バースデイ プージャ、気持ちは幻 New Delhi (India)

73歳のプージャ、「気持ちは幻である」1996年3月21日、デリー(インド)
[Hindi translation missing]

今日はこころについて お話します 人はこころについて 分かっていません しかしサハジャ ヨギであれば 容易く理解できます 人は外的なもの 全てに反応するのです その理由は私たちにある 二つの悪い傾向にあります 一つはエゴで もう一つは “そのように訓練されたもの”です これをスーパーエゴ またはコンディショニングと呼びます このエゴとコンディショニングが 外界に対していつも反応します 内に組み込まれている この反応は 大海のあぶくのようです これらのあぶくが 現実から私たちを遠ざけます これらのあぶくは 思考であり 常に頭で噴き出しています どこから来るかも分かりません 自分で作り上げた 思考に頼れば 何が正しくて何が間違っているかの 理解において分別を失います 口論や喧嘩 所有欲 終いには戦争も引き起こされます 幻に過ぎないこの思考による 破壊的な考えは さらに大きくなります そして感銘を与えられる者を見つけ 本や講義や催眠などで その者の頭に考えを吹き込みます 人は限られた枠の中に こころを入れてしまうので 個人でも集団でも 破壊的な考えを受け入れてしまいます 思考は幻に過ぎません そして人はこの思考を通して 行動します 私たちは常に 自分を満足させようとします “これは私の頭が そう望んだから”と あるインドのサハジャ ヨギが アメリカに行きこう言いました “アメリカ人は自分の思考に 踊らされている”と 訳を聞くと 妻にシャツを買うように頼んだところ 彼女はスカートを買ってきました すでにいくつもスカートを 持っているのにまた買ったのです そこでなぜ また買ったのか尋ねると “私の頭が 買うべきだと言ったので”と ですから頭は 様々な間違ったことをさせます 第一に現実と全く 繋がっていないからです そして第二に 全くの幻だからです 人は自分が生み出したものに対して 自分のこころがしたことだと考えますが それは全く間違った考えです 偉大な科学者達は 例えばアインシュタインは言いました “私は相対性理論を発見するのに 疲れ果てました” 科学者は自分の概念を持ち それに基づき研究しますが彼もそうでした でも彼は自分の概念が 間違っていたと気づき 突如庭に出て シャボン玉で 遊んでみようと思い立ちました 子どものように シャボン玉で遊んでいると “突然未知のどこからか” と彼は言っていますが 彼に相対性理論が 下りてきました 多くの科学者はどこからその考えが 来るのか分からないと言います その閃きがどこから来るのか調べる 特別な研究もありますが とてもサハジャ的です ペニシリンでさえ 同じように発見されました 発見されたものは全て 証明によってではなく 思考を操作すること によってでもなく 何か未知の領域から 来るものです 自分達の頭からだと思う 人もいますが ほとんどの者は気づきます ニュートンでさえ“私が意識しない ある領域から来る”と気づきました ヨギは全てを包括する パラマチャイタンニャである 神聖の力の源から それが来ると分かっています 事実感じられて そこにあると分かります しかし最低限でも 思考を超えないといけません 私は常に“瞑想しなさい” と言っています あなたは反応しない 思考を超えた 意識状態にいるべきだからです つまりあなたは目撃者になります 全てのドラマ 全ての場面の目撃者になります すると自分に対して 完全に楽になります そしてこのパラマチャイタンニャの 包括的な力の道具になります ただ目撃します 目撃者です すると目撃するものに対して 反応が起きません それでいて それが何かが分かっています つまり状況全体の現実を 理解できる状態です 例えばあなたが水面にいれば 波に飲み込まれると恐れます しかし船に乗っていれば その波の美しさを眺められます さらに泳げるなら 飛び込んで 溺れそうな者を救うこともできます その状態にいればそうなります リアリゼーションを与えることが できる状態だとなれます 彼らを神聖な力と 繋げることができます そのためには思考を超えた意識状態に どうしたらなれるか知らないといけません ある者は“一瞬だけならなれますが” と言います それはサハジャ ヨガに来ても 頭に コンディショニングが沢山あるからです まずインド人に生まれれば インドと同一視します イギリス人なら イギリスと同一視します でもサハジャ ヨギについて言えることは この思考から 一度でも離れられるなら 自分が住んでいる状況について 批判できるようになります 例えばインド人なら“これがインド人だ インド人はそういうものだ”と イギリス人なら“これがイギリス人だ” と一番批判できます 普通の者は ヨギほど批判できません ヨーロッパ人なら ヨーロッパの者を批判しこう言います “ああ ヨーロッパ人だね 私は良く分かる”と 思考自体を見れるようになります つまり思考が 幻であると見れます すると常に騙そうとする 思考が止まります あなたは物事を 適切に見れるようになります あなたが反応しないからです 反応するのは コンディショニングがあるからです 人は沢山のことに 条件づけされます 例えば ある特定の宗教に 生まれるとかです 現代において宗教は 人間と何の関係があるでしょう どこにも真の宗教は存在しません 金儲けや権力志向になっています それゆえ互いに争っています どの宗教も排他的で 戦っています その理由は頭で“自分の宗教のために 戦うべきだ”と思い込むからです 彼等には内なる宗教がありません 自分達の人生を向上させる 宗教がありません 彼等は最も腐敗した 不道徳な者達かもしれません ただある特定の宗教に 同好会のように属しています そして自分達を何かと同一視します 特定の宗教やカルトに属しているから 何でもする権利があると信じています 思考は人が作り上げたものですが この思考を利用する者がいます 現代において 作り上げられた思考が利用され プラスチックのように普及し 至る所に入り込んでいます このような思考はどんなものにも 人々のこころにも入り込みます ヒトラーはこうして ドイツの若者を手なづけました このような人たちは論理的な理性を 破壊することに成功したのです 愚かさを見通すのに 必要なのは理性で 思考ではありません 思考を通すと 論理ではなくなります ただのあぶくに過ぎない この思考は限られたもので 現実の美しさ 栄光 広がりを理解することはできません この思考はごみの 寄せ集めに過ぎません それをどうにか否定し 自分にこう言い聞かせます “自分の思考を 超えないといけない” “いわゆるこの思考は 私にとって何の役にも立たない” “私を常にコントロール しようとするこの思考は” ”自分で作った時計や コンピューターのようなもので” “いつでもコントロール しようとしている” ですから 気を付けないといけません この思考を創ったのは自分で 自分をコントロールさせることは全くないと 多くの者が自分の思考を コントロールしようとします “さあ思考をコントロールしよう” どうやってコントロール するというのでしょう 思考でですか エゴやコンディショニング によってでしょうか 自分の思考を コントロールする方法はありません それはあなたが作り上げた思考で そこに存在しています 思考でどうにかできると 考えても コントロールできません 思考を超越しないといけません 思考を超えるのに 最も助けになるのが クンダリーニの覚醒です 彼女があなたの 大脳辺縁系を通って泉門を貫き 現実の領域に連れていきます 脳あるいはハートが この包括的な力と繋がるからです 彼女が繋げるのです まさに彼女がします 多くの者が サハジャ ヨガをしますが 瞑想 思考のない意識状態を 確立するのは容易ではありません しかし皆さんが確立すべき 非常に大切な状態です 私は沢山のサハジャ ヨギがいて より深まっていくことに 喜びを感じますが 自分達の思考の混乱にいる限り 向上できません 思考が作り上げるものには 現実性がありません 限界があり 時には反発します 思考で人は“私はこれこれだ” と考えるからです 例えばあなたが ある地位に就くとします 知事であれば自分は知事なので 好きなことができると考えます ですがこの思考はあなたが 知事になったことは分かりません つまりこの役職が あなたを支配しているのであって あなたがその職を 支配しているのではありません 一度このような考えが出てくると とるべきではない 態度をとるようになります サハジャ ヨガにおける リーダーもそうです リーダーになる者は 時折“私はリーダーだ”と考えます 完全な幻です サハジャ ヨガのリーダーの 地位は完全な幻です 理解すべきことですが リーダーになったと知るや否や 思考でいっぱいになります いかに支配し コントロールするかという思考です 人をコントロールしようとするなら 命じているのは思考だと理解すべきです そもそも人をコントロールする 必要がありますか 真のサハジャ ヨギなら そうする必要はありません 操る必要はありません ひとたび意識が思考を超えると…. […]

