 良くありません 詳細には 立ち入りたくありませんが シヴァの原理をハートから上げるには たくさんのことを学ぶ必要があります あなた方は人を歓ばせ まとめることには 長けているし 口論もありません ムンバイやプーナの サハジャ ヨギたちは口論好きです でもプーナやムンバイのサハジャ ヨギたちは 個人としての深みに到達しました 彼らは次に ハートに 少し帰ってくる段階です 彼らはちょっと人に厳しすぎるので 次の段階はそうなるのです ただ ある程度の厳しさが 必要なのです 例えば“マザーのおみ足に 触ってはいけません”と言われたら 悪い気がしますが 世俗的にはそうなります それが“私の足に触らないで下さい” と私が言ったら それに従い 自分ではなく 私を歓ばせるべきです “彼らは初めてなので これを言わないほうが良いです” という迎合的なアテンションを変えなさい やりなさい でないと私をアプラサンナにして それが問題を引き起こすことになります プーナやムンバイの マラティ語のようにきつくでなく ちゃんとしたウルドゥ語のように 人を不快にさせないようにしつつ 言うことは 言わなければいけません 私の邪魔をするようにしないで下さい きちんとするように伝えるべきです 自分に深く入るために 一人になり 瞑想と黙想に入りなさい デリーのヨギが皆そうだとはいいませんし ここでは組織運営が上手で ムンバイやプーネのヨギは 学ぶ必要があります 皆が口論し 飽き飽きします お互いをすり減らすのも 気に入りません でも 個人としては 彼らは良いので 個人的になります 個人的な人と社会的な人がいて 両極端になりがちです サハジャ ヨギはどうすべきでしょう マザー依存症になるべきです マザーが好むことをするべきです 分かりますか 世間や個人を 喜ばせる必要はなく マザーを歓ばせるというシンプルな事で アディシャンカラチャリヤが言ったことです “何がマザーを歓ばせるか” を学問にしなさい 分かりますか シヴァの原理として 私を歓ばせるのはたやすいことです 間違いをして 耳を引っ張っても大丈夫です でも やり過ぎないように 間違うのはいいけれど 当前と思い 間違え続けてはいけません 長いロープを掴んでも 結局それで首をつってしまうでしょう だからロープを与えられたら 却って気をつけないといけません 世間や自分の意見に こだわるべきではありません どちらも間違いです 私の中の全ての神格を 歓ばせるように振る舞いなさい 私は存在しないのです 信じて下さい 私は多くの存在の 集合にすぎません 宇宙にも この体にも 私は見当たりません たまに“これは一体何か” と思います 外部として感じられます でも そこに行き渡り 楽しみ 生活する一方 私はそこに存在せず どこにもいない 何がマザーを歓ばせるかを理解しようとすれば 私の望むような威厳を持てるでしょう 私の望むように 歓びを感じられるでしょう 私の与えるヴァイブレーションを さらに得る能力をえられるでしょう 何であれ あなたが自分に 良いことをすれば私は歓びます ただ 自分に良いことを自分流に考えて また個人主義になるかもしれません もしくは世間に 迎合するかもしれない 私が午後7時前に プログラムを予定しないように言うと 都合が合わないと言うかもしれませんが 私に合うかどうかが問題なのです 私にしか できないことがあるからです それをできる時間は 決まっています 私の予定をあなたの都合に 合わせないでください 午前11時以前に 予定すべきではありません 早朝5時であれば 良いですが ある時間は別の目的に 使わなければならないのです 何であれ私に合わせることが あなたの善につながるのです それが最も効果的です あなたのために 私のトリックを教えてあげているのです しかし働く人は 来られないだろうと言うのです 来なくて良いのです 7時に映画があれば 彼らは行くのではないですか だったらなぜ安易にマザーを 彼らの都合に合わさせるのでしょう 人が少なければ そのほうがずっといいのです そのほうが 天国がゆったりします 私を安売りしてはなりません 理解するべきです マザーの威厳を保ちなさい 皆や世間を 助ける必要はありますが でないと ゴミの駆除ができません 捨てるべきものが 沢山あります ゴミの部分を 心配しないで下さい 最良のものを選びますが その際にきつい話し方をしないことです “どけどけどけ” と 話すべきではありません 話し方を変えなさい どう柔らかく話すかを 皆に教えなさい