Easter Puja

Kilyos, Kilya Hotel Kilyos (Turkey)


Send Feedback
Share

Easter Puja. Istanbul (Turkey), 21 April 2002.

今日は イエス キリストと 彼の母を崇拝します 偶然にも彼の母も ここトルコに滞在していました 驚くことに キリストも十字に架けられた後 ここに滞在していました 彼と一緒に来たのでは ないでしょうか 彼がカシミールに行った時 彼女もいたようです 途中でそこに寄ったのでしょう ですから私達は ここで彼を崇拝します サハジャ ヨガでは彼女は マハラクシュミの化身です そして宗教の為に 息子を犠牲にしました 残念ながら彼女の価値は 誰にも理解されませんでした 偉大で スピリチュアルな人格だと 分かりませんでした サハジャ ヨガを通してのみ キリストを生んだ 大変偉大な人格であったと理解できます 彼女が敬意を払われなかったことは 残念なことです 特にイスラムの世界でです その為イスラム文化において 女性の居場所がありません 彼女達における私の経験は 大変悲しいものです 貧困で苦しむ女性の更生の為の 協会を設立しましたが 申し込む女性皆が イスラムの女性でした 悲しいことです モハメット曰く “自分の母の世話をしないといけない” しかしこの女性達の中には 子どもが8人や10人いて この貧困者の為の家に来ました 私達は家を与え 世話をしなければいけません 宗教に対する狭い考え方は 指示しないからです 最も大切なのは “人間”の宗教です 全ての宗教が ひとつにならなければいけません 大変なことです イスラム教徒はキリスト教徒に キリスト教徒はヒンズー教徒に 敬意を払いません 神と神の仕事 そして彼の愛の為に皆がいます それなのに 互いへの敬意や愛がありません どこでも口論したり 争ったり 殺し合っています 宗教の神の名の下で 人々があまりに残忍に 愚かになるのは 大変悲しいことです セルフ リアリゼーションを が唯一の解決策です リアリゼーションをコーランでは “ミラージ”と呼んでいます しかし人は得ることができない と言います モハメッド以外は 得ていません まるで人には得られない と言っているようです 真実ではありません 全ての人間が得られます アフリカ 英国 アメリカ インド どこの出身であろうと 皆ミラージを得ることができます 人は戦うために創られた わけではないと理解すべきです 動物でさえ戦いません なぜ人は戦うのでしょう それも宗教や 神の名の下でです キリストは宗教に統一感を 与えるために来ました キリスト教徒でさえ戦いを始め 他者を支配します 全ての者が神や宗教の名の下で戦い 世界は混乱しています 私達の宗教はグローバルで ひとつの宗教です 私達は全ての神格 全ての神々や女神に敬意を払い 崇拝します 神は皆ひとつであると分からないほど 愚かではありません リアリゼーションを得た後も 全ての神々が中枢神経系や チャクラに内在すると悟ります 歴史において語り継がれたから いるのではありません 実際皆そこにいます 全世界の救済のため 働きかけています キリストが為した 最も偉大なことは救済です 彼は救済において 苦しみました 多くの試練がありました そして身体が復活しました 同様にサハジャ ヨガが 作用しています リアリゼーションを得たことは 自身の救済を意味します 間違った考えや 無意味なことは消えます そして愛において 深い理解が芽生えます この仕事をインドや他で 始めた当初は大変でした 至るところ人々は無知で 互いに憎み合っていました 言い訳をしたり 良く分かりませんが 歴史的な偏見からか 憎み合っています インドにもありました 外国でも同じです ヒットラーは人間を 憎んでいたので来ました 彼は化身した 悪魔的な力でした 様々な残酷なことをしました その殺し方は 人間にできるとは 想像もできないほどです ガス室で 子どもや大人を殺しました ひどいです ドイツに私に これを見てほしい と言われましたが断りました 夫がそこに行き 帰ってくると 7日間病気になりました 気分を害します 何らかの状況下で 何らかの概念や間違った考えで