Birthday Puja, Sincerity

Curzon Hall, Sydney (Australia)


Send Feedback
Share

Puja for the 67° Birthday, Sydney (Australia), 21 March 1990.

世界中の 何という熱意でしょう シドニーにある花全てが 買い占められたようです すばらしい言葉やカード 手紙 美しい詩をもらいました 子どもたちも 美しく歌っています 誠実な幸福の 気持ちに対して 歓びの気持ちを表す 言葉がありません あなたには 世話をしてくれる 気にかけてくれる 叡智であなたを変えてくれる お母さんが必要でした ですから 誕生日が来るたびに サハジャ ヨギは より寛大になり もはや一滴ではなく大海の一部である と気付いていると感じます その大海はあなた方を強め 世話しています あなた方を養います そしてその大海によって 導かれます ですから一滴と大海のつながりは 完全に確立されなければいけません 一滴の限界は 大海の偉大さによって 完全になくならなければいけません 配慮と優しい言葉で コレクティブの深さを 向上させることができます コレクティブになりたいという 誠実な望みでもってできます コレクティブになりたいという望みは 大変誠実でないといけません するとあなた自身に 広がりがでてきます まず必要なのは 自分に対する誠実さです 一滴の状態から つまり小さな限界を持つ 一滴から来ているので 何度も限界に 突き当たりますが 自身のヴィジョンを 見なければいけません 将来あなたは どうなっていたいか コレクティブになりたいと思う 誠実さは 全ての障害を取り除きます どんな目的に対しても誠実であれば 時間も労力も全て忘れます 小さなことでさえ 得ようと望みます ではこの誠実さは どこから来るのでしょう 2つの事によって 誠実さは作用します まずサハジャ ヨガとは何か あなたに何をもたらしたかを 自分自身で見なければいけません リアリゼーションを与えました より広いヴィジョンを与えました 集合的意識や 思考を超えた 疑いを超えた 意識状態を与えました 卵から鳥になるように 新しい人格を与えました あなたは鶏になりました 殻に戻ることはできません 一度サハジャ ヨガが あなたのために何をしたか気づけば そしてまたあなたが 何を得たかを気付けば・・・ あなたは長年内密だった クンダリーニの知識を得ました 完全に内密で 誰も知りませんでした クンダリーニについての知識を 大学やいかなる学びの場で 学ぶことなしに得ました 実験室に行くことなく 経験しました 理解しました クンダリーニの 上昇を見ました 人にリアリゼーションを与えました 聖霊の涼しい風を経験しただけでなく 自分自身の力も体験しました また 物事を理解する ための知識は 以前と比べると 大変変わりました あなたの知識は 大変豊かになり クンダリーニを上げる権利を 与えられています 以前は偉大な聖人でさえ 偉大な預言者や聖者でさえ できませんでした ほんの少数の者しか クンダリーニを上げれませんでした それを得ています チャクラを理解し 診断できます 子どもでもできます あなたが気付いていない すばらしさです 人間の段階では それについて クンダリーニという言葉さえ 知りませんでした しかしあなたは短い時間で その知識に精通しました サハジャ ヨガの恩恵です 豊かな知識や アテンションの光の作用をみると たくさんの恩恵に満ちていて 自動的で 何もすることなく結果を得ていて 驚きます どうやって起こるか どう作用するか理解できません “突然そこでこれが起きた” どうやってでしょう この大海はどの瞬間も 細部に渡って作用します これら全ての事柄が示す あなたはもはや普通の人間でなく 聖人であるという事実に 目を開かなければいけません 私達の姿勢が 変わらないといけません 多くの人間は未だ動物です 互いを殺したり 振る舞い方を見れば 人間ですらありません そのような者と 共に住んでいます 彼らは犯罪者で それだけでなく 彼らの中には 大変低いレベルの文化があります 動物とも呼べます 半分人間で 半分動物の者もいれば 