Makar Sankranti Puja (India)

Makar Sankranti Puja. English part and Marathi part, Rahuri (India), 14 January 1987.
今日は太陽が 北回帰線へと 移動することを祝う日です 北回帰線は 地球の母性を象徴します 地球の母性です 北回帰線は 広範囲に渡りますが 南回帰線は そうではありません 広範囲において 大地に母性の本質の 異なった美しさを見せます 太陽が 新たな範囲へと移ります 私達は その変化を祝います 世界中に太陽の温かみが 行き渡るようにです 太陽の温かさは 神の愛の温かさを象徴します それ故 胡麻で作られた お菓子を食べて祝います 胡麻は熱を与えるからです この時期は 寒い季節から 暑い季節へ移るので 太陽の温かさに 身体を慣らすため 来たる暖かさや 太陽の温かさを象徴する 胡麻でできた 特別なお菓子を作ります インドは暑すぎますが 人々はこの時期を心待ちにし 温かい心で祝います この時期に 胡麻と砂糖を食べるのは 優しい口調で 話せるようにです “ゴッド ゴッドボラ”とは 優しい口調で話すという意味です 優しく話すことは とても大切です 中には乱暴に 話すことは賢明で 怒鳴るのは知性があるから と考える者もいますが 誰もそのような人は 好みません 例えその者が利口で 鋭く抜け目なくても テレビでそのような者を 見たいかもしれませんが 仲間や友達に なりたくありません 大変優しい口調で 話すことは 育ちの良さや良い文化背景や 神への畏怖の念を表します 神への畏怖の念を持つ者は 乱暴な話し方をしません 同じスピリットの輝きを 他者に見るからです 自分達と同じように 全能なる神によって創られた者に対して きつく当たったり 怒鳴ったりすることはありません 互いのこの愛深い 美しい関係を 特にサハジャ ヨギに なった後も 互いに優しく話すことで 表しましょう 優しくできる方法は たくさんあります ちょっとしたことに 優しさを添えることができます 尖った話し口調でなく 鋭い記憶力が必要です 私は何度もそれを 活かしてきました ある素晴らしい 行動力のある サハジャ ヨギがいました 車で一緒でした 彼は運転手か誰かに ナイフを盗まれ 大変怒っていました “貧しくて盗んだのでしょう 忘れなさい”と言いました 彼は“スイスの友人からの贈り物で 大切にしていました” “失くしてしまい 申し訳なく感じます”と言いました 私がスイスに行ったとき 同じナイフを買い 彼に渡すと 彼は言葉を失いました “昔の話しを なぜ覚えていたのですか” “どうやって 手に入れたのですか” “私は記憶力がいいのです それが問題なぐらいです” 記憶力があまりに良くて 相手を恥ずかしく思わせてしまうほどです 何であれ私は忘れません もちろんひどいことは忘れます 悪いことを覚えておくことや それを考えることはありません 許すことでいつも 悪いことは忘れられます 良いことを覚えているなら あなたの歓びは倍増します 悪いことを覚えておこうとすれば 歓びはなくなります 人と会う度にその人が あなたにした良いことを その人の良さを 思い出しなさい 良いことが記憶に残れば すばらしい時間を持てます 今日は皆さん インドに発つ日です 明後日出発する者もいます いずれにせよ あなた方の為に 歓びと幸せを与えるために 精一杯のことがなされました 帰国しても耳にしたことや 素晴らしかったことを覚えていてください 人々がいかにあなたを称賛し 愛し 親切であったか 素晴らしい出会いや経験を 覚えていてください 価値のないことを くよくよ考えてはいけません 人に不快なことを言われたり 言ったかもしれません 忘れなさい 人生を楽しむチャンスを 台無しにしていると理解しなさい 誰も傷ついていません たくさんの人との出会いがあり 結婚式があり 素晴らしい時間を持ちました どの瞬間も歓びとヴァイブレーションに 満ちていたと 幸せを感じなさい 中には悲しく思う者も いるでしょう 奥さんや旦那さんが 帰ってしまったりするからです 惨めに思う者がいるのも 見受けられます 良いことです 