そのように行動を起こす 人を殺すことは 非人道的です どんな考えか 殺すために ユダヤ人を狙いました 宗教の名の下で 様々なことがこの地上で起きています 人は宗教の名の下に 殺し合っています 宗教は神を 互いを 愛することを教えます どうして憎しみや殺すことを 教えるでしょう 未だ続いていることに 驚きます この愚かさを止められるのは サハジャ ヨガだけです そうなるべきです 私達は人間だからです その為人は キリストがしたように 復活しないといけません それはサハジャ ヨガでもって 容易にできます モハメッドは ミラージと呼んでいます 彼は明白に説明しています しかし誰も ミラージを望んでいません ワークアウトしようものなら 人はその者を潰そうとします “これはとんでもないことで 間違っている”と言います この為に皆が苦しみました 人間の無知が原因です 私もです あれこれ批判されます しかし私は 彼らより力強いです 愛は何にもまして 力強いからです そして世界中に作用します 至るところで人は このような憎しみや 他者への間違った考えは 大変危険だと悟り始めています 多勢の人がこのことを知れば 全てが終わると確信しています このような事柄は たくさんあります 特定の宗教に従っているからといって 人を憎むことは理解できません 自分でも説明できません 人間を創造した神の名の下で 憎むのは間違っています 人は神や 神の愛を理解しています 例えばキリストの生き方をみると たった33才で 十字に架けられました 彼の母は 苦しまないといけませんでした なぜ十字に架けたのでしょう 彼が愛について 教えていたからです 誰も互いを愛す考えを 好みませんでした 愛なしにどう助けるのですか どのような根拠で他者を助けますか 愛する故に他者を楽しみ 理解したいのです 一度他者を愛し始めれば この作り事は終わります キリスト教徒やヒンズー教徒として 生まれるとします 何が他者との違いを 思わせるのでしょう 同じように 母親から生まれました 見た目も同じです 鼻も目も全て同じです 何が違うのでしょう 政治的なことが 絡むのでしょうか 神や宗教の名の下で 分裂させるのはひどいことです 逆にサハジャ ヨガは 神の名の下で 人をひとつにします 例えば誰かが南アフリカに 遠く離れたベニンに 住んでいるとします サハジャ ヨギになるとします そこには何千ものヨギがいます 彼らは皆 あなたの兄弟姉妹です 行けば 我が子や親族のように もてなされるでしょう どこの宗教から来たかは 決して考えません 愛の深さに驚くほどです 現に愛することは 人間の内的な資質です どの人間も 愛する能力を与えられています しかしその能力は 大変弱まっています その能力で人は 互いに戦ったり殺し合ったりします 宗教の名の下で人を殺めるのは 最も大きな罪です 殺し合うことで天国に行けると なぜ信じているのか分かりません 最悪の地獄へ行くでしょう この考えは和らいでいますが 未だ存在しています このようなナンセンスが 日々見受けられますが 未だ続いています サハジャ ヨギはそれに対して 何ができるでしょう 人は何らかの宗教に 生まれるものです 天から舞い降りる わけにはいきません ですからいかなる宗教に生まれても それに縛られてはいけません あなたは愛と歓びの宗教に 縛られています 人は不幸や戦いで泣き続けます これでいいのでしょうか これでいいのでしょうか 私達は人間です 動物ではありません なぜ人間は互いに殺し合い 他者や自分の人生を 惨めにするのでしょう 他者を憎めば 憎しみに満ちた者になります AがBを憎み BがAを憎みます すると全人類や文明を 憎むことしかなくなります サハジャ ヨガは あなたにとってお恵みです 内に全ての神格を 与えたからです そして今は全体に 属していることを知っています 愚かな考えに属して いないことを知っています 私がここに来たとき 彼がいつ住んでいて 母マリアも住んでいたと 分かりました 家があります 彼女が住んでいたと知り 喜ばしく感じました ですから彼女を 崇拝しないといけません 何と言っても キリストの母です 彼女がどんな教徒でも 何の関係もありません 彼女の愛 