完全に人間で 真実の探究者である者もいます サハジャ ヨガで 得たものへの理解から 自分が何者であるかを 悟るべきです 全て私達に 自然に起こったことであれば それに対して 大変誠実であるべきです 私達が得たものはすばらしいものだと 感じなければいけません ですから私達は 誠実でなければいけません メンタルにも 感じないといけません これはとても重要で 価値のあることだと メンタルにも まず第一に感じることです それに対してあなたは 大変誠実になります 次の段階では 見て 知ったことに対して 心を開き始めます 次の段階として あなたはハートを開かないといけません つまり誠実さは ハートからきます ハートが開いていなければ 誠実にはなれません 心が開いていないとは どういうことでしょう あなたは再び生まれ リアリゼーションを得ました ある意味 あなたの誕生日です あなたの知識と 理解の成長において あなたは今まで自分のハートと 歩調を合わせていませんでした 何があなたのハートを そのようにさせるのでしょう ハートが身体や脳を支配していることは 容易に分かります ハートが止まれば 全て停止するからです 脳が止まっても 心臓は止まりません ですからハートが最も大切で あなたの中で全てを支配しています 大変繊細で循環する この特別な器官が石のようなら どのように鼓動できるでしょう ですから “心を広げる”という時 石のような固いハートが 溶けないといけません なぜ石のようになるのでしょう 私達はそのルーツに いかないといけません ハートが脳をコントロールしているので 石のようになります 脳に七つのオーラがあるように ハートにも七つのオーラがあります そしてこれらのオーラ全てが 脳のオーラをコントロールしています 脳にはエゴとコンディショニングの 2つがあります それらが脳を抑えつけます 結果として 脳のオーラは抑えつけられます ですからハートを取り巻く オーラも抑えつけられます しかし脳は考えることができます “これは大変いいです どうクンダリーニを上げるか知っています” 考えることができるので 石のようにはなりません どんなにハートが石のようでも 脳は考えることができます ヒットラーのようにです ですから脳は コンディショニングやエゴによって 石になったり 考えられなくなったりはしません 大きなエゴがあれば その者は 愚かになるかもしれません しかし考えます 本当に愚かになります エゴイストは アギヤが キャッチしている者は愚か者になります 確かです その者の態度や話し方 行動にみてとれます 自慢したがります 大変愚かになります 賢い者は その愚かさに気づきます 頭がスーパーエゴで 覆われていても 脳は固い石の ようにはなりません 代わりに その者を大変愚かにします そのような者は 永遠と話し続けます 人はすぐさま その者の愚かさに気づきます コンディショニングは さらにひどいです 大変陰険です コンディショニングが強い者は 表だってそれを出さないからです 自慢しません しかし 悪賢く サハジャでない考えで 頭がいっぱいです プージャで私が手を洗った水を とっておくのを見るとします すると“なぜとっておくのか” お母さんの手を洗ったものです 別の者が“マザーの手には 強いヴァイブレーションがあり” “そこにヴァイブレーションが 浸透します” その者は 信じられませんでした コンディショニングが強く 汚れだけが出ると思うのです ヴァイブレーションのことを 考えられないのです そのようなコンディショニングが 人の頭にはあります コンディショニングがあるために ハートで理解できません その者は悪賢い考えをしたり 嘘を言ったり ナンセンスなことを言ったりして まともであると納得させようとします その者達は愚かではなく 馬鹿なのです 馬鹿な者のように話します 馬鹿なことを受け入れます 叡智がありません 一方は愚か者で もう一方は馬鹿です 間にサハジャ ヨギがいます コンディショニングは 頭を歪めますが 石にはしません 精神錯乱を持って 生まれた者であれば 考えることができず 石のようになります 普通の脳は考え続けます コンディショニングかエゴでもって 考え続けます 脳によってハートに 