愛ゆえに互いへの思いや お互いを楽しんでいるからです 大変良いと思いますが いずれまた会うわけですし かけた言葉や楽しい思い出を 胸にハッピーでいなさい 時間は早く過ぎます サハジャ ヨガにいると 時間を忘れます そして また旦那さんや 奥さんと一緒になれます ですから悲しく 思うことはありません 笑顔でいなさい 彼らが出発するとき 涙を浮かべた顔ではいけません 希望ある確かな 勇気に満ちた顔で送りなさい すぐ会えます 悲しむことはありません 今日は全てを楽しみ 私達の周りにある 神の恩恵を感じる日です 太陽がその栄光において 戻ってきました 来たる年の成功を 望まないといけません マハラシュトラでは しばらく雨が降っていません 問題になっています 太陽に幸運を祈って 雨が降るよう 太陽のエネルギーで 必要なことがこの国にもたらされるよう 祈らないといけません 国に戻っても 太陽のように 輝かないといけません この国より暑くありませんし 温かさもないからです この国の人々が温かく 愛深いのは太陽の恵みです その太陽を持ち帰り 人々に愛情と温かさを与えなさい インドより持ち込まれたと 感じてもらいなさい どの国へ行こうと 太陽は明るく照らします インド人は太陽を持ちこむ という云われがあります 実際ポケットには 入りませんが ハートに入れているようです 太陽が素晴らしく輝いていたのは そのせいかもしれません 皆が全てを楽しみました ですからあなたは優しく話し 互いに思いやり 助け合い 親切にすることで 太陽を携えないといけません なぜならあなた方はヨギです 普通の人ではありません 徳や善 慈悲 愛深さを持つ 代表者です あなた方に幸運を祈ります 旅行を楽しみなさい 全てを楽しみなさい ここで得た歓びを 他のサハジャ ヨギに サハジャ ヨギでない人にも 与えなさい 神の祝福がありますように […]

Christmas Puja (India)

Christmas Puja, Pune (India) 25 December 1986.
今日 私たちは 主イエス キリストの 誕生を祝うことを 心待ちにしていました このような 場所にいるのは 深い意味があります イエスが生まれたときと 同じような小屋です 風が四方から 吹いていて 部屋を温かく保つのは 難しいです しかし 正しく言えば 彼は12月に 生まれていません もっと温かい そんなに寒くない 時期でした 彼が感じた気候は 恐らくあなたが今 感じているくらいでしょう 今日の気候は 示唆的です あなた方は この気候や環境 簡素な生活に 不快を感じないでしょう 彼は全く不快を感じませんでした 彼の母も同じです 私たちの意識が スピリットにあるとき 私たちは 自然や世俗的なことに 不快を感じません 最初の兆候として サハジャ ヨギが 快適さに 不満を持ち始めます サハジャ ヨギになりきれていない という兆候です まず 私たちは 気候と 完全に順応します 気候の特徴 移り変わり 私たちをいかに形作るか を楽しみます 自然と身体には 摩擦がありません なぜなら 同調させるスピリットが 自然と一体になるよう あなたを助け 最良な部分を 楽しませてくれるからです いかに楽しんでいるかで 偉大なサハジャ ヨギは表せます 私のおかげだと思います 全ての不快が 楽しみに代わりました キリストの到来は 大きな出来事でした アギヤ チャクラを 確立するため この地上に生まれました しかし 大分前に意識において すでに生まれていました その完全な意識自体が イエス キリストの誕生でした リアライズソールなら 彼の人生を説明することができます でなければ 彼が誰で どんな働きをしたか 話すことはできません それでも サハジャ ヨガで 多くを説明するのは 難しいです 経験するだけです 今日 あなたは 湖から水が沸き出るのを 見ました これは誰も 専門家でさえ 説明することはできません 水が興奮して 神聖を感じ 泡のように 愛が沸き出たのです 水でさえ 感じられるのです あなたは光が それを感じるのを見ました 同じように どの要素も感じられます 全ての要素は 私たちの中にあります 最も崇高なのは 光と言えます 