全世界 宇宙の為に 息子を犠牲にしました 何という母でしょう この世に我が子を 十字に架けることを余儀なくされる 母がいるでしょうか 何という勇気 愛 グローバルな人格でしょう 私達はここにいます 偶然です 彼がここに住んでいました なぜここに来たのでしょう 彼女は直接行けたはずです ここに来て住みました 家があります キリスト教徒はここでも 宗派を始めるでしょう イスラム教徒とキリスト教徒で 互いに戦おうとします 何をしようと戦うでしょう 主な気質は戦うことで 他者を助けることではありません ただ大変おかしく 残忍でいようとしているだけです “互いに愛し合わないといけない” と教えた者達がインドにはいました にも関わらず インドでは人々は戦っています この国には多くの スーフィ達がいました インドでも至るところに 偉大な聖人がいました ある者はイスラム教徒であったり ヒンズー教徒であったり それぞれで讃美歌を歌います 別々に崇拝し 神の名の下で人々は戦います 戦う対象を探したいのです 闘鶏のようです 人間の資質である愛や愛情を 内に持っていないようです 互いへの愛を楽しむべきです 愛する能力を失っています 中国やインド どの国に生まれようと関係ありません 人間です その者には愛する能力があり あなたも愛する能力を持つべきです 違う経験をしたことがあります 夫と中国に行きました 当初人はインド人に対して 好感を持っていませんでした しかし私に大変親切でした いかに私の世話をしたか 周りは驚いていました “なぜそんなに親切なのでしょう インド人は好かれません” “それは作り事です” と言いました 彼らは非常に親切で 私に敬意を払っています 彼らに何をしたというのでしょう あるホテルで私はアンクレットを 落としてしましました シルバーです 大変離れたところに 移動してしまいましたが 彼らは封筒に入れて を送ってくれました 私ははるばる送ってくれたことに 感動の涙を流しました “これらの中国人は 非常に愛深いです” 私は会議に参加しました 女性会議です なぜか中国の男の子達が 空港まで来てくれました 私は大変遅れていました 会議は10時からで 8時半頃に着きました 車まで案内してくれました 荷物を詰めながら 会場に直接行きますと言われました 彼らは短時間で 私に大変良くしてくれました 会議の間待っていてくれました インド人に反感を持つ 同じ中国人がです そしてその後も続きます 彼らは私の車いすと 私のために車を2台用意しました そしてショッピングに 連れていってくれました 階段に差し掛かると 彼らは手で車いすを運びました 彼らは私の親戚でもなければ 一会ったこともありません 一人が “明日は来られません 結婚するからです” “この数日 何をしていたのですか” “貴方のそばにいれて楽しかったです 嫁も連れてきます” 涙が出てきました “何という愛 親切心でしょう” 私は彼らに 何もしていません 最後まで 良く世話をしてくれました 皆25才以下の 若者たちです 私の車いすを 3階まで手で運びました “しないでください”と言っても “是非見てほしいのです” “なぜですか” “皆のために 大変すばらしいことです” 大変啓蒙された者たちです 愛でもって人は 啓蒙されます 深い理解を得ます そのような深い愛が あなたに存在します 政治家であれば 説得しようとするでしょう 戦いをけしかける者もいます ドイツではそのように 若者をけしかけました しかし今は 変わってきています この世界は 変わらないければいけません 苦しんだからです これは宗教でも 聖人の教えでもありません 他者を憎むように教えるのは 悪魔的です 最悪のことです 愛の歓び 愛情の歓びを知らないのです 今日 教会の問題や 他にも問題があります 愚かな人達です 人は多くの掟をつくり 理由が何にせよ かわいそうな子どもたちが 苦しんでいます 彼らは純粋な愛が 分かりません 誰も純粋な愛を理解できません 愛は生来の資質です 生来の資質ですが 人をどう純粋に愛するか知りません 大変剛直です そのようになるのは 人間としてふさわしくありません 人間はその極端に走ります 美しさや想像性の豊かさ 芸術の豊かさ 芸術的気質 