バースデイ プージャ、注意力 Kolkata (India)

バースデイ プージャ、1994年3月21日、インド、カルカッタ

毎年色々な人が 誕生日を迎えます そして誓いを立てます “今年はこれはしない あれはしない”と これは人生において どこまで自分が到達したかを測る 一番の方法ですが スピリチュアルな 人生において 高みに達した 多くの者にとって 誕生日は必要としません 彼らにとって毎日が 誕生の始まりであり 前進であり 理解や学びだからです 毎日が新しい年です 生きる上で 自分を取り巻く周りが大変 ゆっくり変化しているように見えます 周りが変わらないことに 時折ショックを受けたり 驚いたりしますが 精妙なレベルにおいて 私たちの内と外で 物凄い変化が起きています 今日環境の全ては 人間によって左右されています どれほどパラマチャイタンニャが 作用しているか分かりませんが 私たちの人生において 新しい次元を開くのは私たち自身なのです 例えば自身の内省を通して 自分が未だ昔の狡知で無意味なものを 引きずっていると気づけば そのために 誓いを立てることはありません あなたはただそれを 目撃すればいいのです するとあなたはすぐさま 破壊的なことを断念するでしょう 自分に誓いを立てないとと 気を揉むこともありません あなたは完全に 力を与えられているからです “サマルタ”です 間違いだと思うものを あなたのアテンションが次第に取り除きます あなたが懸念する問題や それに関すること コンディショニングやエゴが 未だにあるのではないか という疑念を取り除きます 確実に無くせます あなたのアテンションで 無くなります すると日々あなたのアテンションが より純粋に より力強く より慈悲深くなっていることに 気付くでしょう アテンションをおくことで 反応は無くなります 全てを目撃し始めます そしてあなたのアテンションの力 目撃する力が作用します あなたに作用するだけでなく 周りの全てに作用します まず瞑想を通して 瞑想状態において あなた自身の内が 広がります あなたは現在に留まれます 先日ある者に 前回の誕生日は どこで祝ったか訊ねられました “どこであったか忘れました” いつも象のように記憶が いいのですが忘れました 毎回 毎日 現在に生き 成長すると その成長がいつどこで起こったかは 忘れるものです 私自身の成長がそのようです 私が訪れるといつも 大変素晴らしい人達が新たに来ます そして昔からいる ひどい人達はいなくなります まるで木が育つ時と同じで 落ちる葉もあれば 新しい葉も出ます でもサハジャ ヨガでは 少し違うようです サハジャ ヨガの木では 落ちる葉は大変僅かで それは素晴らしい人達で茂る 青々とした庭になります 私にとって 素晴らしい花火のようです 細い線のようなものから始まり いくつかの美しい模様が広がります サハジャ ヨガに 私たちに 何が起こるか想像できません 私は物事を 想像することはありませんが あなたが見るビジョンは 本当に素晴らしいものです 全てのサハジャ ヨギ達が 神聖な愛に浸って 大変な美しさと深さでもって 自分達を表現しているのを見るのは 素晴らしいことです するとアテンションが 神聖な至福に完全に包まれ あなたはその瞬間を忘れます 私の誕生日を祝う時も そのような瞬間の一つです 私は自分がこの地上で 何年生きたかさえ忘れます 時には73歳と言ったり 70歳と言ったりします 至福に満ちた状態の時 時間や日付 年というものは残りません 何かとても素晴らしいものを 例えばタージマハールを そうとは知らずに見に行った時のようです 予期せず素晴らしい建築物に出会うと 目がくらみます ヒンディー語で“アワック”です どう表現してよいか分からず 言葉を失います あなたは常に時を忘れるでしょう どのように そこに行ったかも忘れます その背景にあることは そのビジョンのリアリティを 見るやいなや忘れ去ります このビジョンのリアリティは 私の考えや想像さえ超えています この精妙な知識を得た サハジャ ヨギが 大勢いるとは 信じられないぐらいです またこんなにシーカーが沢山いるとは 知りませんでした この地上にこのような精妙な 者達がいるとは知りませんでした 私が世界中のどこに行っても ネパールやブラジルでも 突如素晴らしいシーカー達に 出会います いつブラジルを訪れたかと聞かれれば 日付を言うことはできません 同じ理由で日付を覚えられません ヴィジョンをその都度見るからです