Shri Ganesha Puja, You Have To Protect The Innocent (Italy)

Shri Ganesha Puja, Cabella Ligure, 22 September 2001.
今日 私たちはシュリ ガネーシャを崇拝する ためにここに集まりました シュリ ガネーシャは 純真さの神です 彼は 純真さの海です そして彼は あれほど若く 小さな男の子でありながら 全世界を相手に戦え 全てのネガティビティを 破壊できます それが純真さの印です 子どもがとても高い所から落ちても 全然怪我をしない 何事もない という話しが聞かれます 彼らの純真さは とても強力なので 害されるべきでない者には 全く害は及びません それは全世界の 叡智を備えており 世界を完全に理解しています そして その純真さを 傷つけようとする者に対しては 世界が 全世界が 今までそれほど純真さを 大切にしなかったり あまり崇拝してなかった かもしれませんが 純真さを傷つけようと する者があれば 誰に対してでも 彼ら全員が立ちあがります あなた方の生活においても 誰かが子どもたちを 困らせようとすると どんな者であろうと どこから来て 国籍が何であれ 皆その子どもを守り 事態を統制しようと飛び出します これは一体何でしょう 私たちの内にある 非常に注意深く純真さを 守ろうとするものは何でしょう それは本当に 恥ずべきことです この世界において この純真さが 攻撃されているという事態をみれば 非常に恥ずかしいことです それ以外なら 大抵は容認できます 何も間違いを犯していない 悪意のない人々 敵意の全くない人々 子どものように生活している というべき人々 そのような人が何者かによって 攻撃を受ければ 全世界が それに反応するという以上に 世界中の一人一人が 純真な人 あどけない存在が 害されることに耐えられない思いをします 私たちは解っていません 私たちの中に 愛の大海や ― 子どものことを理解する 大海が存在することを どうしてでしょう 特に子どもに対してそういった感情を 抱くのはどうしてでしょう 特別に無垢さに対して そう感じるのはどうしてでしょう 常に敵意のない人々や 無垢な子どもたちを攻撃する人がいます そのような人が存在します しかし 誰も彼らを支持したい とは思いません 子どもたちを虐待することが適切であると 考える人は誰もいません そしてそういったことを した者たちは 苦しまなければなりません 彼らは皆 反動として苦しみます 私たちの中で こういった反応 純真さに対する大きな反応を 引き起こすのは一体何でしょう 例えば通常の戦争があり 戦っている人々がいても 通常の戦争では 人々はあまり同情を抱きません 人々は「いいでしょう」 「こういった理解もあるだろうし そういったことはあることです」と言います 一番大きな同情心が起こるのは 純真さが挑戦される時です それが人間の特性です 彼らは内なる力 シュリ ガネーシャの力を 持っていて その力が あなた方に 純粋さ 純真な子どもたち 純真な人々を 守らなければという 感覚や能力 理解を与えます そして全世界が 純粋な人を 殺そうとするような人に対して 立ち上がることができます 疑いの余地はありません こういった攻撃に反対 もしくは批判することができなければ その者は まだ人間ではないと言えます 最高の人格は 何であれ犠牲にできますし 諦めることもできますが 純真さに対する感覚だけは 捨てられません 非常に注目するに値します 純真な存在に対して どれほどの保護と愛の大海が 存在しているのか 私たちは知りません 最も強い力が 引き出されるのは 私たちが 純真な人や純真な子どもが 攻撃にさらされているのを見るときです それが人間の美しさです もちろん 残酷になれる人間も多くいて 悪魔と言えるような者も 存在するかもしれません しかし 特に子どもや 純粋な人々のことになると 誰もが自らの責任を 感じるものです 普通の人間が純真になるのは 難しいです なぜなら 彼らは 自分たちが何か偉いと思ったり 全てを理解したり 分析できるような ある理解の仕方をしていて 曲がったり 攻撃的になったり 厄介事を起こしたりと 何にでもなる 可能性があるからです その上それに対して言い訳できます しかし構いません それでも 彼らは概して 自分のしていることに 対して尊敬されたり 名誉を得ることは 決してありません 私たちサハジャ ヨギは サハジャの文化では 純真さは 尊敬されるべきものです あなたは少し騙されたと 感じるかもしれません なんとなく支配されている ように感じたり 恥ずかしい思いをさせられていると 感じるかもしれませんが サハジャ ヨギは 純真でなければなりません 彼らの中にシュリ ガネーシャの力が 宿っているからです 落胆させられたり 利用されたり 侮辱されたり 苦しめられたり 支配されられても 大丈夫です 彼らは誰であれ 他人の純真さを 破壊すべきではありません 自動的にそれは機能します 純真さが挑戦を受けたとき 世界中のあらゆる善なる者が それを救いに来ることに驚くでしょう その例として 先の戦争があります いわゆるアメリカの戦争です そこで無実の人々 何の罪もない人々が 苦しめられ 殺されました あの時 世界中からの 支持が 彼らに寄せられました 全ての国々が 信じる信じないに関わらず この犯罪者たちを 探そうとしました 彼らは必ずしも同じ宗教や 同じ国に属しているわけでは ないかもしれませんが 同じ犯罪に 関わっていないかもしれませんが この機会に 純真さの味方をしない者たちは 孤立し 破滅するでしょう それについて 疑いようがありません これではっきりと 彼らは 無実な人々を攻撃することはできない ということを学ぶことになるでしょう すでにお話したように サハジャ ヨガにおいて 私たちは決して子どもたちに イライラすべきではありません 罰することはもっての他です 私たちが 一番得なければならないものは 子どもに対する愛情のこもった 眼差しです 世界中で その子が自分の家族でも 他の家族の子どもでも またあなたに対して なつかなくても それは彼が子どもで 純真だからで 彼の中の純真さを あなた自身の純真さが 守ろうとしています 人が攻撃から 純真さを守るために 自分の命の犠牲を 選ぶことには驚きます 決して子どもは 攻撃されるべきではありません もちろん彼らは 自分を守る力を持っていますが 自分の力を 無駄にすべきではありません ― 極めて不吉で 残酷で 醜いものに あなたが子どもを 愛すことができなければ 何をも愛することはできません 私は今まで 幸運なことに 子どもを愛さない人に 出会ったことがありません 花が好きですと 言う者がいるでしょう なぜでしょう なぜ人は 花を好むのでしょう それらが純真だからです それらに純真な美しさが 備わっているからです あなたは自然を愛しますが なぜでしょう それが純真だからです しかし最も偉大な純真が 人間の中に見出されれる者が サハジャ ヨギです ずる賢くなることは簡単です 非常に簡単にずる賢くなれます 利口になるのも非常に簡単です しかし賢くなるためには 純真でいることの美しさを 理解しなければなりません 「マザー 純真でいると人に利用されてしまいます」 という者もいるかもしれません 純真な人を 利用できる人はいません こんなことをされた 攻撃的だったと 思う者もいるかもしれませんが そんなことはされません それはまるで岩のようです それはまるで岩のようです どんな怒りや復讐の海によっても 打ち砕かれることはありません その岩は シュリ ガネーシャによって 擁護され、養われています すでに述べましたが 純真さは決して 破壊されることはありません 驚くべきことです 罪人や 残虐な人 どんな人であれ 純真さは 破壊されません 純真に関して 非常に密やかなものが 神によって込められています 私たちはよく 自身の純真を もてあそぶことがあります 自分が好きなようにすれば 「大丈夫 結局は ―」 「自分の望み 自分の願望だから」 と思うのです そして常に 自分たちの力を弱め続け 自分たちの純真の力を 隠しています 覆い隠しています そして 上手くやったと思うのです 自分の悪賢い性格によって 全ての人を騙せたと この悪賢い性格は いかなる満足も与えません 自己を満足させません あなたが誰かを騙そうとすると あなたにその企みが 作用します あなたに跳ね返ってきます そして 純真に対する信仰を なくさせます それは最も大きな信仰で 最も大きな助けで 地上における 最も強力な力です 自分の純真に敬意を 払えない者は 自分が弱くなると思うからで 純真の力が いかに作用し いかに効くか解っていません 世界中どこからでも 作用します しかしこれまで 人間は純真の力に 気づいていません 純真になることは 最も高貴です そしてそれは作用します 全ての理解 全ての問題の解決が その人に 素晴らしく得られるようにです この世の中で 何が言われ 人は何を覚えていて 何が尊敬されているでしょう 理想が高い者が 尊敬されています しかし精妙な側面から見ると このような高い理想を持つ人は とても素晴らしい 生き方をしています とても良い人格で 良い性格です これらの者たちは 傷つけられ 殺されたかもしれませんが 彼らの純真のおかげで 彼らは輝いています 長年に渡って 輝いています そのような偉大な者たちの 人生を見ることができます 彼らは皆 とてもシンプルで 彼らは 考えた末の行動ではなく 自然に行動しています 自然に生きています 次々と国が 滅ぼされても 純真の力は 滅ぼされることはありません 自信を持ってください 自分自身に完全な自信を 持たなければなりません 自分は純真以外の何者でもないと 信じなければなりません 純真な者は 騙されると言うかもしれません 誰も純真を 騙すことはできません それは永遠の価値を 