Christmas Puja

(India)


Send Feedback
Share

Christmas Puja. Ganapatipule (India), 25 December 1993.

今日はみなさんで キリストの誕生を祝います とても重要な この時期に祝います なぜなら反キリスト教徒が キリスト教を担っており キリストの誕生に対して 非難しているからです 彼らにそのような権利は ありません リアライズソールでは ありません 神聖をまったく理解 していません 彼らは全てが 偽りだと主張し 彼女がバージンではなく キリストはあのように 生まれてないと 誰が言ったのでしょう 聖ガブリエル が来て言ったのでしょうか どのような権利があって 彼らは言うのでしょう 反キリスト的な人達が 今ではキリスト教を担っています 教皇ですらそうです サティ ユガで彼らは 暴露されねばなりません ここにいる誰かが 教皇に聞いてください ”あなたにどの権利があって そのような事を言うのか” ”神の包括的な愛を感じたことが ありますか?” ”キリストを攻撃しているあなたの中に どれだけ神聖さがありますか?” おそらく彼らはポールの 生まれ変わりの一部でしょう 彼らは神聖を理解できません 神聖が何をもたらすか 知らないのです どれだけ奇跡的なことか 理解できないのです 皆さんは神の恩恵を 感じたことでしょう 皆さんはそれが 奇跡だと分かるでしょう いつでも奇跡が起こるのです 一つ簡単な例を挙げましょう ナヴァラトリプージャで ある写真がありました その写真の裏方で ある光景が浮かんできました この光景は何を示しているのかと 思いました その光景とは スーリヤが カーテンを開けていました そこにはスーリヤの目 鼻 口があり 彼は笑顔でカーテンを開けていました これは何だろうと思いました ナヴァラトリ プージャで 何を意味するのだろうと思いました しかしモスクワに行ったとき 驚きました 彼らは背景を全く同じように ペイントしていたのです 全く同じように 背景が描かれていました ナヴァラトリ プージャは 一ヵ月半も前のことです パラマチャイタニャが 描いたのです 物事が奇跡的に起こるのは 驚きです このような奇跡は 数え切れないほどあります モスクワに向かう機内の中で 気温は-20度だと言ってました 到着すると気温は-50度だと 翌朝の気温は-12度くらいまで 回復するでしょうと言っていました 午後になると-4度でした 次の日は+10度まで 上がりました 通常は時間の経過と共に 徐々に寒くなるものです 今度は夫がモスクワを訪れ-20度で とても寒いと言ってました 私は心配する必要はありません 気温は回復するでしょうと伝えました 彼が到着したときは -2度でした これら全ての要素は 私たちを助けてくれています 全ての 問題は すぐに解決するでしょう どのように問題が解決するか 驚くでしょう するとなぜキリストは 磔にされたのかと 聞くでしょう なぜ彼を磔から 救えなかったのかと 彼が磔にされたのは そうされるようになっていたからです 彼はアギヤを通らなければ ならなかったからです 自身をアギヤで確立し 十字架を 乗り越える必要があったからです 彼の人生のメッセージは 十字架ではなく 彼の復活にあるのです 彼は復活しました これが彼の偉大な成就の一つです 皆さんも復活できるのです 進化における 全ての生まれ変わりは とてもユニークな形で 生まれ変わります そして最後にはキリストが 復活を遂げました 彼は死ぬ必要がありました 死なずに 復活はできません たくさんのことが神話的ですが 実際は違うのです 明日になれば彼らはキリストは 復活していないと言うでしょう 実際彼はその後 カシミールで亡くなりました 証明もあります しかしそれでも人々は 信じたがらないのです ただ単にキリスト教を 広めたいだけなのです なぜなら彼らは知っているのです 大衆を得れば権力を持てると 同じトリックを政治家が 行っています しかしこのような大衆は 何の安堵も 慈愛も人々にもたらしません キリストの母は攻撃を 受けていました 彼女に対するさまざまな 虚偽を言われていました 対してモハメッドはコーランで 何人たりともキリストの母である 聖母の純潔を攻撃してはならないと 彼は敬意を表してました