Sahastrara Puja, Achieve Complete Freedom

(Italy)


Send Feedback
Share

Sahastrara Puja, Cabella Ligure (Italy), 7 May 1995.

今日 私たちにとって 全てのサハジャ ヨギにとって すばらしい日です 一日 二日 遅れていますが この日に サハスララが開かれました 奇跡といってよいでしょう それが為される時点に きているとは 思わなかったからです 時期を遅らせたかったのですが 私に開かなければならないと思わせる いくつかのことが起きました これ以上遅らせれば 間違ったグルのナンセンスな教えを 世界中に広めるのを 促してしまう 状況に陥ると感じたからです これは 自発的に サハジャに起こったと言えるでしょう 25年が過ぎました その間 あなた方が集まりました ここに来ていませんが 多くのことを達成した者も たくさんいます しかし 本当の意味で 私たちが何を達成したか おそらく意識していません あなたは ヴァイブレーションを得ました この包括的な力を 感じることができます いわゆる歓びの大海に あなたは泳いでいます あなた方全員が コレクティブを楽しんでいます そしてあなたは多くの 自分の限界を超越しています これら全ては あなたに起こっています あなたには それを得る権利があるからです 私の功績ではありません あなたに 常に指摘してきましたが あなたは 神の王国に入っています そして自分自身を楽しんでいます 私たちは自分たちの周りを みなければなりません 全ての自然はそれ自体で楽しんでいます 何も気にしていません 何に対しても気にしません リアリゼーションも受けていませんし パラマチャイタンニャを感じていません しかし なぜ楽しむことを 知っているのでしょう 花は短い間だけ咲いて 枯れます しかし生きている限り 大変幸せです 過去や未来について 考えていません 現在を楽しんでいます 現在において楽しみます つまり それらは香りを持ち 他へ与えます 美しく 他を癒します 自然界全てがそのようです 鳥を見ても 自然と呼べるすべてのものを見ても 皆瞑想状態です 丘も大きな山もそうです 起こったこと全てを 目撃しているように見えます 私たちが何を得たか まず省みるべきです これは大事なことです あなたが丘を登っているなら 振り返って下を見れば 衝撃を受けます 落ちるかもしれません ですから普通 人は 決して振り返らないように言います しかし 宝を手にした者は 何度も何度も そこに行って数え どれほど得ているか確かめ それを見ては楽しみます ですから自分が何を得たか 相対的に知ることで そして どのように得たか知ることで より強い心と人生の豊さを 確かに与えられるでしょう あなたに最初に起こったことは とても大事なことで この包括的な力を 感じたということです つまり あなたが誠実で 正直で 分別のあるすばらしい 真実の探求者であったということです 私のプログラムに来ただけで ヴァイブレーションを感じました その後 除々に 定着していきました 皆さんのほとんどが 突然感じました 驚嘆し 衝撃を受け 驚いたでしょう あなた方はそれが真実かどうか 見ようと思いました そして自信を持ち 真実を見つけ 人生に新しい次元を 確かに得ました 神聖な愛の 包括的な愛を感じています この包括的な力についての説明は 長い話を要するほどです あなたがそれから得たものは その真髄だと知らなければなりません それは完全な自由です あなたは 完全な自由を得ました まず始めに この自由が あなたにないといけません もっとも大切なことです あなたのエゴからの解放です エゴの束縛から逃れました エゴは大変大きく あなたにとって大きな問題でした このエゴはあなたが意識していない 多くのことをします エゴイストの者は 誰を傷つけても気にとめません 彼が傷つきます しかし彼が傷つけられると 気に入りません すぐさま泣き出します エゴを持つ者は 特に傷つきやすいです それなのに 自分が何人の者を傷つけたか 怖がらせたか 解っていません あなたは エゴから逃れられました 他の人間を傷つけることは 罪深いことです 如何なる理由があろうと 他の者を傷つけてもいいと感じるのは 罪深いことです 第一に復讐があります 復讐心があります 自分を傷つけ 自分に対して間違ったことをした者に対して 復讐をしなければならない と思います 復讐心はあなたが 反応した時に起こります 大変攻撃的に 反応する者もいます 復讐の名の下で 自分の親族や仲間 自国の者の間で 互いに殺し合う者もいます 世界中で 復讐の愚かな観念があります しかし復讐を 精妙な側面から見るとどうでしょう どんな復讐を できるというのでしょう あなたを困らせた者が いたとします その彼に対し 怒りを感じたとします 彼を殺せば 実際あなたは その者を救ったことになります 彼が罪悪感に 苦しむこともありません 彼は何もすることがなくなり ただ終わります 復讐とは何でしょう 復讐とは 人を殺す観念から 逃れることです 例えば 剣は 剣とは決して戦いません 盾と戦います 同じように 私たちが他の者にする復讐は 復讐ではありません なぜなら復讐の名の下で行う行為は あなたに返ってくるからです そして さらにあなたを傷つけます 人が復讐の名の下において行動し始めれば 様々なことが起こります 例えば今日 世界中で復讐が多く起こっています 神の名においてでさえ 復讐しています ある者はある宗教に 従っているため あるいは あなたがしていない何か他のことを 彼らがしているため復讐します このような復讐で 上手くいかせようとすることは あなたがなぜ復讐しているのかも理解されず、 人はただ殺され 滅ぼされているに過ぎません 爆弾をしかけたり 様々なことをされ 何千もの罪のない者が 殺されています どんな復讐が できるというのでしょう いかなる復讐も 彼らには値しません 膨れ上がった復讐心は 大勢の罪のない者を殺します そして確かに 自分に返ってきます それから逃れることはできません これは復讐の 長い過程のことです バーミューダの三角地帯について お話ししたことがあります 多くの黒人や奴隷が連れ去られ その場所で溺れました 話によると 彼らの霊が そこを通る者を呪うと言われています ほとんど白人を呪い 溺れさせます ですからそれは 大変長い過程です この吉兆な日に 長く話す必要はありません 私たちが復讐をする時 どんな行為にも 反応があると言わなければなりません ですから あなた方は この復讐の観念から逃れられました ただし観念だけです もう一つあります あなたが復讐せず神にゆだねれば 作用があります 作用があるだけでなく 神聖な力がそれ自体でコントロールし あなたに復讐しようとする者に その共同体 組織体のようなものに 教訓を与えます あなたは 心配する必要はありません