光には 効力があるからです それはイエス キリストによって 統轄されています 光には効力があります 正しいものを あらわにします それが私たちに 世俗的な全ての次元を 理解させ 最終的にこの光が スピリットから来て スピリットを啓蒙すると あなたは他の次元を 見始めます 時には あなたを笑わせ ほほ笑ませ 時には涙させます サハジャ ヨガを通して 美しく 新しい 次元を得ました しかし全て あなたの内にあり 達成するものでした 一方 大変な努力を した者もいます 例えば イエス キリストは 小さな馬小屋で生まれました 神聖が王家に生まれる必要がない と示すためです 馬小屋でも 生まれることができます 神聖にとっては 関係ありません しかし 人は 誤った捉え方をします 人は 惨めでなければならなく 神に全てを奉納すべきだ と言う者もいます 神は何も望んでいませんし 所有しません 人は何も与えられません 乞食のようになり 神に与える という認識は間違いです 望んでいません 望んでいることは あなたが幸福で喜びに満ち 楽しむことです これが一番大切なことです ほんの少しでも 神に捧げれば 神はその百倍 あなたに与えるでしょう ほんの少しでも 神に捧げることです いけにえとして 木に自分の首を 吊るすことはありません キリストがあなたのために 全てをしました 彼の人生の 美しさは 生まれた時から 全く物質的な豊かさを 享楽しなかったことを 表しています 私たちが知る 世俗的なことは 全く楽しみませんでした そして それは 世俗的なことを 渇望する必要がないことを 私たちが 分かるようにしたものです それらが私たちを 渇望します このようなことで 心配する必要はありません 心配すべきことは あなたのスピリットです 彼の人生は 短かかったと言えます 彼は努力をしました 人について 大変興味を 持っていました 人間とはどのようなものか 知らなかったからです 人間界から かけ離れた者でした ですから 彼は 見極めようとしました 見極める中で 理解すべき 大変すばらしいことを 多く語っています その中の一つに 彼は “あなたを 理解したくない者に” “真珠を投げてはいけない” と言っています ヨギにとって これを 理解することは大切です 反神論者にサハジャのことを 話すべきではありません あなたの兄弟や姉妹 父親かもしれませんが サハジャ ヨガについて 説得すべきではありません 彼らは あなたに関係しません 主人や兄弟を説得する事を 心配する者が多くいますが あなたがそれをワークアウトする 必要は全くありません このことに関して 断念しなさい もう一つ 大変大事なことを 私たちに伝えています 許すことです 彼は許すという最も偉大な武器を 私たちに与えました 許すということは 大変実用的です あなたがただ許すなら 相手は存在しなくなります 相手はもはや あなたを煩わせません 注意にも入ってきません 許すことは 私たちが受ける世俗的な 精神的な苦痛から 解放される 最も簡単で最良なことです 彼の人生は スピリチュアルな 物語でした 様々な苦難を経ました スピリットがやり通せる あらゆる問題を経ました 誰もスピリットを殺せない と示すためです ギータで語っています 殺すことはできません 永遠の命です 人生を通して 永遠性を証明しようとしました 始めから終わりまで スピリットは 物質を超えていて 何にも支配されることはない と示しました 私たちのために 大変な偉業を成し遂げました 大きな自信を 私たちのスピリットに もたらしました 疑いなく証明しました あなた方が理解し 些細なつまらない事で 私や自分達を困らせないよう願います それは大切ではありません もっと大事な事 永遠なもの 価値のあるものを 求めなさい この場所を気に入り 楽しんでいることに 嬉しく思います 加えて今日は 多くの結婚を発表しました この短い期間に 多くのイベントがありました このクリスマス イブに 神の祝福がありますように メリークリスマス ハッピー ニューイヤー […]

Shri Mahakali Puja (India)