これは大切で さもなくば最後は 聖人をも侮辱してしまうかもしれません だからやめるべきです 分かりなさい あなたは人前で 正しい概念 行い 態度と知識を 示すことができます 正しい理性ではなく 絶対的な正しさです シヴァは絶対で 絶対的知識を与え 私の歓ばせ方を知っています 私を不快になるその瞬間に 劇を中断します 彼は私のために それを観察しています ダメだと思ったら 劇を止めて “中止です 終わりなさい” シヴァは観察者と言いましたが 裁判官でもあります なのでちゃんとしなさい 私はシヴァを 歓ばせるようにしています シヴァのもとで 宇宙が良き場所であり あなたが約束された 永遠の生を得られるように でも何がマザーを歓ばせるか 理解しなさい 私をじっと見つめる者もいます それもいけません 目を伏せなさい 馬鹿げた行いです 馬鹿げているだけでなく 私を歓ばせません あなたもそうされれば 同じでしょう 私はあなたを 歓ばせようとしています どうやって歓ばせるか 私から学びなさい もちろん 私のようにはできません “マザー そこに行ったら馬をもらって・・・” と話しても 自己を達成できません 私はあなたの問題を解決できますが あなたは私の問題を解決できません あなたを歓ばせるのは 容易いです どんな仕方でも良かれと思って 人を不快にしないことです 特別なことを する必要はないのです この簡単な事が分かれば よかれと思って 私を不快にさせることもないでしょう 特別な事をする必要はなく 優しく 愛を持っていれば 私はいいのです そもそも私は上機嫌なので あなたに満足です いかにこれらを乗り越えて 何を達成すべきかですが 今のところデリーの人はハートから サハスララに行く必要があります ムンバイやプーナの人は ハートに戻る必要があります ラフリの人は ちょうどあいだと思います ちょうど中間です オーガナイズ上手だし 個人としても私に問題事をつくりません ラフリがおそらく 私のメッカかもしれません でも誰でもそうなれるのです 皆が伝え合い 教え合い 高め合えるのです 自分を本当に愛し 進化させようと思えば自然にできます 本当にしたければ 何かする必要はありません 次第に上手くいき バランスがとれてくるでしょう おしゃべりな人は あまり喋っていはいけません しゃべりすぎるなら 話を終えたらやめるべきです 必要なときに話し 必要なければ話さないことです そのような人格を 育てることができます どこまで話し どこには触れないかの知恵です やらない というのが シヴァの性質です 彼は何をせず 座って全ての喜劇を観ています 彼は何もせず 観ずる方なのです 彼が観るのをやめれば 劇は全ておわりです 何もしないことで 彼がどれほどしているか分かりますか その対比を見なさい 彼は皆を踊らせて 楽しんでいます 同じように あなたにも両面があります サハジャ ヨギとして そのバランスを達成できます それはあなたの善や進化 発展のためです さあ今日は 全てに浸透するシヴァの原理を 個々に伸ばすチャンスです カビラは美しい詩句に 表しました “私は愛を起こし 取り出して その波動を5大要素に注ぎ込む” と 偉大さが 分かるでしょう 彼は心から取り出して 5大要素に注ぎ込むのです これこそが サハジャ ヨガです これが分かれば 他に何も分かる必要がありません ハートにおいてそれを得たら 心の資本家となり 外では社会主義になります このバランスをきちんと 取れるようになれば終わりです できます 皆でやりましょう そして世界に それができると示すのです いわゆる普通の人が 非凡になれます 今日はそれをサハジャにすると 決意しなさい 常に自分を見続ければ 分かるでしょう 自分に言い訳しないことです そこがポイントではなく そういうのは馬鹿げています 自分に挑戦しなさい “どうしてこんなことになったのか”と そうして自分をワークアウトできます 力があるのだから間違いありません あなたのスピリチュアルな そしてコレクディブな成長を私は祝福します どちらも大切です コレクティブなしにスピリチュアルな 成長をしても意味がありませんし スピリチュアルな成長なしに コレクティブがあっても意味がありません 両者を統合しなさい シヴァをヴィラータに持っていき そこで確立するのです やりなさい これさえ分かれば 人との関係も末永く 実りある 良好なものになるでしょう そしてサハジャ ヨギの人生の質が すばらしいものとなります 神の祝福を