なぜ聖母マリアに対する敬意が 聖書で見られないのでしょう パウロによって 単なる女性と呼ばれています 彼は酷い反キリストとして現れ キリスト教を乗っ取り キリスト教を広め それに自分の価値観を活用し キリスト最悪の弟子である ペテロを利用しました あなたはサタンに乗っ取られると キリスト告げられた弟子にです 彼らは不可能だと 伝えているのです キリストがヴァージンから 生まれたなどありえないと 私たちインド人は シュリ ガネーシャを崇拝します シュリ ガネーシャは キリストと同一です 私たちは聖母がヴァージン ガウリとして子供を創造したと 信じています 信じるだけでなく 私たちは信念を持っています ところが西欧での信念とは 全てが合理性にあります そのように考え 過ちを犯していくのです ダラムについて無意味な記事を 発行する意味があったでしょうか 彼はさらに 名誉まで与えられていました カンタベリー大司教という反キリスト から名誉を与えられていました 名誉を与えられたすぐ後で 彼の教会は ヴィシュヌマヤによって 完全に焼き尽くされました 彼女は一時間ほど見回り その後完全に焼き尽くしました わずかに下位部分だけ残ったのは 美しい絵画があったからでしょう すると愚か者たちは言いました 神の恩恵が ヴィシュヌマヤから 下位部分を守ってくれたのだと ではなぜ焼き尽くしたのでしょう 合理性では神性を理解することは できないのです 無理です 制限や条件付けや エゴが強すぎます どのようにして合理性がキリストの 人生の真実を伝えられるでしょう 私たちには 科学的根拠もあります 皆さんも 知っていると思いますが 炭素の構造上右側から左方向を 見るとスワスティカが見えます 炭素原子を右から左を見ると スワスティカが見えます 以前に大きなモデルを創りました 今度はそれを逆に 左から右方向を見ると オムカラが見えます 間違いありません 下から見上げると「アルファ」と 「オメガ」があります キリストは言いました ”私がアルファとオメガ”だと 当時はシンボルが存在するか 分かりませんでした どうであれ彼は言いました ”私がアルファとオメガ”だと そこにはもう一つ意味があります ”私が始まりで私が終わり”だと 彼がアルファとオメガ と言ったように 下から見上げると はっきりと象徴的に見えるのです 一方にはオムカラ もう一方からはスワスティカが 互いが共に上昇し 生まれ変わると アルファとオメガになります しかしこれらは反キリストには 理解できません 神聖に何ができるのか 理解できないのです あなたはリアリゼーションを得ました 二度目の誕生です ただここに 座っているだけでです どのようにして 得られたのでしょうか 彼らの話す内容は 自らを不幸にします 自己を破滅へと 追いやるものです リスクを犯しすぎです 皆さんもご存知のように シュリ ガネーシャは とてもパワフルな 神格です キリストも同じです 彼は“聖霊に一言でも 反抗するなら許しません”と言いました 同じく一言でもキリストに反抗する なら私が許しません 一言でもです そのときはこの酷い人たちを 完全に滅ぼすでしょう 彼の生誕において私たちが 知るべきことは キリストは シュリ ガネーシャと 同じものから生まれました 彼は叡智であり その源なのです 彼に与えられた人生は短かったため 多くを語ってはいません 3年から3年半の間 キリストは人々に教示しました 彼が話したこと全てが 真実で正しく賢明です 彼らはその真実を 乱そうとしたかもしれません しかし多くの真実が 聖書に残されています 彼は人生を懸けて 真実が何か伝え続けました 彼が最初です 神について 明確に語ったのは 彼のレベルでは このタパの部分に3人存在します 一人はブッダで もう一人はマハヴィーラです ブッダとマハヴィーラは儀式主義の 傾向が強い時代に生まれました 彼らは神について 話さないと言いました “まずはチャイタニャについてのみ お話します”と言いました 皆そうしました ジャナカのグル アシュタヴァクラですら ヴァイブレーションについてのみ 話しました ナナカもそうでした ナーマデーヴァが プンジャブに行った時言いました 神のことやハリのことは 話さないようにと まずパラマチャイタンニャについて 話すべきだと 人はまずパラマチャイタニャに 到達するからです