このヨガのすばらしい国に サハジャ ヨギの皆さんを歓迎します 今日はまず 自身の中に望みを 確立しないといけません 真理の探究者であり 自分の完全な成長と 成熟を得ることへの望みです 今日のプージャは 全宇宙のためです 全宇宙があなたの望みで 啓発されないといけません あなたの望みが 強いことで スピリットに到達するという 純粋な望みである マハ カリの純粋なヴァイブレーションを 放出しないといけません これが真の望みです 他のすべての望みは 幻のようなものです あなたは望みを表現し それを得るために 神によって 選ばれた者です 強い清浄への 望みによって あなたは全世界を 浄化しなければなりません 真理を探究する者だけではなく 真理を探究しない者をもです 究極を スピリットを得るという 望みでもって この宇宙に オーラをつくらないといけません 望みなしにこの宇宙は 創造されませんでした 神のこの望みは 聖霊であり この包括的な力であり あなたの中のクンダリーニです クンダリーニの 望みは一つです スピリットになることです 他のことを望めば クンダリーニは上昇しません 真理を探求する者を前にし この望みが満たされると わかった時のみ覚醒します 望みがなければ 誰もあなたに強制できません サハジャ ヨギは決して 他者にこの望みを強制させてはいけません セルフ リアリゼーションを得て まず直面することは あなたが家族について 考え始めるということです 私の母が 父が 妻が 子供たちが まだ得ていないと 考え始めるのです これらの関係は 世俗的なものだと知るべきです サンスクリット語で ロキックです 彼らはアロキックではないのです 世俗的な関係を 越えていません 世俗的な関係です これらの執着は世俗的です それに悩まされるなら マハ マヤ シャクティは 自由にそれをさせてくれます 好きなだけやりなさい 人々は親戚皆を 私の下に連れてきます そして最後には 間違っていたと気がつくのです 彼らは多くの大切な時間を 何時間も何年も無駄にし お母さんのアテンションに値しない者に エネルギーを費やします この望みが 自分の中にあっても いわゆる世俗的な親族には ないかもしれないことを 早く気がつくほど良いです 関係ないことなのです キリストは兄弟姉妹が 外で待っていますよと言われ “私の兄弟とは誰ですか 私の姉妹とは誰ですか” 常に家族の問題を抱えている者 私の注意を引こうとする者は 私がただ遊んでいると 気づくべきです あなたにとって あなたの成長にとって 何の価値もないのです あなたの親族に 望みを持たないこと これがマハ カリの力を 確立する最初の原理です 特にインドでは 家族に あまりにも執着しています とても大きな問題です ひとりの人に リアリゼーションをあげると 親戚全員が ブーツであることに驚きます ひとりにリアリゼーションをあげると 面倒なことになります ゆっくりとブーツが入り始め 私を苦しめます 私のエネルギーを無駄に費やし うんざりさせられます これは吉兆ではないと 理解するようにしないといけません 時間を無駄にしたいのであれば あなたに時間を無駄にさせておきます しかし早く 成長したいのであれば まずこれらの親戚は 全く世俗的な関係であり あなたの純粋な望みでは ないと覚えておくべきです ですから望みと 世俗的な望みを分けなさい あなたの家族を お母さんを 姉妹を 諦めなさいと提案しているのではありません あなたは彼らを 目撃するのです 他の人を見るのと 同じように見るのです そして彼らがその望みを 持っているかどうか見極めるのです 彼らがあなたの親戚だからといって 適していないというわけではありません あなたの親戚だからといって 適しているというわけでもありません ですからサハジャ ヨガで あなたの望みを純粋な望みにするには 多くのことから 抜け出なければいけません 家族に執着している者 家族に縛られている者は 親戚の誰にもサハジャ ヨガを 強制してはいけないと理解するべきです せめて私に 押し付けないことです 私は毎日しゃべっています シュリ クリシュナについて 話さないといけません でないと彼は私がマハ カリについてだけ 話していると思ってしまうでしょう 