そしてその瞬間 時が止まります 表現することも超え その体験以外は 何も残されません この経験は抽象的なもので それを描写することはできません 言葉や描写を超えています その時あなたは真に思考を超え 真に楽しみます 今日において 一番の災いは時計です 人は常に時間を気にします 常に時計を見ています 時計を見たその2秒後に また時計を見ます 私たちは時を超えています “カラティート”です なぜ超えているのかというと 時間が私たち次第で動くからです あなたはそれを経験できます 先日デリーから出発する時 家では皆時計を気にしていました “早く行きましょう 遅れています” “飛行機はすぐには乗れません” と急き立てていました しかし着くと“飛行機がまだいます から急ぐ必要はありません” “まだ15分か20分あります” 人は飛行場と聞いただけで 慌てるようです 飛行場に行くのがまるで 戦争に行くかのようです 幸いにも私は一度も飛行機に 乗り遅れたことはありません かなり頻繁に旅行していますが 毎回飛行機の方が私を待っています おもしろい例をお話ししましょう 私たちはプラハから ポーランドに向かっていました さっきと同じことが 乗り継ぎのウイーンで起こりました そこで素晴らしいヨギがいて 11時に飛行機が出発すると言われました その後飛行機は9時半出発でしたと 再度伝えられました 5分で準備できますが 2時間でもよかったわけです すぐさま車に飛び乗りましたが 15分ほど遅れて着きました すると乗務員に大声で“あなたのような VIPはこうでああで”と怒鳴られました 彼女は私に 様々なことを言ってきました このサハジャ ヨギは それに耐えきれませんでした 間違った時間を 伝えたのは自分で そのせいでお母さんが 怒鳴られたと感じたのです 彼はそれに耐え切れず とても悲しく感じました 背後でその女性が怒鳴り続けながらも 私たちは飛行機に乗りました するとパイロットと技師達が 器械の不具合で忙しそうでした 故障なので 座って待つように伝えられました さてこのサハジャ ヨギは耐え切れず 涙を流し始めました もう一人のヨギ二は彼に “大丈夫よ 泣かないで”と言いました 私は振り向いて“大丈夫ですよ 心配しないで”と言いました “耐えられません”と言って 涙を止めることはできませんでした すると一分もしない内に晴天だった空が 雲に覆われました まるで大きな象が その辺りに急に歩いて来たようにです 外で見ていたサハジャ ヨギ達も それを見ていました あたり中が真っ暗になりました “見てごらんなさい この男性の涙にはすごい力があります” その後飛行機が故障したため 降りるようアナウンスがありました なので私たちは降りたわけです 戻る時 彼が その乗務員のところに行き “今度は飛行機が飛び立たないことに 私たちは誰に怒鳴るべきですか” “よくも私のお母さんに 怒鳴れたものですね” 同じ方針を取っている飛行場の者達は 恐れを感じたようで 支配人自身 私のところに来て “搭乗時間まで5時間ほどあります 外に出る特別な許可をあげます” そして特別に案内されました この反応は 良く理解できませんでしたが 外に出て買い物をしてから 帰ると 驚きました 飛行場の人達は 私たちを驚きの目で見ていました 私が歩いて行くと それが唯一出発する便でした 他の全ての飛行機は 飛び立てなくなっていました そして乗ろうと 搭乗口へ歩むと そこにいた男性に言われました “どうか助けてください” “どうしたのですか” “腰痛がひどいのです” 私は“どうすれば良いでしょう” 今度は一人の女性がきて“肩がいたいのです どうか貴方の手を置いていただけませんか” そして手を置くと 彼女は“治ったようです” と言い腕を上げました 私はそろそろ搭乗しなければと思い 再び歩き出すと 先ほどの男性が来て “私の腰に手を置いてはいただけませんか” “飛行機に乗らないといけません” “では一緒に歩かせてください きっと治ります” 一緒に2分ほど歩くと 彼は“治りました”と言いました 全ての雰囲気は変わりました まるで軍のような体制の飛行場の者達に 大変な効果を与えました その効果に面白いほどでした 短い間に 全てが変わったのです このサハジャ ヨギの涙が いかに作用したかは驚くほどです 彼の目から涙が流れ始めた瞬間に 大きなドラマが現れたのです 最終的に その飛行場にいた者達は 非常に謙虚に そして敬意を示すようになりました ですから時間のことばかり 考え始めるなら 時間に隷属するのではなく 時間が私たちに 隷属するのだと理解しないといけません