その後“神はどこにいるのですか?” と聞くでしょう 当時 神について話をしたのは キリストのみでした 人々は神について 語りたがらなかったのです 彼は恐れを知らない 勇気ある人でした しかし彼の幼少期については 何処にも説明されていません とても悲しいことです シュリ クリシュナやシュリ ラーマに ついては美しい記述があります 唯一彼がペルシャ人と 口論になった時 人々は彼の分別する能力や明晰さに 驚いていたくらいです それぐらいです しかし後ほど 彼らはメアリに対して 敬意を払いませんでしたが 女神がいるはずだと 信じざる終えませんでした キリストはどのようにして 彼女から生まれたのかと そこでマドンナと 呼ぶようになりました このようにして聖母メアリは マドンナと呼ばれるようになりました 未婚で処女という意味です マドンナは教会や至る所に広がり 人は彼女を 女神と崇拝しました 聖書でもキリスト教でもなく 彼女をマドンナと呼び始めたのです このマドンナのレベルから 人は聖母や母性を 見るようになりました 彼女がマハラクシュミだと 私たちは良く知っています そしてマハラクシュミとして 崇拝します 彼女はラーダです ラーダにも 息子がいました 卵の様な息子でした 卵の半分はキリストで もう半分はシュリ ガネーシャでした この子が生まれた時に 父を求めました 父親はシュリ クリシュナです デヴィ マハットミャムを読めば 出ています 彼はいつも手をこのようにして 父に向けています 一つはシュリ クリシュナで もう一つはシュリ ヴィシュヌです そして彼女がラーダです 「ラー」はエネルギー 「ダー」は エネルギーを支える人を意味します 彼女がジーザスと呼んだのです ヘブライ語ではイエス ヘブライ語から直訳されたマラティの 聖書を読んだときもイエスでした 「イエス」という名は シュリ クリシュナの母の名前です 「イエス」とは彼女の名前である 「イェショダ」からきた呼び名です そう呼ぶようになりました 「キリスト」という名は 「クリシュナ」からきました 彼女は「クリスト」と呼びました もしくは「イエス」や 「ジーサス」と呼びました ヤショダのことも イエスやジーサスと呼びます 彼女は彼をそう呼びました それは彼がシュリ クリシュナと 身近にあったことを 私たちに知らせるためにです シュリ クリシュナはインドにのみ 生まれ変わりました なぜなら彼がアメリカに 生まれ変わるには寛大すぎました 彼らには 際限やマリヤダが無く 戒律が何かもわかっていませんし 全くダルマがありません キリストのように とても純粋で明晰 シュリ クリシュナのリーラ(遊戯) を信じない人柄だからです シュリ クリシュナ曰く 全てはリーラである シュリ ラーマの厳格さを 乗り越えるにはそれしかないと しかしキリストは そうは言いませんでした にも関わらずキリスト教では 全てがリーラだと信者は考えています 無戒律はリーラだ どんな過ちを犯してもそれはリーラで 結局全ては純真だと 彼らの論理を 理解することはできません 非論理的で とても自己破壊的です 私たちインド人は戒律について 理解していると知るべきです 何が正しくて 何が間違っているか しかし私はキリスト教の人達を より称賛します 彼らはクンダリーニが何か 全く分からない国から来て 素晴らしいサハジャ ヨギに なったのですから すると神の恩恵が与えられます 彼らは純粋で誠実なため キリストが彼らを サハジャ ヨガに導いたのです 彼の存在無くして それは不可能でした ここではシュリ ガネーシャは 単なるシンボルに過ぎません 石の中に宿ります そして彼は生まれ変わりました 戒律とは何かを 人々に伝えたのです しかし人々はその教えに 従いませんでした 全く従いませんでした お金の事ばかり気にしています 彼らが神の名において 行ってきたことは驚きです 彼の出生は とても象徴的です 彼は馬小屋で生まれました 想像してみてください 沢山の藁の束があるところで 生まれたのです ほかにも動物がいた場所です この偉大な化身の 生まれ方を見てください 彼は王様ではありません 彼はお金持ちでもありません 彼はとても 貧困な環境で生まれ 平均的水準を下回る 粗雑な環境で生まれたのです このメッセージは 生まれる時に お城や大きな部屋は必要ないのです あなたが純粋なスピリットなら 何処で生まれてもいいのです