私たちの中にあるこの望み 現れるマハ カリの力は 多様な形で出てきます まず親戚に何かしてあげよう という気持ちが あなた達はサハジャ ヨギなので リアリゼーションのあとで出てきます そして私たちに出てくる 二番目の望みは 親戚である人達を 治してあげようとすることです あなた達の中の多くが感じている ことだと知るべきですし向き合うべきです ハンセン病から風邪や くしゃみなど小さなものまで 自分達が抱えているものが 何であれ お母さんに見てもらうべきだと 考えます 家族の心配事すべてを 見てもらうべきだと考えます 妊娠やくしゃみのような とても普通な 自然なことも あなたのアテンションにあるのです それがアテンションに あるのなら 私は “やってごらんなさい 可能なら 解決してごらんなさい”と言います しかしあなたのアテンションになければ それらは私のアテンションにあります 私のアテンションに任せなさい うまくやります しかしこれも悪循環です それは頭の精妙な反応です “私のアテンションに置かないので お母さんが面倒を見た方がいいです” というなら間違っています あなた自身の中に 強い望みを持つべきです 私はスピリットになっているか 私は自分の究極を得たか 世俗的な望みと 真の望みを区別しているか 浄化しなさい 一度それを浄化し始めたら 抜けたところは私が面倒を見ます これはただの確約であって 保証ではありません 私のアテンションに値するなら 私はそれを確実に面倒みます 私が私のアテンションを尊重するように あなたのアテンションを尊重しなさい あなたのアテンションを 私のより尊重しないといけません 私はより多くのことを 管理できるからです すべてが 私のアテンションにあるからです あなたが直面している世俗的な 問題から望みを離し 清めないといけません 考えが膨らみ 私たちの国の問題は どうなのかと考え始めるでしょう それならあなたの国の 地図を私にください それだけで十分です ですから自分自身を 浄化しなさい 持っている望みを 私に任せなさい 一度浄化されればその部分は あなたのアテンションで助けることができます それを克服したときのみ あなたはそこに光を当てられます しかしあなたがその中にいるなら 光が隠れてしまいます その望みより 上にいきなさい 望みが出るたび その上にいくのです そうすることで あなたが直面している 私が解決すべき問題に 光が放たれます これらすべてはあなた自身が 請け負っている私の問題です あなたはスピリットになるという ひとつのことをしなければいけません とても簡単なことです それ以外のことは私の問題です さて 集合的な望みにおける悩みは 大変異なるものであるべきです あなたの清浄を 実証するのに あなたの清浄に 良い香りをもたせるのに アテンションは 違う側にあるべきです あなたは私と向かい合っているのではなく 私と共に全世界に向いているのです すべての姿勢が 変わるでしょう その姿勢は“私が何を 与えられるか”にあるべきです “どうやって与えられるか” “与えることにおいて どこが至らないのか” “私はもっと 敏感でないといけない” “私のアテンションは どこにあるのか” “自分に対して敏感でないといけない 私は何をしているのか” “私の責任は何か” あなたは純粋であることを望むべきで 純粋な望みであるべきです つまりスピリットであるべきです 自身の責任は 何であるかです あなた自身の責任が表れないといけない 完全にならないといけないと望むべきです そしてこのサハジャ ヨガに 対するあなたの責任です サハジャ ヨガに対する 責任は何かです それは始まっている神の仕事であり あなたは私の手であるということです 神の仕事を しないといけません 神に反する要素 悪魔的な要素と 戦わなければいけません あなたはもはや 家族に責任はありません でなければ生半可なヨギで 何の役にも立ちません 脱落して 家族も苦しむでしょう 今 選別が始まるほどの力が 結集しているからです あなたはスピリットになることに 責任があります あなたはサハジャ ヨガに 責任があります あなたは私をもっともっと 理解する責任があります 