これに関して 1001ものお話しができます 場所に着くのが遅れても 時間を気にせずとも 神聖な力の業が すばらしいことを起こすのを見てきました 人の 時間についての 心配には驚きます 時間が本当に必要なら 毎年誕生日の時を気にするなら 時間が大切だと思うなら 現代において本当に必要な時間は 瞑想のための時間です コレクティブの集まりや サハジャ ヨガのための時間です この国の独立戦争の頃 両親は身体 精神 富の全てを捧げて戦いました その時両親は何も 気にしていなかったことを思い出します 彼等は全てを捧げました 帝国の支配からこの国を自由にすることが 何より大切だったからです これは非常に大事なことで 彼等が例え脱獄者に出くわしたとしても この時間を無駄にはしませんでした 大事な時間や会合や話し合いを 無駄にはできませんでした 全てが緊急だったからです 命令や説教されることもなく 内側から分かっていました 自由のために戦った彼等は皆 伝説の人達と言えます 今日も同じ状況です 緊急事態です 大変精妙な緊急事態です サハジャ ヨガを広める以外は 何も大事ではありません それを逃した者や知らないでいる者がいれば それは私たちの責任です キリストやブッダやマハヴィーラなどの時代は 飛行機で移動はできませんでした 拡声器やテレビなどの 伝達手段はありませんでした 今は全てあります 今や現れています それはパラマチャイタンニャの仕業です 科学者やその他の知識によって 可能になりました でも彼等は人々と向き合って 大勢にリアリゼーションを 与えることはありませんでした ですからこれらの発明や 現代の企業の活躍で見れるもの全ては サハジャ ヨガのためです サハジャ ヨガなしには この世界に何が起こるか想像がつきません まず私たちのハートには 全く平穏はありません 人は平和について語ります 平和賞を受賞した者達を知っていますが 彼等のハートには 全く平和はありません 人間の内に平和がない限り 全世界に平和はありません 戦争を起こしているのは 様々な暴力を起こしているのは私たちです 神の国に入る可能性を 損ねているのは私たちです なので平和は 人のハートに平和が 確立することでのみ得られます そしてそれは思考を超えた 意識状態に達したときのみ可能です あなたは現在に留まれます そこでしっかりと立てます あなたはリアリティを 手にするからです あなたが好きなように 作用させられます 現に私は何もしていません “貴方こそ全てをされています” と言うかもしれませんが私ではありません パラマチャイタンニャがしています 同じように あなたにも作用します しかし自分自身を サハジャ ヨガを 完全に信じないといけません これは私たちと共に 全員は難しくとも世界のほとんどの者が 神の王国に入れる 唯一の方法であると これこそ他の世俗的なことや 無意味なことよりも遥かに大切なことなのです ですから私たちのアテンションは “何人の者にサハジャ ヨガを紹介できるか” “何人の人を救えるか それにあたって何をすべきか”にあるべきです 毎朝それについて考えるなら 細かい時間や日にちを覚えていられますか あなたが緊急事態にいて その緊急事態を なんとかしなければと自覚しているなら どうして世俗的なことや世俗的な達成に アテンションをおけるでしょう それは成り行きに 任せればいいのです 心配することはありません 自動的に作用します あなたが唯一 注意をおくべきところは フォーカスすべきところは サハジャ ヨガだけです この世に平穏を真に望むなら 自分達の発展を望むなら 様々な肉体的 精神的そして 感情的問題の解決を望むなら 必要なのはサハジャ ヨガです それはクンダリーニを上げ 短い時間 瞑想する以外必要はありません 歓びの状態に達するだけです 今日 私の心は 歓びに満ちています いかに物事が起こっているかが 見えるからです 一人の者が何千ものサハジャ ヨギを 創ることができると分かっているからです 一つの奇跡を見ました 一度お話ししましたが 一つの種から千もの木が生まれます 組織培養の新しい技術を見た時 大変驚きました 一つの小さな種に たくさんの小さなプリムラがありました 同じようにあなた方も可能です 皆さんにもできます 何が必要かというと 自分への自信です そしてサハジャ ヨガに対する 誠実さです それが現れるなら あなた方は真に 私の誕生日をお祝いしています もし私の誕生日を 大切だと思うならです 全員がスピリチュアルな誕生日を迎えることが 私にとって とても大切です 神の祝福がありますように […]