影響を及ぼすべきではありません ハートが脳に 影響を与えるものです ハートから出ているオーラは 鈍くなったり 消えたりします ハートのオーラは大変敏感で “脳に光を与えても仕方がない” と感じます するとオーラは どんどん小さくなります そしてハートが小さくなります そこに居続ける意味が なくなるので小さくなります 結果として ハートが小さくなります “心が狭い人” “臆病者” とも言いますが そのような者を “石のようなハート”と言います コンディショニングやエゴがあるため これが起こります その結果はハートが 石のようになることで感じられます ハートは敏感で 脳は敏感ではないからです 柔らかいものを茹でるなら 固くなりますが 石を茹でても 固さは変わりません 敏感で繊細なハートは 石のようになります 脳波の熱で茹でるようです 大変固い石になります 一言も優しい言葉は 出てきません 常に人を攻撃し 言うべきでないことを言ったり “人を傷つけるために何を言おう” と考えます 悪賢いので“人をおとしめるには どうしたらいいか”と考えます またハートはエゴで凍ります そしてハートは考えます 脳にオーラを 放つことができなくなります 脳は“ハートはコントロールする力がない” と考えます するとハートも “私は私ですべての仕事をします” ハートは小さく 石のようになり 作用しません そして脳が支配権を得ます 脳は理解が及ばないことを し始めます 動物のうように 悪魔のように振る舞います 大変残忍になり 人にどう優しい言葉をかけていいか 分からなくなります 間違ったプライドを持ち 他者を傷つけたりします 同類が現れて 共に破滅するまで互いを軽蔑し合います それが全てにおける 問題点ですが そうでなければ 全滅しているでしょう エゴが強い二人は一緒にいれないので 互いを無力化するからです おかげで 彼らから救われています ですから脳にある これらの二つの状況が ハートを凍らせ ハートの領域をなくし 脳がそれ自体で 主張し始めます それ故 どう人に優しくしていいか どう助けていいか どう人を安心させ 守っていいか分かりません これら全ては受け継いでいます あなたがサハジャ ヨガに来た時は 石のようなハートで 脳はエゴかスーパーエゴで いっぱいでした しかし クンダリーニの上昇は 頭を一掃します クンダリーニが動いて ハートの座である ブランマ ランドゥラに触れると 誠実さがでてきます すると王が戻ってくるように ハートが戻り 脳を支配し始めます ハートが戻ると 怒りを感じていた人や話したくない人や 関係ない人に対し 親切になります 人は様々なやり方で あなたを傷つけました すべての危害や 全てがただ消えます そして 大変優しく すばらしくなります クンダリーニがハートの座である ブランマ ランドゥラに触れたということです それが開き始めるや否や ハートも開き “脳に支配されるなんて” と目が覚めます 人が突如変わるのを見ると 驚くでしょう アメリカにある男性がいました “マザー リアリゼーションの後” “あまりに変わって 大変穏和になりました” “伯父や誰に対しても 幸運を祝ったことがありませんでしたが” “伯父さん こんにちは” 伯父は彼を見て “大丈夫かい” そんな風に声を かけたことがありませんでした “伯父さん 何かできることはありませんか” と素敵な言葉をかけました 伯父は “酔っ払っているのか” “なぜそんな優しい言葉をかけるのか 信じられない” このように起こります 簡単に抜け落ちると 理解すべきです それらを身につけたからです 身につけたので なくせます それらによって 煩わされることはありません 一度ハートが目覚めれば エゴとスーパーエゴを 立ち退かせることができます ですから人と接する時 良いコミュニケーションをとることで 氷を壊さないといけません 自分自身に言い聞かせます “この者は そんなに悪い人ではない” “まともかもしれない” 誰かを悪く決めつけるのは 簡単です 一度そう思い始めると 自分の周りに要塞をつくり 自分が最高で 周りは良くないと考えます そしてこの考えは 地域や社会 人類全てに害を及ぼします サハジャ ヨガはそれを直す 唯一の方法です