持つものだからです 他の金銭面や他の何かで あなたを騙すかもしれません しかし最も永遠なものは あなたの純真さです あなたは人生おいて最も 成功する者になれるでしょう あなたが全く純真なら ― あなたの純真さを 大切にしているなら 純真は決して 壊されることはありません それはあなたの悪い考えで 悪い行いで一時的に 覆われることはあります あなたが純真の空から 雲を取り除くことができたら 世界をものにしたことは 明らかです キリストの例を挙げられます 彼は十字に架けられ 侮辱され 苦しめられました これをした者たちはどこへ 行ったでしょう 誰が彼らを知るでしょう 誰も彼らの名前すら知りません 誰も彼らのことを気にかけません たった一人の者が 利用され苦しめられました それにも関わらず どうなったでしょう 彼は世界中から尊敬を得ました 全世界が尊敬しています 誰も どのように十字に架けられ 何をしたか 一切口にしませんでした 尊敬しただけです 人は何を尊敬したでしょう 完全な純粋の真髄です サハジャ ヨガでは 彼が 純真の化身であったと 言います 彼はシュリ ガネーシャの化身でした 証明できます 私たちは自分の好き勝手が できると思ったり それが間違っているとすら 思わないなら 私たちに何が起こるか 分かりません ヒットラーに何が起きたでしょう 彼は全世界を滅ぼせると 思いました 大勢の者を殺していながら 大変偉大な人物になれると 思っていました 真に尊敬される者とはどういう者か 理解していませんでした 時代を超え 歴史を超え 誰もヒットラーを 好きではありません 世界中の力を 自分のものにしようと思う者は 偉大な者として名声を望む者は ― 偉大な者を見習うべきだと 理解していませんでした 偉大な者とは 純粋な者たちのことです 偉大な者の誰をとっても 彼らの一番の力は純真です この力がどのように作用するか どう言ってよいか分かりません 多方面に作用するからです 歴史上の出来事を顧みると 彼らの存在が見えます どんな者たちだったしょう 大変純真で シンプルで 賢い者たちです ずっとあなたの人生の中で 記憶に残る者たちです 私が子どもで 学校に通っていた頃 よく図書館へ行き 素晴らしい者たちの 伝記を読みました 私たちのために 偉業を残しました たくさんいます 大変感銘を受けました 大変シンプルな者もいて 子どものようでした 例えば アブラハム リンカーンです 私は彼に大変敬意を 持っています 彼は妻に苦しめられました 彼女が言うに 「あなたは少し抜けていて服も着こなせない」 「振る舞い方も知らない」 現に彼女は 彼に大変乱暴でした 常に彼を苦しめました 彼は最終的に殺されました こうも言えます 「アブラハム リンカーンである意味は どこにあるでしょう」 「なぜなら彼は殺されました」 「彼は成功しませんでした」 今日まで世界中どこでも 人はアブラハム リンカーンを 知っています 恐らく彼の妻を知る者は いないでしょう しかしアブラハム リンカーンは 誰でも知っています 彼女によると 少し抜けていて 様々な悪口を言っていましたが 誰も彼女を尊敬していません 誰も彼女のことは考えもしません 今日尊敬されているのは アブラハム リンカーンです なぜでしょう 実際は彼は暗殺されました 殺されたということは 生き残る力がなかったことを 指すのでしょうか 彼は時代を超えて生きています 何年も過ぎていますが 彼はまだ生きています 純真であった 全ての偉大な者を見ると 彼らには理想がありました 彼らにとって 理想が他の何よりも 自分の命よりも 遥かに大事でした 理想を抱く気持ちは あなたの純真から来ます それがあなたに 何が理想で いかに生きるべきか どんな人生を歩むべきか 教えてくれます あなたに大きな権限があるとか 大臣としての大きな地位は 重要ではありません 多くの者が生きて死んでいきます 野心を持つ者が多くいます 抑圧する者が多くいます 彼はどこへ行ったでしょう 誰も気にしていませんし 見ようともしません 彼らの写真を見せられれば 目を閉じて 見たくありませんと言うでしょう しかしもし小さな男の子 とても純真な口調でしゃべる 無垢な子どもがいれば 世界中の人々が その子を称賛します これらの偉大な人は 真に純真の象徴です 彼らの一番の本質は純真で 彼らの叡智はそこから来ます ガネーシャの一番の 特質は叡智です 彼は成功とは何かを 知っていました ― 彼の純真の本質を通して 時折り純真な者は、 自分の純真の本質に気づいていません 驚くことです いかにその者に 純真の本質が輝いているか 普通の人であったり とてもシンプルであったり あまり知的で 鋭敏に見えない者であったり 外交的でなかったにしても 純真です 人間の栄光を見るようです 純真に 純真になるには どうしたら良いでしょう 人はこう言います 「マザー 私たちは純真になるには どうしたら良いでしょう」 まず始めに 自分自身で 自分の頭がどう動いているか 見ることができます 何をしているのか どんな反応をしているのか これをしっかり見ていくべきです 私はそれを内省と呼びます どんな計画を この頭がしようとしているのか 何が一番だと思っているのか その考え 思考のプロセスにおいて 自分を見るのに 一番大切な見方は何なのか 何よりもまず 自分が人に対して どういう反応をしているか知るべきです 純真な反応ですか それとも下心のある反応ですか 自分自身を見るのは 容易いことです あなた方皆 サハジャ ヨギだからです あなたの反応がいかなるものか 見ることができます あなたへの如何なる攻撃 あなたに降り注ぐあらゆる問題に どう反応しているか あなたの態度はどうであるか あなたが力強い者なら それに対してあなたは 全く気にしません 人があなたにすることは 愚かなことに過ぎないと見れます 全く愚かしいことであると 人が愚かしいことを しているときに なぜそれを 気にすることがあるでしょう なぜエネルギーを 消耗させることがあるでしょう 彼らの愚かさは暴露されます 彼らが生きている間 そしてその後も 人から蔑まれるでしょう 人は彼らの名前を 口にさえしたくないでしょう 写真も持たないでしょう 彼らと関わりたくないでしょう この時代に このような時に 何が起こるかというと 騙すような者 純真に反する者は 彼らに従い始めてしまいます そういう者たちと彼らが 合っているからです 攻撃的であったり 悪賢いことが 合っているからです そのように新しいグループが 結成されます そういう者たちを 悪魔的なグループと呼べます そしてこの悪魔的なグル―プは 全く何も出来ません 純真な人格の持つ者に対して サンスクリット語で スローカがあります スピリットについてのスローカです 「如何なる武器も 殺すことができない」 「如何なる火も 燃やすことができない」 マルタは空気です あるいは風とも言えます 「風はそれを吸いこむことができない」 破壊しようとするどんな性質の ものより上回っています しかし驚くことに 自然は理解しています 自然は純真です それを理解し 適切な時に作用します 攻撃的な者 純真を困らせようとする者に対して このように自分たちの純真を崇拝 すべきだと知るべきです 純真であることで支配されると 感じるのは解ります 時折り なぜこのような扱いを受けるのか と悲しく感じるでしょう 様々なことが 頭によぎるでしょう しかし純真を崇拝するなら あなたは常に幸せな者になれます 常に優しい者になれます 常に謙虚な者になれます ですから注意しないといけません あなたは あなた自身の破壊者です あなたは殺す者です ヒットラーはどうでしょう ヒットラーは自分を滅ぼしました 誰が滅ぼしたでしょう どうであれ人は死ぬもので いずれにせよ彼は死んでいましたが 永遠に滅ぼしたのは彼自身です ですからあなたは自分を殺せます 自分を救うこともできます 純真であれば 栄光も授かります 純真の力に自信を持ってください 何が大切かというと あなたの人生の中で 純真の力をどう表していくかです 互いにどのような態度で 接するかです 私はそれを愛と呼びます 自分に対してこの態度で望まない限り あなたは慈悲深くいられません あなたは親切になれません ― 一時的になれたとしても 永遠の慈悲深い気質は あなたの人格を通して永遠に 流れる純真さからです 純真な力は 人間にとって気取らないもの 支えてくれるもので 全てを上回り 時を超えます 何千年経っても 人はあなた方サハジャ ヨギを 忘れないでしょう ― あなたの勇気 あなたの純真な力を見せれば 今日のプログラムが 遅くなってすみませんでした 行く準備はできていましたが 結婚のことが大切なものに なってきているようです 書類がぎりぎりに届いて 結婚について 最後まで決めていたためです こういうことは最後です 次回はしないでください 自分の申し込み用紙は せめて八日前までに 送らないといけません ガナパティプーレでは 二週間前です そうでないと 一日は24時間しかありません それを増やすことはできません 一つ謙虚に お願いしたいことがあります 結婚を上手くいかせたいなら 私が見る時間があるように してください そうでないと 他の者に決めてもらいます それでよければそうします 簡単なことですが 結婚というのが大切なことだと 理解してください 結婚すれば 純真な子どもが授かります しかし このような態度をとれば 責任がない感じがします ですから時間の大切さについて 理解するようお願いします 次回 あまりにも遅く書類を送れば 結婚式が行われないのは確かです せめて一週間以内であるべきです 理解していただけるよう お願いします ありがとうございました […]

Shri Ganesha Puja Campus, Cabella Ligure (Italy)

Shri Ganesha Puja. Cabella Ligure (Italy), 25 September 1999.