人生を楽しむ豊かさがありません 闘鶏であるなら 他の者の 他の全てに 良いところを見ることはできません 他の者と戦い 自分達自身の間で戦います “戦わないといけない” と訴えます でも仲間同士でも 戦っています 自分の兄弟姉妹を苦しめます もはや愛してはいません なぜ宗教の名の下で 戦うのでしょう 自分達の間で憎み合うような ひどいことを教えられるのでしょう キリスト教徒 ヒンズー教徒 イスラム教徒だけでなく 至るところ人間は 大変汚れてしまいました カリ ユガであると言います 愛する力を どうして失くせるでしょう これはキリストが話したことです 愛についてはっきり語りました “隣人を自分のように愛しなさい” それができる人を 知っていますか そのような人は見つかりません キリストに従う キリスト教徒はどうしたでしょう モハメッドに従う イスラム教徒や シュリ ラーマに従う ヒンズー教はどうしたでしょう 指導者に近づけていますか 神聖の化身に少しでも 近づけていますか いません その理由はリアリゼーションを 得ていないからです スピリットを知りません リアリゼーションがなければ 何も理解できません いかなる歓びも理解できません ドイツへ行って 彼らがしたことは 見れません 人間の質を持つ者は 倒れます 日本においても 広島にしたことはひどいです 耐えられません “なぜ人間はそこまで 残酷になれるのか”と言いました 我が子を殺す者もいます 極限がこれです その反対がサハジャ ヨガです 全ての人間を愛します 皆人間だからです 皆この時期に 生まれました 互いに助け合い 愛し合わないといけません 大切なことです これを育めば 強いヨギになれます 神聖に支えられ 祝福されます 神聖があなたのすべての問題や 苦難から助けます あなたが愛深い人格ならです これはカリ ユガの恩恵です 以前は存在しませんでした あなたが愛深い者なら 神聖があなたを助けます 問題を解決し あなたを困らせる者を罰します 私自身の経験です 私は決して人の災いを願いません 怒鳴りません 自動的に作用します 神聖に頼むことさえ言いません 神聖は最高の正義の人格であり 全ての正義を与えます 誰も神聖の導きと愛の下で 苦しむことはありません これはカリ ユガの恩恵です カリ ユガが大変な時期で あることは分かります しかし神聖は 大変油断がありません これほど注意深いことは ありませんでした この時期ならキリストは 十字に架けられなかったでしょう カリ ユガの間に 生まれたからというだけです 私達にとって恩恵です 誰も苦しめられたり 困らされることはありません ただ謙虚でありなさい すばらしい人格を持ち 愛深い人格でなければいけません それだけです 愛深い人格を楽しめるでしょう 愛深い人格ゆえに 恩恵を受けます いかに神聖が面倒をみることか 人から奇跡を聞きますが 驚きません 神聖が非常に油断なく すばらしい人間を見ているからです 面倒をみて 支え 全てをします 注意深さに驚くほどです モハメッドも含め 皆が苦しみました 今は違います サハジャ ヨギは苦しみません 神聖によって全て 面倒をみられています 世界中から手紙が来ます いかに支えられ 助けられたか いかに救われたかは 驚くべきです ですから自分自身を信じ 人を本当に愛さないといけません 謙虚になり 愛さないといけません この愛が人生を通して 助けるでしょう これがキリストのメッセージです “彼らを許してください” と言いました “やっていることが 分かっていないのです” 十字に架けた者に対して 愛でもって懇願しました “何をしているか分かっていません お許しください” 彼の愛深い徳性を 想像できますか そして今 祝い 彼を崇拝するとき 内にある徳性を崇拝すべきです 私達もまた愛深い者です 世界中の全てのサハジャ ヨギは 互いを愛しています ほとんどのサハジャ ヨギは 互いを愛しています 私からの祝福はこれです “この日に神がたくさんの愛を 内に愛する能力を与えますように” それを持つべきです 人生を変えるものです 力強い人格 力強いサハジャ ヨギになります 愛の理解を育むことができれば 奇跡的なことができます 神の祝福がありますように