サハジャ ヨガがこれらを終わらせる 唯一の方法です あなた達によって なされなければいけません クンダリーニを上げて ブランマ ランドゥラを開くことです そして人はこれによって 誠実さが戻ると理解できます あなたのハートは上昇します 覚醒された人格になり 常に狂ったように考える脳を 支配できます これが一度起こると 疑いのない意識状態に 飛び込んだことに気付くでしょう 2つの関係は 理解されていないといけません まずハートの支配が ハートの王国が挑戦されて力を失うと 脳が王になり 私達を支配し始めます “私はこう考える” “私はこう感じる”と 脳が エゴが言います “私はこう考える” “私はこうしたい” と言うことを断念すれば 全てうまくいきます 代わりにこの身体が それを望んでいると言うべきです 自分から切り離します “私がこうしたい”と言わないことで 自分と切り離し始めます “この身体が この手が この頭が” と言うべきです 切り離します 一度切り離すとエゴやスーパーエゴの 障害が消えるでしょう またこの2つを取り除くのは 容易いです クンダリーニを上げて ブランマ ランドゥラを貫くことによってだけです これはあなたが得た 最高のことです ブランマ ランドゥラを貫き クンダリーニが包括的な力と繋がるだけです ですから瞑想しなさいと言います そうすればうまく作用します 外側のことにあまり 注意をおいてはいけません もちろんある意味 あなたは サハジャ ヨガに責任があります それに対して誠実だからです 自分を強制できません ですから何度も言います 自分の誠実さを計りなさい “いかにサハジャ ヨガに 誠実であるか” ある者は軽率にも “マザー 私は馬鹿でした 混乱していました” そのように言えないはずです あなたはサハジャ ヨガに 恩義があるからです あなたの人生が 新しくなりました “混乱していました 馬鹿でした” などとは言えません 自分にはできないと 言うのですか お母さんは誠実さに 働きかけてきました それに対して 不誠実ではいられません 偽善者ではいたくありません 感謝の気持ちや 自尊心があるなら “混乱していました 馬鹿でした” とは決して言うべきではありません 自分が冴えない者だと 言っているようなものです サハジャ ヨガや自分自身に対して 全く感謝の気持ちがありません サハジャ ヨガはあなたを 必要としているわけではありません あなたがサハジャ ヨガを 必要としています サハジャ ヨガ自体 完全体です 完璧です そのままであり続けます それ自体の位置づけ 重要性 威厳があり 完全です それから何かを得ようとするなら あなたが作用させなければいけません ガンジス川から 水を汲むなら 必要な深さの 水差しが必要です 石を持って行っても 汲めません ガンジス川は流れ続けます それ自体の容量で あり続けます 石を持っていっても 変わりません クンダリーニを 出来る限り上げることが大切です 常にクンダリーニに 注意をおきなさい 問題がどこか見て 完全に取り除きなさい 問題がどこかを探り 何回もクンダリーニを上げ 大脳辺縁系に 流れているのを感じなさい そうすることで ハートが開きます ある意味 機械的なプロセスと言えます しかし それさえしません していたら ハートが大きいはずです “私のハートがアジアのように 大きくなった”と言うでしょう ハートの奇跡を見るでしょう あなたは ヴァイブレーションを放ち それによって慈悲深く ダイナミックになります サハジャ ヨガに 誠実になります 今日のプージャで 心を開くようお願いします あなた方は歓喜に満ちています 心を開いたからに違いありません 私に対して大きなハートを持っている ためですが 自分に対してではありません 私のために何でもしますが 自分のためには何もしません ホールを飾るために 朝から晩まで働きます これらの花を 私のために揃えました “自分の為に瞑想しなさい” というとしません “自分のためにこれを習得しなさい” というとしません そういう状況です これらを飾ることで力を無駄にせず 自分自身を飾るべきです 誠実さでもって ハートを大きく保てると 自分の想像や知性や良識を使うことが できると信じることによってです