今日はシュリ ガネーシャを 崇拝するために集まりました 皆さんは彼が力強い 神格であると知っています 彼の力は 純真さから来ます 小さい子どもを見ると 自然と惹きつけられ 愛し キスし 一緒にいたくなります 子どもは純真です 非常に純真です 私たちが シュリ ガネーシャを崇拝するとき 自分が本当に純真かどうか 知らなければなりません 最近 人は 狡猾になっています どんなに狡猾でも 気にしません 純真で素朴な者に対して 狡猾になります 常に自分を 正当化できます 現代 皆が狡猾なので 自分のすることを正当化します この狡猾さは人を 極端な右側にもっていきます それは大変悪い 影響として跳ね返り 肉体的なあらゆる問題が 生じる者もいます 例えば 手が麻痺したり 足が麻痺したり 肝臓に 支障をきたします さらに心身障害を 引き起こすこともあります このような問題 右側の問題で苦しむ者は シュリ ガネーシャを 崇拝すべきです 例えば 最近あなた方は 生活に忙しく 仕事に忙しく 普通より余分に 雑用もあります 偉大な仕事をしているとさえ 思っています 結果 シュリ ガネーシャを 疎かにし その者は冷淡になるか わがままになります どちらかになり 自分を見失います サハジャ ヨガにおいて 中庸にいさせるのは シュリ ガネーシャのプージャであり シュリ ガネーシャへの崇拝です それによってあなたは 常に中庸でいられます このような右側の問題はシュリ ガネーシャのプージャで治せます シュリ ガネーシャの崇拝には 様々な方法がありますが 一番簡単な方法は 彼を心におき 彼の写真の前で ヴァイブレーションを受け取ることです 自分のバランスをとる 最良の方法です 多くの心配事や 葛藤があります 全てシュリ ガネーシャによって なくなります 彼は純真ですが 非常に賢いです 彼の助けが来ると 驚くほどに ワークアウトさせ 全ての障害 心配事を取り除きます なので私たちにとって 重要な神格です シンプルな神格ですが ムラダーラは大変複雑です 最も複雑なチャクラだと 思います 多くの起伏や区画があり 絶えずヴァイブレートされ 振動しているからです それを 落ち着かせるには シュリ ガネーシャに完全に 献身的でないといけません シュリ ガネーシャは キリストとして化身しました キリストも 大変純真でした 純真でなければ 十字に架けられませんでした 人の狡猾さを見れる 狡猾さはありませんでした 裏切った弟子が誰か知りながら 口にしませんでした 彼の人生を見ると 純真の美しさに満ちています 彼は素朴な心の 持ち主で 素晴らしい人格で 間違ったことを見れば それに対して戦いました シュリ ガネーシャも 同じです シュリ ガネーシャの恩恵は 特に何か障害やサンカタ を抱える者にとって重要です 彼はサンカタ ヴィモチャナ と呼ばれ 生きる上で 障害を取り除く方です あなた方の多くは 様々な問題や障害 大変困難な時期から 救われた経験をしています うまく対処させるのが 彼の特徴です ガナパティだからです ガナパティとは ガナの最高神のことです お話ししたように ガナ達は私たちの中に存在します 小さな小さな体として 存在し 何か問題があれば 脳に報告します 胸骨には女神ドゥルガの 玉座とも言える住まいがあります 私たちに問題や困難が 生じれば 胸骨が 振動し始め ガナ達が 情報を得ます 医学用語で 抗体と呼ばれています これらのガナ達が 攻撃します 問題に的を定め 攻撃します 疾病に苦しむ者だけでなく 精神的に動揺したり 苦しんでいる者も助けます ガナ達は問題に的を 定めるのが上手で いかにワークアウトするかに 驚くほどです 例えば ある子どもに 何かあったとします 両親はお母さんに すがり泣いています お母さんが ドゥルガだとします すると彼らが そこにかけつけ その子を奇跡的に 治します あなたの人生に起こる多くの 奇跡は説明できません それらはガナパティの ガナ達によって起こっています ガナ達は 大変小さく活発で 注意深く 決して寝ません いつでも問題があれば そこに行って攻撃し 問題を解決します いかに作用し 効くか 信じられないほどです 沢山の例を 挙げることができます 男の子が 溺れたことがあります アメリカのあるアシュラムの プールで起きました 子どもははしゃぎますが 危険なのであまり好みません 一人の子が落ちて 中に15分から20分いました 皆 落ちたことを 知らず その子の行方を 探していました どこにも見当たらず ようやく 水中にいるのを見つけました 怖くなってマザーに 皆でお願いしていました 驚くことに私は 一度も電話をしたがありませんが この番号にかけるように 言いました 私は誰の番号も 知りません 電話をかけると リーダーの一人が出て 男の子のことは分かっています 助かりますと告げました 誰からも 聞いていませんでした ”全く大丈夫です” と伝えました 水から引き上げられると 医者だけではなく ヴァイブ レーションでも働きかけました 今日 その子は大丈夫です 医者は“助かったとしても 一生昏睡状態だろう”と言ってました 今回アメリカで その子に会いました このようなことが 多く起こりますが これはあなたの恩恵ですと 人は言います ある意味そうかもしれませんが シュリ ガネーシャのお陰です 彼のもう一つの本質はお母さんに 従順であるということです 彼はシヴァやヴィシュヌ 他の誰も知りません 彼にとって お母さんがすべてです ですから父 シヴァとも 誰とでも戦えます 完全にお母さんに 従順で 母の望みを 大変素早く理解し ワークアウトさせます 彼のやり方は純真で シンプルで子どものようですが 彼のすることは すごいです ガナ達も 大変純真ですが 特定の問題を 攻撃するように言われれば 大変すばやく 迅速です もう一つの要素は 純潔を人生の中で最も大切に する者に敬意を払うことです 彼は 純潔を好みます 女性だけでなく 男性に対してもです リアリゼーションの後は 完全に純潔でないといけません 目をあちらこちらに さまよわせてはいけません 若い女性や男性に 色目を使って 純潔を 汚してはいけません 目は清らかでないと いけません 思考もです そのために内省し どんな間違えを犯しているか いかに不純な振る舞いを しているか見ます 正さないといけません そしてシュリ ガネーシャに 許しを請います 許しを請えば 彼は何でも許します 大変純真で美しいので あなたを許します とても大切なことです 私たちの徳は 純潔感から成り立っています 様々な宗教が 純潔について語っていますが 宗教は 無意味になっています 全く基礎がなく 彼らのために記されたことも 実行されていません 彼らはあらゆる 好きなことをし ヒンズー教徒 イスラム教徒 キリスト教徒と自称します 現に宗教は 堕落しています それゆえ シュリ ガネーシャは 彼らを咎めます シュリ ガネーシャの もう一つの特質は 彼が母なる大地によって 創られたということです 彼がある国の者達を 好まなければ 例えば 黒魔術や原理主義 ひどく不道徳な 者がいたら 彼らに 問題を起こします 彼が母なる大地に 地震を起こさせるように言います 地震は純潔を 尊重しない者や 原理主義や 黒魔術を崇拝する者が いるところで起こります 彼の母を通して 攻撃されます 母なる大地も 理解しています 最近トルコや台湾で 大きな地震がありましたが サハジャ ヨギは 一人も死にませんでした 彼らを守ります 彼は分別があり この様な者のみを 滅ぼします 以前もそのようにして 多くを滅ぼしました 彼は母なる大地の力を 持っています つまり 彼には惹きつける力 があり 人を惹きつけます 私たちが子供に惹かれるように 彼に惹きつけられます これが彼の 惹きつける力です 驚くことに この力は 鳥にもあります 他の動物にもありますが 特に鳥です 向かう方向が 分かります シベリアから オーストラリアまで飛べます そして戻って来れます 魚にもあります 例えば 魚は 上流から 下流に行き また戻って来ることができます 同じ場所に戻るには 方向を知らないとできません 彼らには 方向感覚があります また彼ら自身の特質を 備えています 例えば 蛇は蛇です 犬は犬です ライオンは ライオンですが 人間は全ての動物を 内に持っているのでしょう しかし自分が何にでもなれると 認めるには狡猾すぎます 一度そうなると 人間であるのになぜそんなに 低俗になれるのか驚きます 生き方においてガネーシャに 敬意を払わなかったからです どんなレベルへも 落ちることができます 例を挙げると インドの ラトゥルで大地震がありました ラトゥルでは シュリ ガネーシャの 14日目の祝いの日でした シュリ ガネーシャを 海や川の中にお供えします ラトゥルである者達が シュリ ガネーシャの素敵な像の前で 踊り 奇妙な映画の ひどく低俗な歌を流し始めました あまりにひどく 耐えられないほどです それがシュリ ガネーシャを 怒らせました 彼らは像の前で そのように踊っていました 像を水の中に入れ 家に帰りました 彼らは酔っ払って踊りだし ジェイ ガネーシャと歌っていました その時 大地が揺れ 地震が彼らを 飲み込みました 皆 大地に 消えました 同じようなことをしていた者も 大地に飲み込まれました そこに私たちの アシュラムがありました その周辺も 素晴らしい土地がありましたが そこには 触れませんでした 広範囲に渡り その周辺を囲むように 大きな亀裂が 走りました アシュラムの周りの母なる大地に 亀裂が起こりましたが 誰も 傷つきませんでした 皆 家にいて 大丈夫でした アシュラムには 一切触れず サハジャ ヨギも 誰一人として 死にませんでした いかにシュリ ガネーシャとガナ達 に守られているか驚くべきです なので