自身のメカニズムを 理解する責任があります このメカニズムがいかに全てを うまくいかせるか理解する責任があります あなたの責任はいかに 自身のグルになるかです あなたの責任はいかに品位ある 称賛に値する者になるかです 立派な者になることで 安っぽい者にならないということです あなた達ひとりひとりが 宇宙に匹敵するほどの価値があります もしあなたがその高みまで 上昇したければです 宇宙という宇宙を あなたの足元に投げ出せます あなたがその高みまで 上昇したければ その大きさを あなたの中に育むことができます しかし低いレベルでまだ生きていたい者は 上昇することはできません 例えば西洋の サハジャ ヨギ達は お母さんに対して 罪を犯すという問題を持っています 東洋のサハジャ ヨギはお父さんに対して 罪を犯すという問題を持っています そこから抜け出すのは あなたにとって全く難しいことではありません アテンションは純粋に 保たれなければいけません いかにアテンションを 純粋に保てるかについて あなたはサハジャ ヨガの あらゆる方法を知っています アテンションが純粋でなければ この望みは 自分の成長に何の意味もない 無意味なことに常に攻撃されるでしょう 良いサハジャ ヨギは服装や 自分について人が何を言っているか どんな態度かは気にしません それらに注意はありません 人に対する 批判はありません 他者への攻撃性もありません なぜなら 他の者は存在しないからです しかし問題は 私の言うことが自分のことだと 思わないことです 攻撃的な者は攻撃的でない者について考え 攻撃的でない者もまた同じです 攻撃的な者について言えば 自分のこと ではなく攻撃的な者について考えます あなたはすぐに 自分の注意を他の者に移します 他の者の欠点を探します するとこの望みは次第に低く 低く さらに低くなります それに課される負担のためです 注意深さが重要です 完全は注意深さ サタルカタ 自分の純粋な望みを保つために 自分の注意をしっかりさせておくことです 望みはあなたのハートから来ます あなたのブランマランドラも ハートであるようにできています きれいなハートがなければ きれいに保てません サハジャ ヨガについて偉そうに話せば 自分は大丈夫だと思っている者がいます 彼らは自分自身を 騙しているのです ハートが開いていなければ ここは閉じてしまいます ですからあなたのハートを投影することで 開いておきなさい それを投影するのです 今日のこのプージャで マハ カリの崇拝をする この特別なヤグニャをすることで 私たちが確実にオーラをつくり 宇宙を啓発することを願います あなたの見解は これにどれぐらい貢献できたかにあります “まだ他の人のことを 考えているか” “自分の小さなつまらない問題 について考えているか” “あるいは自分のスピリット について考えているか” 左側はシュリ ガネーシャで始まり シュリ ガネーシャで終わります シュリ ガネーシャは たったひとつ基本的な本質があります 完全にお母さんにサレンダーしていて 他の神を知らないということです 父親も知りません 自分の母親しか知りません 彼女に完全にサレンダーしています この純粋な望みには 実践的な面も必要ですが それについては後日 プージャをするにあたってお話します しかし今日はスピリットになるという 純粋な望みを確立しましょう 西洋の考えからいくと “どうやってそれを得るのか”と尋ねるでしょう その方法について 常に考えるのです お話しましょう とても簡単なことです アディ シャンカラチャリアは 多くの本を書きました しかし多くの知識人達は 彼の人生を苦しめました そして彼らは どうしてなのかと問うのです 彼はこれらの人達を 忘れなさいと言っています 彼はお母さんについての 説明を書きました 彼女への献身を綴り 彼が書いた連句はすべてマントラでした それは精神でする 頭でする サレンダーではなく ハートでサレンダーすることでした それは完全にあなたのハートを サレンダーすることなのです ネガティビティの攻撃を 受け続けてきたことは 西洋のサハジャ ヨギ達は よく知っています 特にフロイトのような