あなたがキリストなら 偉大な人格は この様に生まれるのです その反対に向かうと とても拝金的で 物質的になり 何がしたいのか 全く分かりません 彼らは稼いだお金で 自分自身を破滅させています センスも プロポーションもありません これが現在 西洋で起こっていることです そして私たちも それに従おうとしています 彼らの破壊的な法則に従い それが先進的だと 信じているのです 破滅に向かって先進的 それが彼らです 気を付けなければなりません 子供達のことや 人との関係性など 彼らの汚れたやり方に巻き込まれ ないようにしなくてはなりません 神の名において行ったのです ここにいる皆さんは 比較的大きなグループです 私たちはサハジャ ヨギです 神の恩恵を受けていて 神聖とは何かを理解しています キリストとは何かも 知っています 例えあなたがヒンズー教徒で 生まれようと関係ありません なぜならキリストは普遍的です 宇宙をサポートしているのです デヴィ・マハトミャムにも記されています 天地万有のサポートです キリストを崇拝する人を 馬鹿にしてはいけません 私たちも シュリ ガネーシャを敬うように 愛情と献身とサレンダーをもって キリストを崇拝しなければなりません キリスト教徒は キリストに対する信念がないでしょう “私たちはキリストを信じます あれこれやってください”と言います サハジャ ヨギの信念は 通用します あなたの信念は 啓蒙されているので通用します 自分自身やサハジャ ヨガ 自分の人生を信用してください これが起きるまで サハジャ ヨギとは呼べません 未だに 表面的な人を見受けます するとどうしたら良いか 分からないでしょう 思考的に分からなくても 神の広大な愛に包まれ この愛を誰かに 与えたくなるのです しかし物質主義が 精妙になる人もいます 未だに物質的です 彼らは物質的で 悪い方法で お金を稼ぐこと考えています もしかしたらそれほどでも ないかもしれませんが 彼らは急に子供に 執着し始めたように感じます この執着は間違っています 子供達はサハジャ ヨガに属しています あなたに権利はありません 彼らは子供達にガナパティプレに 行かず すぐに帰宅してほしいのです 彼らはサハジャヨガの 子供達です ガナパティプレに 来なくてはなりません しかし子供を 連れ去りたいのです 直接そうしたいのです 子供はその為に いるのではありません サハジャ ヨガで 成長するためにいるのです それを望まないのなら 連れ去りなさい 皆がガナパティプレに来るときに 連れ 去るのはあるべき姿ではありません 子供もそれを 望まないでしょう 彼らはここに居たいのです 子供に対してもお金を節約する という物質主義が働いています 物質主義とはキリストが決して 執着することの無かったことです 決して望みません ここを理解するべきです キリストに敬意を払うには この物質観念から抜け出すことです たとえ物に対する 執着があったとしても ヒマラヤに行きなさいとか 禁欲主義になりなさいとか ブッダのように子供を手放しなさい などといっているのではありません 執着は無くすべきです 例えば鳥がいたとします 海を渡りますが 決して海水を飲みません 塩辛いからです あなたはそこに居ます あなたはこの世界に居ますが 執着心を無くすべきです 最初は“父や母が病気で”とか “子供がこうで”でも良かったでしょう しかし もう通用しません 現在はサハジャ ヨガの スピードが速くなっています 遅れをとる人は 取り残されます 気を付けてください このような物への執着に 巻き込まれないでください 特にインド人はアシュラムに 居たがりません 自分の家を持ちたいのです 妻を支配できるし 自分の好きな者が食べれるし 自分の悪趣味を いつでも楽しめるからです 人々はおそらくそのためにインド人は 絶食するべきと言ったのでしょう 味覚から来る欲求を 取り除くために 絶食中でさえ 食べ物のことを 考えています 意味ありません キリストは40日間絶食しました するとサタンが“絶食など諦めなさい” とあれこれ言いました 決して従いませんでした 物質主義には 2種類あります まず第一に西洋では “私の家 妻 子供”などと言います 東洋ではどんな食事をして どのような家に住み どのような家族を持つべきか などと言うでしょう これら全てに 