バースデイ プージャ、気持ちは幻 New Delhi (India)

73歳のプージャ、「気持ちは幻である」1996年3月21日、デリー(インド)
[Hindi translation missing]

今日はこころについて お話します 人はこころについて 分かっていません しかしサハジャ ヨギであれば 容易く理解できます 人は外的なもの 全てに反応するのです その理由は私たちにある 二つの悪い傾向にあります 一つはエゴで もう一つは “そのように訓練されたもの”です これをスーパーエゴ またはコンディショニングと呼びます このエゴとコンディショニングが 外界に対していつも反応します 内に組み込まれている この反応は 大海のあぶくのようです これらのあぶくが 現実から私たちを遠ざけます これらのあぶくは 思考であり 常に頭で噴き出しています どこから来るかも分かりません 自分で作り上げた 思考に頼れば 何が正しくて何が間違っているかの 理解において分別を失います 口論や喧嘩 所有欲 終いには戦争も引き起こされます 幻に過ぎないこの思考による 破壊的な考えは さらに大きくなります そして感銘を与えられる者を見つけ 本や講義や催眠などで その者の頭に考えを吹き込みます 人は限られた枠の中に こころを入れてしまうので 個人でも集団でも 破壊的な考えを受け入れてしまいます 思考は幻に過ぎません そして人はこの思考を通して 行動します 私たちは常に 自分を満足させようとします “これは私の頭が そう望んだから”と あるインドのサハジャ ヨギが アメリカに行きこう言いました “アメリカ人は自分の思考に 踊らされている”と 訳を聞くと 妻にシャツを買うように頼んだところ 彼女はスカートを買ってきました すでにいくつもスカートを 持っているのにまた買ったのです そこでなぜ また買ったのか尋ねると “私の頭が 買うべきだと言ったので”と ですから頭は 様々な間違ったことをさせます 第一に現実と全く 繋がっていないからです そして第二に 全くの幻だからです 人は自分が生み出したものに対して 自分のこころがしたことだと考えますが それは全く間違った考えです 偉大な科学者達は 例えばアインシュタインは言いました “私は相対性理論を発見するのに 疲れ果てました” 科学者は自分の概念を持ち それに基づき研究しますが彼もそうでした でも彼は自分の概念が 間違っていたと気づき 突如庭に出て シャボン玉で 遊んでみようと思い立ちました 子どものように シャボン玉で遊んでいると “突然未知のどこからか” と彼は言っていますが 彼に相対性理論が 下りてきました 多くの科学者はどこからその考えが 来るのか分からないと言います その閃きがどこから来るのか調べる 特別な研究もありますが とてもサハジャ的です ペニシリンでさえ 同じように発見されました 発見されたものは全て 証明によってではなく 思考を操作すること によってでもなく 何か未知の領域から 来るものです 自分達の頭からだと思う 人もいますが ほとんどの者は気づきます ニュートンでさえ“私が意識しない ある領域から来る”と気づきました ヨギは全てを包括する パラマチャイタンニャである 神聖の力の源から それが来ると分かっています 事実感じられて そこにあると分かります しかし最低限でも 思考を超えないといけません 私は常に“瞑想しなさい” と言っています あなたは反応しない 思考を超えた 意識状態にいるべきだからです つまりあなたは目撃者になります 全てのドラマ 全ての場面の目撃者になります すると自分に対して 完全に楽になります そしてこのパラマチャイタンニャの 包括的な力の道具になります ただ目撃します 目撃者です すると目撃するものに対して 反応が起きません それでいて それが何かが分かっています つまり状況全体の現実を 理解できる状態です 例えばあなたが水面にいれば 波に飲み込まれると恐れます しかし船に乗っていれば その波の美しさを眺められます さらに泳げるなら 飛び込んで 溺れそうな者を救うこともできます その状態にいればそうなります リアリゼーションを与えることが できる状態だとなれます 彼らを神聖な力と 繋げることができます そのためには思考を超えた意識状態に どうしたらなれるか知らないといけません ある者は“一瞬だけならなれますが” と言います それはサハジャ ヨガに来ても 頭に コンディショニングが沢山あるからです まずインド人に生まれれば インドと同一視します イギリス人なら イギリスと同一視します でもサハジャ ヨギについて言えることは この思考から 一度でも離れられるなら 自分が住んでいる状況について 批判できるようになります 例えばインド人なら“これがインド人だ インド人はそういうものだ”と イギリス人なら“これがイギリス人だ” と一番批判できます 普通の者は ヨギほど批判できません ヨーロッパ人なら ヨーロッパの者を批判しこう言います “ああ ヨーロッパ人だね 私は良く分かる”と 思考自体を見れるようになります つまり思考が 幻であると見れます すると常に騙そうとする 思考が止まります あなたは物事を 適切に見れるようになります あなたが反応しないからです 反応するのは コンディショニングがあるからです 人は沢山のことに 条件づけされます 例えば ある特定の宗教に 生まれるとかです 現代において宗教は 人間と何の関係があるでしょう どこにも真の宗教は存在しません 金儲けや権力志向になっています それゆえ互いに争っています どの宗教も排他的で 戦っています その理由は頭で“自分の宗教のために 戦うべきだ”と思い込むからです 彼等には内なる宗教がありません 自分達の人生を向上させる 宗教がありません 彼等は最も腐敗した 不道徳な者達かもしれません ただある特定の宗教に 同好会のように属しています そして自分達を何かと同一視します 特定の宗教やカルトに属しているから 何でもする権利があると信じています 思考は人が作り上げたものですが この思考を利用する者がいます 現代において 作り上げられた思考が利用され プラスチックのように普及し 至る所に入り込んでいます このような思考はどんなものにも 人々のこころにも入り込みます ヒトラーはこうして ドイツの若者を手なづけました このような人たちは論理的な理性を 破壊することに成功したのです 愚かさを見通すのに 必要なのは理性で 思考ではありません 思考を通すと 論理ではなくなります ただのあぶくに過ぎない この思考は限られたもので 現実の美しさ 栄光 広がりを理解することはできません この思考はごみの 寄せ集めに過ぎません それをどうにか否定し 自分にこう言い聞かせます “自分の思考を 超えないといけない” “いわゆるこの思考は 私にとって何の役にも立たない” “私を常にコントロール しようとするこの思考は” ”自分で作った時計や コンピューターのようなもので” “いつでもコントロール しようとしている” ですから 気を付けないといけません この思考を創ったのは自分で 自分をコントロールさせることは全くないと 多くの者が自分の思考を コントロールしようとします “さあ思考をコントロールしよう” どうやってコントロール するというのでしょう 思考でですか エゴやコンディショニング によってでしょうか 自分の思考を コントロールする方法はありません それはあなたが作り上げた思考で そこに存在しています 思考でどうにかできると 考えても コントロールできません 思考を超越しないといけません 思考を超えるのに 最も助けになるのが クンダリーニの覚醒です 彼女があなたの 大脳辺縁系を通って泉門を貫き 現実の領域に連れていきます 脳あるいはハートが この包括的な力と繋がるからです 彼女が繋げるのです まさに彼女がします 多くの者が サハジャ ヨガをしますが 瞑想 思考のない意識状態を 確立するのは容易ではありません しかし皆さんが確立すべき 非常に大切な状態です 私は沢山のサハジャ ヨギがいて より深まっていくことに 喜びを感じますが 自分達の思考の混乱にいる限り 向上できません 思考が作り上げるものには 現実性がありません 限界があり 時には反発します 思考で人は“私はこれこれだ” と考えるからです 例えばあなたが ある地位に就くとします 知事であれば自分は知事なので 好きなことができると考えます ですがこの思考はあなたが 知事になったことは分かりません つまりこの役職が あなたを支配しているのであって あなたがその職を 支配しているのではありません 一度このような考えが出てくると とるべきではない 態度をとるようになります サハジャ ヨガにおける リーダーもそうです リーダーになる者は 時折“私はリーダーだ”と考えます 完全な幻です サハジャ ヨガのリーダーの 地位は完全な幻です 理解すべきことですが リーダーになったと知るや否や 思考でいっぱいになります いかに支配し コントロールするかという思考です 人をコントロールしようとするなら 命じているのは思考だと理解すべきです そもそも人をコントロールする 必要がありますか 真のサハジャ ヨギなら そうする必要はありません 操る必要はありません ひとたび意識が思考を超えると…. […]