これが世界中への 今日の誕生日のメッセージです 全世界が一つの脈動する 大きなハートのように感じたからです 電話を取ってからここに来ました 電話がかかったり お花が届いたり すばらしい言葉が送られました それに浸っています あまりにもすばらしいです 子どもや女性 男性から 心温まるものをいただき いかに彼らが私の誕生日に対して 歓びに満ちているかをみると驚きます 同じように毎日が あなたの誕生日だと考えてください 常にクンダリーニを 上げておかなければいけません クンダリーニの基準を より高く保ちなさい ハートが開けば開く程 クンダリーニの糸が上がって あなたのハートはより開きます 目覚めます より力強くなります 開いた 大きな 力強いハートで おかしな考えを与える脳を 支配できます 今年そうなることを願います 大きなハートが持てるように 努力してほしいです 大きなハートとは 愚かさではありません 私を入れられるハートのことです 私はかなり大きな人です 私が内在できるほどの 大きなハートを持たないといけません 大きなハートです それを持つべきです これが起これば 全てがうまく作用するでしょう どのようにサレンダーすればよいか 知らなければいけません サレンダーできない部分をどう保つか 知らなければいけません サレンダーは あなたのハートを 完全に開くことでするからです 私をハートにおきなさい そして自分自身を 完全にコントロールできたときに贈る 私への花を持っていなさい 持っている花のように あなたの感情や気持ちを持ちます それはあなたの ハートの大海の一部です 一度準備ができれば 全て整います もし家の準備ができていれば 花を 感情を 美しいものを 持ってきて それらを大切にします 他者にかける優しい言葉 についての本があるべきです そのような本を探すべきです あるいはどう優しく言えるか いかに他の者の面倒を見れるか どうすれば愛を感じてもらえるか の本を書くべきです そのような本は 人に素敵な 言葉をかける手助けになります 何か優しい言葉をかけると その優しさは戻ってきます まるでさざ波が浜辺に触れ 嬉しく感じるのと同じです 優しい 心地よい ありがたく感じられる 言葉を言い続けなさい 誠実さから言うなら 表面的に良いからといって 適当な言葉を言うのではなく 心から言うなら 相手のハートが開き 感情の美しい花が あなたに流れるでしょう 一方で自分のハートを 開かないといけません そしてもう一方で 美しい繊細な気持ちを あらゆるところから吸収して取り入れ 適切な時に それを他へと注ぐのです それは芸術です この花も庭で育てられ 適切な時にここに運ばれました 花は適切な時に使われて 光栄に感じています 私達のハートも そうでないといけません 人間は大変繊細だからです 大変美しいものです 美しくさせるには 美しいことを言わないといけません この口は乱暴なことを 言うためにはありません 他の者にもその美しさが出てくるような 美しいことを言うためにあります すばらしい言葉は 私の心に残ります “このような言葉を 人に言える機会がいつ訪れるだろう” “これはすばらしい言葉だ 優しい言葉だった” “ではどこでこの言葉を使おう” と思います 店に行って 何か良いものを見つけると “あの人が喜ぶだろう では買おう” と思います 同じように 素晴らしい気持ちや 素晴らしい感情に触れたら 素敵な言葉を言われたら あなたはどうしますか それを集めます 心に留め 適切な時に 適切な場所で使います これはシュリ ガネーシャの叡智です 純真な者は 最も誠実な者です 狡猾な者は 誠実にはなれません 彼らは狡猾さを 楽しんでいるからです 素朴な者 愛深い者 何よりも愛を大切にする者が 素晴らしい言葉を 誠実に言うことができます 今日はオーストラリアでの この誕生日が どんなにすばらしかったか お話ししたかったのですが 言葉がありません オーストラリアは 大変遠い所にあります たくさんの人がここに来て “アガタ スワガタ”を歌っていることは 信じれられません お金をあげたわけでも 受け取ったわけでもありません そのようなことを 言ったこともありません 歌っているだけでなく 楽しんでいます 