未だ執着しています あなたのセンターが より精妙になるように これらもより精妙になり あなたの足を引っ張ります 例えばサハジャ ヨガで金儲けをしようと しているヨギを知っています 外にいる人は私たちに物を売って 金儲けをしようとしていました サリーが必要だったので サリーを買いますと言いました しかし外の人からは買いません さらにはどこかのショップに行って 食べ物や飲み物を買います そして体調を崩します 何をしているのでしょう 少しくらいのどの渇きを 我慢できないのでしょうか 空腹を我慢 できないのでしょうか 簡単なことです 彼はどうしたでしょう キリストは我慢しました あなたはキリストを 崇拝しに来ました コントロールしてください 重要なことです 一度これが起これば食べ物を 得られようが 住む場所を得られなくても 関係ありません 何処でも暮らせます 皆さんもご存知のとおり 私は何処でも気にしません 私に欲求はありません 身体が何も欲しがらないのです とても素晴らしい身体で 何も求めません その為 疲れることがありません ここに皆さんと居て 同時に全てに存在します ここに寝て欲しければ 一晩中寝れます 身体はなんとも言いません 反対に経験とは違うものです 過去に列車で旅をしました プーネからハイダーバード だったと思います 乗っていた列車がガタガタと 飛び上がるほど揺れました 寝ていて感じたことは 星から星へ移動しているようでした 宇宙を駆け巡っていました 振動など感じませんでした 星から星へ移動している 感じだけでした 普通の人なら この様な振動に 怒り出すところでしょう 対照的に私は星から星へ移動しながら ただその振動を楽しんでいました とても興味深いことです 反応が違うのです 危機が訪れると 完全に思考の無い状態になります ものすごい平穏が流れ込みます 危機が訪れる時にです この状態は執着を無くせば 皆さんも得ることができるのです 私にも子や孫がいますが 電話したことがありません 特に気にしてません 向こうが電話してくるなら いいでしょう 夫にも電話しません いつも思うのですが 時間の無駄です 私の中に 電話機能がありますから 皆が無事だと分かっているのに 電話する必要ないでしょう しかしそのステータスに達するまでは そうなれないでしょう それ以外でサハジャ ヨギに 気づいたことは 突然暴力的になる人がいて 殴られた人がいると報告を受けました この行いは サハジャ ヨギではありません 私は人にも自分の子供にも 手を上げたことはありません 許されることではありません 何人たりとも他者に 手を上げるべきではありません そのような人はサハジャ ヨガでは 何もせずとも低いところまで落ちます 怒ったり 怒鳴ったり すべきではありません これらは何の 助けにもなりません いつも平穏で穏やかで 慈悲深くあるべきです 間違った行いをする人がいたら 私が何とかします あなたがどうにかしようとして 不作法に振舞う必要は無いのです あなたはまだ 執着しているのです その執着が あなたを引き落とします ですので怒らないよう 気をつけて下さい キリストを見てください 彼は教会の近くで物売りをしていた 人に対して怒りましたが 当時は教会ではなく 礼拝堂と呼ばれていました 彼は怒っていました 神の神殿の外で 物を売っていたのですから 彼は大きなハンターで 一撃しました しかし彼はキリストです 同時に彼が磔に された時に言いました “神よ 彼らを許してください 自分が 何をしているか分かってないのです” このことを 彼から理解するべきです どれだけ人を許し 愛に溢れていたか どれだけ人の面倒を見て 彼らの解放のための 手助けをしたか 当時の混乱と 無秩序の時代では 彼は真実を伝えるために スピリットや上昇について 伝えるために立ち上がりました 彼らは無知ゆえにキリストの言葉を 理解していませんでした しかし彼は話しました 聖書には沢山の神話が 書かれています そのうちの一つは 復活のときに身体が 墓から蘇ってくると これはキリスト教に 限ったことではありません イスラム教や ユダヤ教にも共通します 考えてみてください 何年も経った後に 墓の中に何が残っているでしょう 骨だけです この骨が出てきても どうやってリアリゼーションを 与えられるでしょう 考えてください ただの神話です 