ひどい人が 人々の基礎 人々のルーツ(根本)を 破壊しに来ました いかに西洋人がそれを 盲目的に受け入れたか 彼らを地獄の道へと 陥れるものだったか それらは 取り除かれるべきです それらは無意味で間違っていて 完全に神に反しています 私たちのお母さんは 崇高な 気高い 養う 上昇させる 解放させる 全ての源であり これが私たちの基礎 根本を 破壊することである とあなたが言うことで 完全に戦うことができると 気付くでしょう 人間を動物のような生き物として見なし 低いレベルに貶めることで 彼は私たちを 根本から引き裂こうとしたのです あなた方に降り注いだ攻撃を 理解することは大切です それらのいかなるものとも 同一視しないことです あなた方はこの国に新芽を見るためでなく 根を見出すために来ました 西洋的な態度を変えなさい 電話は良くありません ここでは電話をかけられません 郵便もひどいです 私たちは鉄道を使ってはいますが 鉄道は最悪です しかし人々はすばらしいです ダルマを知っています 彼らはクンダリーニのおかげで 攻撃されませんでした 攻撃されないように ガネーシャが座っています このマハラシュトラには 彼らを守る八つのガネーシャがあります これを知っているか 分かりませんが またマルティが多くいます 誰がこの国を 攻撃できるでしょう 彼らが金銭主義である以外は ネガティブな攻撃はありません それが唯一の災いであり それから抜け出せれば偉大な人たちです ですから私たちはこの国に 西洋の快適さを楽しむためではなく スピリットの安らぎを 楽しむために来ました インドに対する考えを 変えないといけません インド航空で来なさいと 言っているのではありません サハジャ ヨギだからと インド航空で来るのは間違いです サハジャ ヨガとは 関係ありません あらゆる鉄道 すべてのものは サハジャ ヨガとは関係ありません 愛国主義でもって自国の 航空会社を使ってください ここに着くと人々が 純真であると気づくでしょう 彼らはフロイトを 理解できません この観点でいうと 高いレベルの人達です 攻撃されていないからです あなたは攻撃されたにもかかわらず そこから抜け出しました そして顔をそむけ 違うところにいるのです とてもすばらしいことです 同じように信じる者が この国には多くいて あなたを支える人口があることに 自信が持てるでしょう 当惑することはありません 今日 このマハ カリの プージャを始めないといけません またガウリの日 であるとも言えます 今日はガネーシャ ガウリの日です シデュの暦によると違うかもしれませんが 私によるとそうです もっと精妙なレベルで 純粋になる望み そして 内にあるあらゆる障害や不純なものを 浄化する望みを確立しましょう 偉大なサハジャ ヨギになる 望みです 責任あるサハジャ ヨギ になる望みです あなたのお母さんに サレンダーする望みです 難しいことではありません 最後の望みは簡単です 何をサレンダーするかですが あなたが私の愛を受け入れる以外は 私は何も望みません サレンダーとはハートを開き 私の愛を受け入れることです エゴを捨てなさい それだけです うまくいくでしょう うまくいくと確信しています 私はあなたのハートに 私自身を入り込ませようとしています そして私は確実に そこに座すでしょう マハ カリは泣くという 特別な能力を持っています レフト サイドにいるからです どうすることもできない時や行動に移すことが できない時 彼女は泣きます これはマハ カリの 唯一の現れです 望みが叶えられないと ただ泣くのです それはどうしようもないときに 彼女ができる唯一のことです そして時折 愛に満ちている時 あなた方がここに来て 多くの人が座っているのを見ると 彼女は自身をハートすべてで 十分に表現できず 歓びに涙を流します 今日のプージャで 神のご加護がありますように みなさんがこのことを 十分に受け入れ 自分の中に 精妙な中でも 最高の精妙さや感受性 そして歓びへと極まる愛を目覚めさせる ことができるように願っています 歓びの香りへと花咲く愛が 今日のプージャで表れますように 神のご加護がありますように […]