素晴らしいことです あなた方は楽しんでいます ハートが大きければ 他者のために何をするにせよ楽しめます 素晴らしいことをしたり 言ったりすることを楽しみます ですから 美しい言葉の精選された 花を持つべきです 互いに表現できる 精選された気持ちを持つベきです 今日から始めなさい 常に お互い美しい言葉を かけあわないといけません 耳を澄まし 目を開き 機会あるごとに すばらしい言葉を聞いたなら 心に留め 使うようにしなさい 大変 遠く離れた オーストラリアに こんなにたくさんのヨギがいると 思うだけで感激です サハジャ ヨガに対して誠実であることは あなたの責任です 誠実さでもって 全てをすれば 以前耳にしたような おかしな口論は起きないでしょう “私達はマザーを愛していて” “お互いを愛し 常に素敵なことを 互いに言うことで愛が増す” と考えるようにしなさい 悪く言うことは 人のハートを壊すようなことを 言うことは罪深いです 聖人のハートを壊すことはひどい罪で 罰せられるでしょう あなた方は皆聖人です お互い尊重しないといけません それだけでなく 自分の誠実さを楽しまないといけません それ故 誠実さを 楽しみなさいと言います 頭によぎる 愚かな考えをなくしなさい 口論を耳にすると これは何かと思いました 彼らはサハジャ ヨギなのか それとも普通の人なのか あれこれ起きたり 子どもたちについてもです インドに送りなさいと 言い続けています あなたは 自己中心的でした まともに育ちません インドに送りなさい ハートが開きます 全世界が あなたの家族だからです 世界のどこへ行こうと あなたを愛する人や 何でもしてくれる人に会えるでしょう あなたに会うのを心待ちにしている人が どこにでもいると分かります このミュージシャン達は シンガポールに行きます どこに泊まるでしょう 色々計画を立てます 突然 私はバンダンをしました すると電話がきました バラが言うには “私のお母さんが世話をします” いかなる問題も解決できます あなたが誠実だからです 不誠実であるなら 不誠実な人だけに出会い 概算通りに 人を評価したようになるでしょう サハジャ ヨガに 不誠実な人の居場所はありません 誠実さを育てなさい 何度もクンダリーニをあげなさい サハスララに留めなさい そしてハートが 開いているかみなさい “どうハートを開くか”尋ねるでしょう “鍵を取りなさい”としか言えません “心を開く”とは クンダリーニを上げ ブランマ ランドゥラに留め ブランマ ランドゥラが開いているか見ることです ハートが開いたら 人に優しくすることで どう感じるかを見なさい あまり話さない 人に会わない者がいます そのような者はなんらかの憑きものが 頭に取り憑いているようです そうでなければ サハジャ ヨギにとって不自然です 今日たくさんのことを お話しました 気遣い 愛情 叡智 忍耐が 備わるべきだからです 私があなたのグルなら お母さんなら これらの資質を備えるべきです 私は全てにおいて心配します 誰かに問題があれば心配します 問題を解決しようとします 問題が解決するまで 私は気にかけます そして子どもや妻 夫について “正した方が良い”と率直に話します あなたを気にかけているからです これがサハジャ ヨギに対する サハジャ ヨガに対する態度であるべきです これがあなたを大変強くします あなたが気にかけるので 他の者も気にかけるからです 多くが私のようなインド人を こんなにも気にかけています なぜ私を気にかけるでしょう あなた方はサハジャ ヨギですが そうでない人も大勢います 子どもの頃から 知っている人達や家族も 皆が気にかけます 私が気にかけているからです 心配するからです 私に問題を打ち明ける者がいれば 解決するまで頭から離れません 問題を解決できないかと 見ようとします 自分の問題は 全くありません あなたも自分の問題を 持つべきではありません そうすれば うまく対処できます いいですね 神の祝福がありますように 来年の誕生日は インドに来てくれることを望みます ツアーを考えています 恐らくうまくいくでしょう もっと安くで来れればと思います 多くのことを気にかけないといけません うまくいくでしょう