ガナ達に 敬意を払わないといけません 彼らが内在し 作用していると 分かることが大切です あなたが どんな者か見ています あなたの間違った態度で シュリ ガネーシャを失望させても あなたをまともに 戻そうとします あなたに何度も 機会を与えますが それでも狡猾な 自己中心的な考えを持つなら 彼によって 大きく打ちのめされます あなたにとって 大きな災難です なのでシュリ ガネーシャを 崇拝しないといけません しかし 職人が作るシュリ ガネーシャ を崇拝しないように言います 職人がどんな者か 分からないからです 金儲けのため かもしれません 純潔でない者が 作ったかもしれません そのような者が作った物を 崇拝しても 助けになりません このような理由で モハメッドは 偶像を崇拝しては いけないと述べています 作る権利のない者 によって作られるからです スワヤンブーではなく 母なる大地 から作られているのではなく 金儲けのために 模倣されたものです そのように店で買う 偶像は 如何なるものでも崇拝する 必要はありません ヴァイブレーションの悪い者 詐欺師や狡猾な者が作る物を 崇拝することはありません そのような者から買えば 害が及び 助けになりません 装飾品として置いても 崇拝するものではありません シュリ ガネーシャの 本当の写真はありません 母なる大地から出てきた シュリ ガネーシャが8つあります そこにいるプジャーリ 祭司は ひどい者達でした ある者を訪ねると 私は喘息で 身体も麻痺している 私も祖先も シュリ ガネーシャを崇拝していて なぜこのような 目に合うのか ”まず自分を内省しなさい” と言いました ”どんな人生を歩んでいるか” “シュリ ガネーシャの プジャーリに値する者か” 彼は気がつきました “治してあげます 後は純粋な者に なれるよう努力しなさい” ”狡猾で悪賢い者になるのでなく 純粋な人生を歩むようにしなさい” シュリ ガネーシャの引き起こす 問題は数えきれません どんなにあなたを阻み 困らせ 死へ近づけるか分かりません 彼は大変力強いです 彼の全エネルギーは 神聖な仕事を するために注がれるからです それ以外は望みません 彼の全エネルギーは そのためだけにあります シンプルなものしか 望みません ココナッツから 作られるモダカを食します 身体は大変精妙で 力強いです 彼は山を次から次へと 動かせます 彼の気取らなさ 優しさ 純真さで 真に人を 変えることができます 大変困難な 乱暴な者も 変えることができます 彼のシンボルは スワスティカです 時計回りの方向です 逆であるなら ヒットラーはそれを使って 初期の頃 大変成功を治めていました しかし彼らは 型版を持ち 逆方向に使い始めました 左側から 出ていました 彼らは 滅ぼされました シュリ ガネーシャのスワスティカは 大変威力があります スワスティカを左から右に見ると 炭素原子の形をしています 炭素原子には スワスティカがあり チャクラ全体が 炭素原子でできています チャクラを左から右に見ると オムカラが見えます 右から左に見ると スワスティカが見えます 下から上を見ると 十字のように見えます つまり ガネーシャがキリスト として化身したことを証明します 彼こそ世界中で 崇拝される者で デヴィ マハトミャムに 卵から生まれ 半分はキリストに 半分はガネーシャに なったことが記されています しかし人はあまりに混乱して いるので理解できません 全て記載されていると 認識したくないのです ですからキリストを崇拝する者は シュリ ガネーシャも崇拝します あなたがキリストに言うことは シュリ ガネーシャに言うのと同じです 彼らは全く異なる 二人ではなく一人です 私がキリストに対して言ったこと全て 真実か見ることができます 証明できます 例えばキリストは この二本の指を見せていますが 一本はヴィシュディ つまりシュリ クリシュナで もう一本は シュリ ヴィシュヌです つまり父であるシュリ ヴィシュヌと シュリ クリシュナを意味します はっきりと この二本を使っています なぜこの二本の指 なのでしょう 父であるシュリ ヴィシュヌとシュリ クリシュナの方に向けていました 私の言っていることは 簡単に分かるはずです シュリ ガネーシャのヴァイブレーション を見て 彼のことを想えば アギヤが開き 思考を超えた 状態になることに驚くでしょう 彼はイエスで アギヤに内在するからです ですから開いていきます アギヤを詰まらせる 愚かな考えはなくなります シュリ ガネーシャの名を 唱えるだけでアギヤが開くからです アギヤからくる狡猾さは 完全に消えます もはや狡猾ではありません あなたの額にこの純真さを 見れば驚くでしょう これらの考えは 全て消えます 狡猾になったり 他者を 傷つけるようなことは考えもしません アギヤが完全に開く時 あなたは完全に変わります ムラダーラ チャクラが整うことは 私たちにとって大きな恩恵です 地面に座ると より助けになります シュリ ガネーシャのお母さんは プリトゥヴィで 母なる大地だからです ですからこの母なる大地は 大切にしなければなりません しかし 人は大切にしていませんし 母なる大地の真価を理解していません インドには 起床時に母なる大地に ナマスカーする文化があります これは母なる大地に足が 触れるため 礼拝します 母なる大地にそのような 敬意を持てば 現代に見られる開拓や 公害の問題は起きません 全て無知から起きています 大地はムラダーラとして内在する シュリ ガネーシャのお母さんです これを理解するな 何をすべきか分かるはずです 大地自体を 大切にすべきです 人は彼女を称賛し 美しくし 様々なことができますが 今しているような 開拓は誤った考えです 公害でもって 自分たちを傷つけています 金銭のために 母が育てた自然を 切り倒すのは間違っています 考え直すべきです 一本伐採すれば そこにもう一本植えないといけません 青々とした草木や全てが 母なる大地の美しさです 庭の手入れや自然に対して 全く興味のない者が多くいます しかしどうしてか 庭や自然に 興味を持たず生きています 自然は大変美しいです 自然をみれば 臭い汚れもありません どの葉も陽光が浴びれるよう 体系化されています 対立もなく体系化 されていて 美しく 動物によって 滅ぼされることもありません 動物でさえ壊しません せいぜい草を食べる程度で 私たち人間が 母なる大地を壊しているように 動物は通常自然を壊したり 木を損なわせたりはしません 何であれ 大地に敬意を払うべきだと 理解しなければなりません 母なる大地は 最年長のヨギである シュリ ガネーシャのお母さんです 彼はあえてヨガの状態にならなくとも 常にヨガの状態です 最も偉大なヨギであり 常に正しいことをしています 彼は決して 間違ったことをしません 最も偉大な神格として 位置づけられます 最も偉大な神格です 真に崇拝しなければなりません 彼を通して他の神格が崇拝され 歓ばれ 恩恵を授かります 今日人は 羞恥心を忘れ ある種の名声のため 私たちの 純潔を困らせようとしています 少しでも自尊心があれば 純潔でいられます 自分を蔑み 罪深くいることが 大変利口で 現代的だと思っています 現代における罪深い行為は 完全に間違っていて 完全にいとわなければ なりません シュリ ガネーシャが怒るので その ようなことに近づいてはいけません 最も重要な基礎が 純潔だと理解するのに まともでいることが大切です インドでは三万二千人の女性が 純潔を守るために焼身しました 私は同じ家族からきます 彼女達はどれほどの勇気を持ち 純潔を信じていたことか 純潔を失うなら 人生に意味をもたないほどでした ですから純潔が 最も大事であると示すために 大いなる犠牲を払いました 男性のためでもあります 特に男性です シュリ ガネーシャはとても大切です シュリ ガネーシャに敬意を払わな ければ様々な病気にかかるからです シュリ ガネーシャを尊重すれば 私たちの健康は大変よくなるでしょう 絶えず私たちの身体を 治しているからです 絶えず世話し 守っています シュリ ガネーシャは ムラダーラに内在し クンダリーニを世話し 私たちのクンダリーニを守っています 何かあれば クンダリーニは上昇します 彼女を支え 上昇させるのは シュリ ガネーシャです 彼がワークアウトします あなたのリアリゼーションの礎である クンダリーニを守っています シュリ ガネーシャの 重要性を知るべきです 自身を知り 内省し シュリ ガネーシャに献身的か見るべきです それについて 何をしていますか 汚いものに対して 本当の嫌悪感を持つでしょう そのような者も好みません そのようにして ワークアウトさせます 子どもたちは よく知っています 子どもたちは 愛らしく 優しく 愛に満ちていて 美しいです 同様にシュリ ガネーシャが いると知るべきです 彼こそ真に純真で 非常にあなたを守っています 純真で守っています 私たちも自分の純真を 大切にすべきです 時折 騙され 支配され 傷つくこともありますが 構いません そのような者は 皆苦しめられます 全世界でそれについて 激論が交わされています 純粋で素朴な者に対して 支配してはいけないと訴えています すでに起こっていますが 全て変わらなければいけません 終止符が打たれなければ いけません どこへ行くにも抑圧するなら 人は存在できません アメリカにはレッド インディアンが 多くいることに驚きました 彼らは皆抑圧され 他方に逃げなければなりませんでした カナジョアリに行きましたが ヴァイブレーションが 大変良いと分かりました つまり 純真で素朴な者を かつてアメリカ人は そこへ行き滅ぼそうとしました そして カナジョアリに 隠れ住むようになりました カナジョアリは素晴らしいヴァイブ レーションで 今でさえ感じます 彼らこそ 完全に その場所を楽しんでおり レッド インディアン “アメリカン インディアン”と呼ばれていました 大変素朴で純粋で スピリチュアルな者たちです 常に“お母さん”を 崇拝していたからです 他国にも見ることができます オーストラリアは種族に 大変寛大で嬉しく思います マウリ族や他の種族もいて 大変奨励しています 彼らの富んだ才能には 驚きました オーストラリアでは彼らに同じ権利 政治的権限があると示すために この州に連れてきています 大変良い試みです ガネーシャはオーストラリアで ウルル山として出土しています 大きい山で シュリ ガネーシャのように見えます 大きな鼻が見られます ヴァイブレーションが シュリ ガネーシャだと証明しています シュリ ガネーシャはそこだけでなく 多く母なる大地から出土しています ヴァイブレーションの 源を感じます オーストラリアで サハジャが簡単に広まったのは 彼のおかげだと思います 政府も私たちを 困らせたことはありません ウルルとして現れたガネーシャが サハジャ ヨガを守り ワークアウトさせているの だろうと思います 同じようにあなたがどこにいようと ガネーシャは崇拝されるべきで 全てにおいて 奇跡的に助けられます でもまずシュリ ガネーシャである 純潔を大切にしなければいけません 神の祝福がありますように […]