論理的に考えてもありえません それはこういうことです “ナル ダマヤンティ アキャン” インド哲学では 明確に表しています カリ ユガが訪れると 神を求める沢山の探求者が あらゆる場所から 誕生し始めるでしょう そしてリアリゼーションを 得るでしょう クンダリーニが覚醒します これらは論理的に語られています 私達が行っていることだからです 近年の人口増加も 沢山の探求者が生まれてくるからです どれだけの人がリアリゼーションを 得られるか分かりません リアリゼーションを得た人は 自身を確立するべきです しかしそこでも人に対する 精妙な執着心が見受けられます キリストの資質に 完全にサレンダーすると良いでしょう それは素晴らしい資質です 最大の特質は 聖霊に対する無礼を決して許しません そのときだけは 彼が正しに来るでしょう もしあなたがサハジャ ヨギで 羽目を外したら 彼はある程度は 大目に見るでしょう あるアメリカ人がサハジャについて 私と電話で話したいといっていました 彼は自分の手に 負えないと感じたのか 他のサハジャ ヨギ達と話し始め 私とは話しませんでした 皆は怒っていましたが “放っておきなさい”と言いました ある日彼がプログラムを行っている という連絡が届きました そこで彼は 中風によって倒れました 彼はサハジャ ヨギではありません 私に責任はありません しかし誰かが私を 「マザー」と呼ぶとき パラマチャイタニャが それを尊重します サハジャ ヨギであるなら人を殴ったり 罵ったりしてはなりません もちろん人を宥めるときは サハジャ ヨガの方法で行います 暴力的には行いません 暴力は間違っていますし サハジャ ヨガで急に暴力的に なる人がいるのを聞くのは残念です これは肝臓から来ます 肝臓のトリートメントをして 自身を整えてください しかし犯したことから逃れられると 思わないでください 逃れられません このような人は 2日間絶食をして 自身を罰するとよいでしょう 怒りは最悪な行為です シュリ クリシュナ曰く 怒りは最悪でそこから全てが始まると 私たちは怒りを コントロールするべきです キリストは許しの具現化だと 理解するべきです 私達はそのキリストを 今日崇拝します 彼がどのようにして 人を許したか 彼を磔にしたのは ユダヤ人ではなくローマ人でした 古代ローマの権威者です しかしパウロはユダヤ人を 有罪にしました 罪を着せたのです ユダヤ人が行ったのでは ありませんが 彼らはユダヤ人に 永遠の罪を着せたのです これらにより人々は ユダヤ人を嫌い 困難に落としいれ 拷問にかけたのです ユダヤ人も反応しました 彼らも一緒です ですので ユダヤ人ではありません 執行官が大衆に キリストと盗人どちらを磔にするか 問うたことはありません 行われていません 自分たちの決断によって 行ったのです ただ単にユダヤ人を 呪うために行ったのです パウロが大変な ダメージを与えました ありがたいことに今では 沢山のユダヤ人もいますし イスラエルにセンターがあり 機能しています イランからアメリカに来た人も 沢山います ユダヤ教や イスラム教の人達もいます 皆サハジャ ヨガを行っています さまざまなことが起こっています トルコからスーフィの人たちが サハジャ ヨガに参加していますし さらにインドからも スーフィが参加します これらは皆さんのために なるように働きます 第一にキリストがどんな人物で どんな人生を送ったか どれだけ世界を愛していたか 理解すべきです 彼は磔にされるために 地球に来たのです 彼は自分が磔にされることを 知っていました そして実行しました 出回っている写真は 彼を正しく表現していません 彼は健康的でたくましく 背が高い人でした 十字架を運ばなくては なりませんでした 彼を結核患者のように 描いた人は あの十字架を運ぶことができたか 知るべきです あらゆることで彼の人格や 特質を抹殺しました サハジャ ヨギの皆さんは 彼を知るべきです 彼を信頼し 尊敬するべきです 彼があなたのお兄さんです シュリ ガネーシャがあなたの お兄さんとして生まれ変わったのです さまざまな困難や混乱から あなたを守ってくれます いつも私たちをさまざまな形で 守ってくれます それにはサレンダーすること 許すことです これが私たちが受け入れるべき キリストの性質です 神のご加護がありますように