Diwali Puja, Power of Innocence Lecco (Italy)

Diwali Puja, “Power of Innocence”. Lecco (Italy), 25 October 1987.
私達は始めに シュリ ガネーシャに礼拝します シュリ ガネーシャは 私達の内にある純真の源だからです ですから内にある 純真に礼拝します この純真は あなたに啓蒙を与えます 昨日お話ししたように 光は一般に純真で表されますが それは知識のない 純真さです しかしあなたの光の純真さには 知識が備わっています 人は知識ある者は 決して純真にはなれないと 素朴にはなれないと考えます 純真に対する 概念においても 純真な者は常に騙され 軽視されると考えます しかし純真は力です 守る力を与えます 知識の光を与えます 世俗的な意味で 知識は いかに人を利用し 騙し 金儲けをし 人をいかにからかうか 蔑むかを指します しかし純真の光は 愛が最も高いものであると 分からせます そしてそれは人をいかに愛し 気にかけ 優しくするかを教えます またあなたの内に 光をもたらします 世俗にあるアヴィッディヤとは 対称的です 外的なアヴィッディヤは 私達に 競争心やいかに人を 貶めるかを教えます そこに恐れや 不安があるからです この知識に安心感は 全くありません 安心感があれば そのようには振る舞いません 純真の光は 全てを知っています そこに恐れはありません “子どもは純真だ”と言うとき 純真の力を持っているということです 子どもが高い所から落ちても 助かったケースが多くあります 一方若者はさほど高くない所からでも 死ぬことがあります 子どもは落ちる恐怖心がなく ただ楽しみます パラシュートを 使っているかのようです そして落ちた後も 立ち上がって皆に微笑みます なぜ皆が心配しているか 理解できません その純真さの中で子どもは 世話され守られていることを知ります 自分より高次な力があると 感じています ですから心配しません しかし子どもに 様々な概念を植え付けると 子どもは純真の力を 失い始めます そして臆病になり ずる賢くなり 不道徳になります それでも 子どもの純真さは ある意味 無知の純真さと言えます 人生における危険を 知らないからです しかし純真の光は すべての危険を知っています どう取り除くかも知っています そのような者といかに 関わらないかも知っています ある賢い者が 階段を下りようとしていました そこへ下から愚か者が 上がろうとしていました 愚か者は劣等感があるゆえに 常に攻撃的です そこで愚か者は 一人しか通れないため ”馬鹿な者にゆずる気はない” と言いました すると賢い者は “私は馬鹿な者にゆずりますよ” と言い道を開けました このように純真の光は どこまで相手に踏み込むか どこまで話すか 相手の人格や問題に どこまで立ち入るか教えてくれます この者は相手が愚かな者だと理解し ”ゆずります”と言いました そのような者には 気にもかけません この純真の光は 分別を与えます どこまで踏み込むか 分かります “私は彼を愛しています” 相手に蹴られても 叩かれ 困らされても 取り憑かれても その者に 惚れ込む者がいます 自尊心もありません 世間的には 純真かもしれませんが その者は啓蒙も 純真もありません 啓蒙され 純真であるなら あなたの純真に力があります それはまずあなたに 分別を与えます 手にランプを 持っているとします すると持っている物が 蛇か紐か分かります ランプがなしには 見れません 蛇だと分かっても 逃げ出すか 愚か者なら “噛んでみてどうなるか様子をみよう” と言うかもしれません しかし啓蒙された者なら 蛇に”放っておいてください” と言うでしょう 蛇も理解して去るでしょう 邪悪な蛇なら ただ蛇を一瞥するだけで 蛇の方から 逃げ出すでしょう ですからこの純真の力は とても大切です それは啓蒙を通してのみ 得られます 人は始めは 無知で純真です 後に純真でも 無知でもなくなります 啓蒙もありません 両方の本質がなければ ずる賢くなります また無知ではなく 知識があり すべてに長けていて 知性や知識の豊富さゆえに 名声を得たとしても そのような者は 世間的な知識はありますが 純真さはありません そのような者は 思考をコントロールしようとします そして純真さが失われます 純真さは愚かさだと考え 純真さに敬意を払いません 人を巧みに操ろうとしたり 過激なことしたり 傷つけたり ひどいことを言います そのようなことに 脳は使われます 純真に戻れないからです 私達はそのような者を 好みません 彼らは”自分たちは優れていて 選ばれた者だ”と自讃し 同じ考えの者達と いようとします ですから無知に いわゆる知識が加わります 内側は完全に無知で 外側に知識があります そうなると内に 真実を求めようとしません 彼らの外側に いわゆる知識に満足するからです その状態で突き進めば 痛い目をみて ”内側が全くの暗闇だ” と気づきます 私達は太陽が輝く中 窓を密閉して生きることはできません 内側に光がないといけません 自分達は何者で 自分の力は何で どれくらい高められるか 人生の目標を どう達成させているかを 見ることができる光を 持たないといけません これらの光の啓蒙は あなたの内にヴァイブレーションとして チャイタンニャとして現れます チャイタンニャ自身が光です この光と普通の光には 違いがあります 普通の光は あなたの目に訴えるだけです 対象が石であるか木であるか 家か人間の顔かを教えます しかしその人が 良い者か悪い者か この家にヴァイブレーションが あるかないかは教えられません あなたに吉兆を与えません 吉兆感も教えられません 私達はガネーシャの 純真について話しますが それは私達に吉兆感を与え 私達自身を吉兆にします ですからチャイタンニャ自身が 啓蒙です それが持つ全ての知識を あなたに教えます いかに微細であるか 想像してみてください 大変微細な チャイタンニャが 知性を持ち 分別を持ち その者が良い者か 悪い者かを教えます 大変簡単に サハジャ ヨガで得ました 自身の複雑な仕組みに 何が起こったか気にもしないほどです それには知識があります その人が良い者か悪い者か 分かるだけでなく どのような問題を 抱えているかも分かります 普通の光は人の容姿や歩き方といった 一次元までの理解を与えます 人が何かを想像すれば “私はこう思う” と言います 内に流れるチャイタンニャによって あらゆるものを感じることができます それは全てに遍いていて 全ての分子に脈打っています そして私達に 全ての物質や動物 人間 全ての神格についての知識を与えます この光なしにあなたは私を 認識することはできませんでした どの神格も 認識できませんでした 人生における立ち位置や目標を 知ることもできませんでした 人生の目的や なぜここにいるのかもです あなたはここに金儲けのために 貯金したり 株を買うためにいるのですか あるいは家を買うため 妻に手の内で踊らされるため 妻に対して支配的になったり 子どもの成長に精を出すためですか チャイタンニャがはっきりと それは違うと教えるでしょう しかし これらに頓着するなら コレクティブな現象から 完全に切り離されてしまいます そしてこの光は消えます この光が繋がりを失うやいなや 光をもつことはできません ですからヴァイブレーションの繋がりが 強くないといけません 完全で 安定していないといけません 例えば不安定で 動く光があるとすると 物事を適切に 理解することができません ヴァイブレーションは 全てを知っていますが あなたがヴァイブレーションに 敬意を払わない道具でいるなら ヴァイブレーションで伝達ができない 不完全な道具でいるなら どう伝達するというのですか 子どもを外に 連れ出してください あまり無理しないように 子どもに短気になっては いけません 子どもが泣いているのは 何か欲しいのでしょう […]

Shri Ganesha Puja, Establishing Shri Ganesha Principle (United States)

Shri Ganesha Puja, “Establishing Shri Ganesha Principle”. San Diego (USA), 7 September 1986.
今日は シュリ クリシュナの土地で シュリ ガネーシャの 誕生を祝います 先例のないことです 大変意味深いことに シュリ クリシュナ自身の土地で 息子の誕生を祝います シュリ ガネーシャは 地上におけるマハヴィシュヌであり ラーダの息子 キリストとして化身したことは ご存じの通りです つまりこの誕生を祝うことで 主イエス キリストが シュリ クリシュナの息子であることを あなた方は認めるのです デヴィマハトミャムには この原初の子が 卵の形になり シュリ ガネーシャとマハヴィシュヌに 分化したかが述べられています 進化の過程に これらの故事は 記録されていますが キリストがガネーシャ神の化身であると 今日人間が理解したことに とても満足を覚えます キリストは ガネーシャ神の化身です 彼は永遠の子どもですが シュリ クリシュナの息子 キリストとしてやってきたのです ですが創造の際 シュリ ガネーシャは パルヴァティによってのみ産まれました 父がいませんでした パルヴァティは 自ら息子を望んだのです ガナ達が シヴァだけに仕えるように ヴィシュヌやシヴァに 仕える天使がいます そこで パルヴァティは 彼女の力を地上に及ぼすため 息子を望みました ですからまず シャクティは宇宙を創造し サダシヴァが 彼女の被造物を観ずるなか 最初に地上で 創られたのが純真で その体現が シュリ ガネーシャなのです 宇宙全体が 純真で包まれ それをオムカラと呼びます この純真が 全ての物質に浸透し あらゆる創造を 守護しました 物質は純真無垢です 物を叩けば 反作用が返ってきます そういう性質があるからです 作用すれば反作用があるだけで あなたを害する 意図はありません 自然に作用する性質があり ジャダと呼ばれます 動物も別の意味で純真で 罪の意識を持ちません 別の動物を殺したり 縄張りを犯したりすることで 法や罪を犯している という意識はありません 彼らは本能に従い 生きていて パシュースと呼ばれています パシャとは従属を意味します 彼らは神の法に 従属しています シュリ シヴァは パシュパティと呼ばれています 動物の段階までは 純真は保たれ 自我の発達はありません だから動物は純真なのです 虎が牛を食べようと 象が人間を踏みつけようと 彼らは純真です より高い意識へ至るために 母性のシャクティ 原初の母が 人間の純真を守る存在を 創ろうとしました 物質や動物の上位に シュリ ガネーシャを創りました 像の頭のシュリ ガネーシャ についてはご存知でしょう 彼は人間でありながら 動物のようで シュリ ガジャナナの頭であり 動物界で最も賢い 象の頭を持ちます 純真である 頭を持っているので エゴは発達しません エゴのない意識状態です しかし人間はそうではなく 炭素はアミノ酸の産生に 向けられます アミノ酸を定着させる 作用もあります ヴィシュッディのレベルで 人間はこのように直立し 新たな進化を遂げました 動物の頭は 地面に面しているので 大地に向かって エネルギーが流れますが 人間は重力に反して 頭を持ち上げました すると新たな気が流れ始めましたが 新たな問題も起こります ヴィシュッディの問題があると クンダリーニが作用できなくなります 大地から頭をあげると 大地の自然の力から 遠ざかるからです そのようにヴィシュディを 上向きにすると 結果 このヴィシュッディの国では 自然に反する機械に頼り 自然を絞り採り 原子爆弾を作るのに 核分裂させてみたりと自然を害しています 頭を上げたことで 自然に反し始めたということです でもそれが神への完全な 帰依として行われたなら 母なる自然に 頭を垂れて為されたなら あなたを害しないでしょう しかし美しい自然から 完全に切り離されてしまったら どうなるでしょう 昨日この国の美しい自然の写真を あなた方は見ましたが アメリカのように豊かな国が 創造主に感謝せずに 頭が高いと ヴィシュッディの問題が起こります あらゆる場面において 自然に反する 社会構造ができています 結果 無垢さに ムラダーラに害が及んでいます ムーラダーラの自然さが 忘れられています キリストやアブラハム モーゼの時代のずっと前から 婚姻は聖なる制度として 永く社会に認知されてきました しかし人は傲慢にも 正常な人の道である婚姻に 反する声をあげました 私生活が 自然であるなら なぜ人は 様々な病気になるのでしょう あなたが自然な人であれば 何の病気にもならないでしょう 自然に反する結果 この国では多くの男女が 嫉妬によって殺害されています 10人の男女が 愛しあうのが自然なら なぜ嫉妬がおこるのでしょう あなたは幸せであるべきで それが自然です シュリ クリシュナに帰依することなく ヴィシュッディチャクラで頭を上げたことで 生命に抗うような雰囲気が 拡がりました このような生活により この国や今は 破滅の崖っぷちにあります 無垢に対する攻撃が この国の一番の弱さです 流行をつくる人々による 最大の間違いは 貞操の力や節操ある生活に 価値をおかないことです ガネーシャは創造の根本です あなたがシュリ ガネーシャに反するなら 根無し草になるでしょう するとどんな馬鹿げたものでも 新しいことに飛びつくでしょう “不順な目を持つなかれ” といったキリストを忘れて フロイトを 崇拝するほどになります ガネーシャのレベルには 視線すらも無垢である必要があります 視線に 色情があるべきではありません しかし 傲慢さが “何が悪い”と感じさせます “これの何が悪いのか” 今や国中が傲慢な試みによって 危機に瀕しています その上 その破滅を 受難として受け止めています シュリ ガネーシャの土地に住む サハジャ ヨギは大変な責任を負っています しかしシュリ クリシュナの 土地に住む人々は 責任がその肩に 完全にかかっていて 逃れることができません あなた方が無垢の大切さを 理解しない限り 私が何をしたところで この国を救うことはできません 他でもない あなた方が救うのです あなた方にしかできません クンダリーニが引き上げられると あなたがかつて敬ったことのない シュリ ガネーシャが 傷を負い沈んだ状態から ゆっくりと覚醒します そこでどうやって養うかです どうやって彼の成長を 支持するか アメリカのサハジャ ヨギの 責任は大きいです これ以上自分を 裏切ることはできません 傲慢さを満たすこともできません これまでの過ちは酷いものでした あなた方はその間違いに対する 十字軍として立ち上がり シュリ ガネーシャを 十分に確立し 自らの根を滋養して 必要なバランスを得るべきです まずもってショッキングです あなた方が理解できないことが あのような馬鹿げた考えを 受け入れることはあり得ません あんなおかしな 明らかに酷いことをするなんて 例えば売春という言葉の意味を 知っていませんか 他にも汚らわしい言葉があります 今口にしたくはありません その言葉の汚さを 分かっていません 人はそれに気づいていましたし 知っていました 自分に何をしたのか わからない程 私達は叡智を 失ってしまったのでしょうか 自尊心がありません この傲慢さは非常に危険で 何が起こるか分かりません 神のみがそのような行いの 結果を知っています サハジャ ヨギには 特にアメリカの女性には いかに自分のプライバシーを 敬うべきかを伝えました 自らがシャクティであろうとするなら 自身を 自身の純潔を敬うべきです 驚くことに 外で起こっていることは 驚くことで サハジャ ヨガに来た後でも 地獄行きの一員に なろうとする者がいます 彼らを救おうとするなら 自分をしっかり直しなさい シュリ ガネーシャは 4つの手に パラシャの 破壊の兵器をもっています それに注意しなさい これは彼の仕事で 彼をおなざりにすると その力が働いて リアリゼーションにも関わらず あなたは自分を 救えないかもしれません 自分のリアリゼーションを 当たり前と思わないで下さい ガネーシャが 確立しない限り リアリゼーションは 意味がありません 気をつけなさい 不純な目をしていませんか 不純な心を持っていますか 何をサハジャ ヨガに 求めていますか 多くの者が サハジャ ヨガによって恩恵を得て 健康や金銭 地位や権力を 得られると考えます まず 純粋なガネーシャを ニルマラ ガネーシャを望むべきです “マザー どうか” “純粋なガネーシャの原理を 確立して下さい” 振る舞い 態度 関係において 自分が無垢か判断しなさい キリストは “自分に反することは耐えるが” “アディ シャクティに反することは 許さない”と言いました ですが 母として言いますが それは違います 私に反することがあっても キリストや 主ガネーシャに 反することはいけません リアリゼーション以後に 彼に反した行いにより あなたは神の領域から 完全に堕落した者として 追い出されるでしょう これは受け入れられない 許されない 耐え難いことです 過去は終りました あなたは生まれたばかりの鳥です しかし成熟した後に なお過ちを犯し それに耽るなら 私はあなたを助けられません つまり純真さ故に シュリ ガネーシャは 私の息子なのです いまや彼だけが 私の息子ではありません 私は多くの息子や娘がいて 私はあなた方を シュリ ガネーシャと同じように 父親なしで創造しました 心身の無垢さこそが 母には喜びなのです 不純なものは何であれ 捨てられるべきです 私の名前自体 純粋を意味します あなたにはできます その力が備わっています クンダリーニがあります まず自分を浄化して 後は心配しないことです シュリ ガネーシャが 面倒を見てくれます 一つのチャクラを綺麗に保てば 他は上手くいきます 筋肉の問題であれ 統合失調症や心身症であれ ガンのような不治の病であれ 全てがムラダーラの阻害から 来ています 根が傷んでいるのに どうやって木を治すというのでしょう 根が大丈夫なら 薬が何処にでも効きますが 根がダメなら どうしようもありません 今日は 私の中のシュリ ガネーシャを 崇拝するために招かれました 私の中のシュリ ガネーシャは パワフルな神格です 崇拝することで そのパワフルさを確立し 表すことです シュリ ガネーシャの 力の偉大さは吉兆です それは科学で言う ある係数 公式で それが吉兆を現します それは母なる地球の磁力です 同じ磁力が シュリ ガネーシャとして あなたにも存在しています 一人でも 私は東西南北が 言い当てられます 目を閉じてもできるでしょう 多くの渡り鳥がオーストラリアから シベリアへと渡っていきます 彼らには純真 磁力が備わっているからです 多くの魚にも その磁力があります 科学者が発見するべきです 同じように 私達の中の シュリ ガネーシャも磁力です なのでシュリ ガネーシャが 覚醒した人には磁力があり それは鉄を 落ち葉ではなく 鉄を引きよせます 鉄はグルの原理のようです “鉄人”というのは 人格と信念を持ち 誘惑に囚われない人 のことです このように この磁力は 鉄を引き寄せます 鉄にはひとつだけ 欠点があり それはドライで 柔軟性にかけることです が 磁力は鉄が引き寄せられる 特質を引き出すということです 同じようにこの性質が目覚めると あなたは驚くでしょう 人がアシュラムから離れていくどころか 皆があなたに駆け寄ってくるでしょう 私がどの家を訪ねるにしろ 人がそれを知ろうものなら どこからでも来ます この磁力は何でしょう 純粋な愛です 純粋な愛とは 他の何にも依存しない という概念です それ自身が支えです 光が自身の性質により 拡がります 何も必要とせず 欲しないようにです ただ拡がり 人々の心を照らします それ故 人は惹かれます カルカッタのような場所では 私に会ったことも 知ることもなかった人々が押し寄せて “警察を呼ばなくては” というほどでした “呼ばなくて良いです 何とかします”と言ったものです プーネでは 群衆があまりに多く ホールの責任者が恐れたほどでした “これではホールがもちません” “屋外の広い土地を 使って下さい” “心配しないで すべてうまく収まります” と言いました 聴衆が沢山いたものだから 地面や階段やそこら中に人が座って 私の話が始まるまで 絵のように微動だにしませんでした そして1時間半話しました 静止画のようでした 手足や目の動きもありません まるで絵のように ホールのオーナーは初めて そんな様子を目にしました 1時間半もの間 何の動きもありません それが何かというと 磁力なのです あなたが鉄でも引き寄せますが 磁力があれば 引き寄せ続けます なのでヨガにおいては 子どものように無垢な シュリ ガネーシャの磁力を備えることです 子どもが一人いれば 皆がその子に惹きつけれらます 子どもがどこか高いところで 動けなくなっていれば ロシア人であろうと アメリカ人やアラブ人であろうと 皆がその子の 心配をするでしょう アラブの子だとか アメリカの子だとか 悪魔でない限り そう考えません 子どもに惹きつけられるのは 磁力があるからです エゴがまだ発達していません エゴは私達が 自らの自由において 善悪を判断するために 発達しました なので エゴの発展は 必要なことです ある程度のエゴが私達には必要です ですが 発達させすぎて スーパーエゴを 覆い隠しました そうなると何の調節もなく 好きなことをするだけでしょう 今日は半ズボンを履き 明日は長ズボンを履きます 次に髪をいじったり あれこれ始めます 何のブレーキもありません スーパーエゴ(超自我)が エゴで包まれてしまっています このエゴはガネーシャの原理が 保たれている限りで大丈夫なのです これはガネーシャの叡智です ガネーシャの2つ目の力が 叡智です 農民と学者を見てみましょう 学位を持つ者より農民が ずっと賢いことがわかるでしょう なぜか それは彼らが毎日 大地に関わるからです 彼らは命の原理を知っています 母なる大地の無垢さを知っています なので素朴な人が 最も賢いのです 無邪気な一人の子は 10人のエゴ中心の人々より 賢いのです シュリ ガネーシャの2つ目の能力は それにあなたが賢くなるということです あなたが話せば 人々が耳を貸すでしょう あなたは カビラやナナカのように話します 人々が スピリットを 感じるように話します それこそが 私の言うサハジャ ヨギです 叡智のない サハジャ ヨギは役に立ちません そんな人はサハジャ ヨガに来ると とても粗暴で こちらで誰かとぶつかり むこうで別の人とぶつかりします そして3人の傷ついた人に聞くと “あの 例の雄牛か”となります 皆が同じ雄牛の報告をします “ああ 例のあの人ね そうそう”と とにかく 叡智です シュリ ガネーシャの力により あなたの目がキラキラします あなたは目に輝きを得ます 彼により 目に光が与えられます 色情や強欲をもつ人を 見られなくなります しかし あなたの視線が とても強くなり ひと目で何千の人を 浄化できるようになります ただ目を開きさえすれば 暗い闇夜が美しい朝に 状況が一変するでしょう 一瞥が クンダリーニを引き上げます シュリ ガネーシャが許さない限り クンダリーニは上がりません 彼は各チャクラに座る 判事のようです “よろしい 行きなさい”と チャクラへの許可を与えます そしてシュリ ガネシャが目覚め クンダリーニが上がります でも彼が眠ると 彼によって クンダリーニは元に戻されます さて 私達は 無垢さを失ったと考えますが 簡単には失われません 破壊することができないものです ただ覆い隠され シュリ ガネーシャの原理が 現れなくなっているだけです あなたはそれを押し込めたのです プレッシャーをかけました 無意味なことを これでもかと負わせたのです それだけです 死ぬことはありません それが宇宙の永遠の原理です シュリ ガネーシャの力をもつ人の もう一つの性質は 障害を取り除く ということです 誰か一人 そんな人が近くにいれば 何かのトラブルやアクシデントから 全員が助かったりするでしょう あなたもそのうち分かるでしょう 彼はガナパティで ガナ達の主だからです 彼があなたを導きます シュリ ガネーシャなしに サハジャ ヨガは作用しません 彼こそがサハジャな存在です 彼こそが世界の自発性を 生み出す存在です あなたを正しい道へ導きます 彼こそが全てを たやすく与えるのです 彼こそ全ての不思議な力 世界中の奇跡を担う者です 彼こそガナパティです 彼こそガナの上位に位置し ガナの王です シュリ ガネーシャを歓ばせる者は 全ての神と女神を歓ばせます 全ての神々が シュリ ガネーシャを歓ばせるからです そして彼はとても賢いです 彼はとにかく母を歓ばせれば いいことを知っています 世界の全ての力を得るには マザーを歓ばせるようにすれば良いのです 多くの性質が シュリ ガネーシャにはあるとされます 彼は食べる歓びを与える者です 何かを食べて 好むと好まざるとにかかわらず サハジャ ヨギによって マザーによって創られたと教えてくれます つまり彼が 食べ物に愛情の味を添えます 彼は愛だからです 彼はいかに愛を表すか 思いつかせます 一度 歌うように頼まれました 昔は歌が上手でしたが 講義を何回もしたことで 声を枯らしたようです うまく歌えませんでした ある日 歌うように頼まれました 一つの歌が思い浮かんで 歌いました そして一年ほど経って プログラムで “マザーに一曲歌いたい” と言われました この曲は 誰にも知られていませんでした どこでメロディを知ったのでしょう 彼らは同じ曲を 歌い始めました あまりの歓びに 涙が出てきました 歓びを抑えられませんでした この歓びの気持ちは シュリ ガネーシャによって創られた 仕掛けから来ます 彼は人との美しい関係を 築くので忙しいです 子どもの誕生日に 何を言いますか “翌朝 鳥が プレゼントを運んでくるよ” 鳥はいませんが シュリ ガネーシャが そのような思いつきをさせます 彼はサンタクロースだと言えます あなたにその方法や いかに繊細に人との関係を 純粋な関係を築くかを教えます プレゼントを隠したり 包んだり 見つけさせたりする方法もです “わー すごい” そして花束を差しだします すべてシュリ ガネーシャの努力です 彼のやり方であり 提案です 創造物の中で 花はシュリ ガネーシャの 本質を表します シュリ ガネーシャの本質は 母なる大地の本質 その香りから来ます シュリ ガネーシャの恩恵に 授かる者には 香りがあります 白檀であったり バラであったり このガーデニアのようです どこからともなく 香りますが その香りは シュリ ガネーシャから来ます そしてそれが あなたの中の磁力です そのような者には香りがあり 常にすばらしい芳香です シュリ ガネーシャが そのような者から香りを出します それはあなたのシュリ ガネーシャが 大丈夫なときに感じられます あなたの中のこの偉大な神格の 説明には終わりがありません 彼はそこにいて 浄化されるのを常に待っています 沼の中の蓮の花のように 彼の頭が出るのを待っています それに敬意を払うことで助けます するとあなたの中で香ります ヴィラータに 集合性に シュリ クリシュナにサレンダーせずに 私たちは頭を上げたので この国にとっては 大切なことです 私たちは頭を上げましたが シュリ ガネーシャで頭を下げます 神が授けた 豊かさに対してです 傲慢さはシュリ ガネーシャの 蓮の御み足において消えます 彼が私たちに叡智を与えます 理解力を与えます 内にある傲慢さを克服する 力を与えます 彼こそが知識を与えます 光を与えます インドでは多くの者が シュリ ガネーシャを崇拝し おかしなことをします それは不必要に 自分を騙すのと同じです 自分の中にシュリ ガネーシャを 確立するのは簡単です でもサハジャ ヨギである あなた方にとって シュリ ガネーシャを確立することは 重要であると理解しなさい それは静かに作用します 静かな力ですが作用します 音もなく 密やかに作動する力です 私が心から これらのことを言ったことで あなた方サハジャ ヨギの中で シュリ ガネーシャが確立されるでしょう そして あなた方を通して 力が放たれ あなた方の国でシュリ ガネーシャが 確立されていくでしょう 神の祝福がありますように […]

Shri Kartikeya Puja Munich (Germany)

Shri Kartikeya Puja. Grosshartpenning, Munich (Germany), 13 July 1986.
遅くなってすみません このプージャがこのような 美しい場所で開催されるとは 思いませんでした ここにミケランジェロの 美しい絵画があります あなた方を救い 助けたいという神の 父の願望が現れています そしてワークアウトしています ドイツでは 大変攻撃的な 出来事がありました 西洋の国中に 壊滅的な影響をもたらしました 価値観が崩れ 道徳観も乱れました 女性が 男性のように振る舞い 大勢の人が亡くなり 大変若い人々が 亡くなりました 彼らの望みも叶わず 生涯を戦争に捧げ ざる負えませんでした 熱波のようなものが襲い 精妙さを破壊しました 自然が憤怒すると 粗野なものだけを破壊しますが 人間が破壊し始めると 精妙なものでさえ破壊します 例えば 人の価値観や人格 純潔 純真さ 忍耐強さをです 戦争はより精妙な レベルで起こっています これらのことが 西洋の人々に破壊的な影響を もたらしたと理解すべきです ですから まずしなければならない 努力はそれを正すことです 再び自分の足で 立てるようにすることです 人々は 自分の人格や伝統 拠り所や根源を 失くしてしまったからです そして知的体験を 求めるようになりました 女性は大変自立し 問題は自分で解決できるし 男性のようになれると思い始めました そして問題は よりひどくなりました 女性は女性で あるべきだからです 女性の中にも少しは 男性の面があるかもしれませんが 自分の特質を ないがしろにし わずかにある性質を 発達させればおかしくなってきます すでに亡くなった沢山の男性に 取り憑かれているのかもしれません 男性のようになりたい という願望は 女性の精神に入りたがっている 沢山のブーツを惹きつけます 取り憑かれると 体裁は女性であっても その精神は悪魔です その邪悪さで世俗的に成功するので その女性は気づきません 暮らし向きが良かったり 人を支配できるかもしれません 男性のように注意深く 几帳面で 整然としているかもしれませんが 美しさ優しさはありません そのような女性は ついには 吸血鬼のようになります 戦争はすでに終わっていますが ドイツの女性に影響しています 以前アマゾニックと呼ばれる 女性達による攻撃について耳にしました 歴史がまた 繰り返されています この間ドイツ人の女性との インタビューがありました 彼女の態度に 驚かされました 内にナチスがいるようでした ナチスのブーツが取り憑いています 二重人格のように 一方ではやさしく話し もう一方では ナチスでした ファシストでした 大変狡猾な 話し口調です 言うことと言えば “私たちはインド人のような 虐げられた人々の味方です” “インド人はアーリア人です 私たちもアーリア人です” “私たちは アーリア人に同情します” インド人は スピリチュアルな者です 彼女達がインド人のようだと 言うのです 信じられません ポイントは生活の質が 向上されることです 何回も言っていますが 男性の質は女性のとは違います 女性が男性のように なろうとすれば 正しいものは 何も得られません そのような人は多くいます 毛沢東の妻や 蒋介石の妻もです 彼女の名前はマルコスです そのような女性は 大勢います 彼女達が男性のようになると 破滅的です 歴史に残る 女性は多くいますが インドでも すばらしい女性がいました 英国と戦ったジャンシ キ ラニ のような女性です 未亡人でした 我が子をおぶって 英国と闘いました 55メートルの要塞の小塔から 馬で飛び降りたと言われていて “勝利は我々にあるが栄光はジャンシ にある”と英国人は明記しています インドには 偉大な女性がいました たとえばヌル ジャハンなども そうです 彼女達は女性でした 男性のエゴはありません 女性も男性のように オフィスで働くこともできますが 男性のようになることは ありません 私自身の例でいうと ある時ラクナオに 家を建てなければいけませんでした 大変女性的な やり方で進めました 素敵な家ができました 男性が建てるより はるかに安くできました 男性なら まず建築家に相談し すべてを測定し 前もってすべて合うようにします そしてエゴで高いお店にいき 高価なものを買って騙されます そしてまたエゴで高いお金を 出して人を雇います すべてを仕切ります 私は違うやり方でしました お金があったので 適任者と最高のレンガを見つけました 家はレンガで 建てることになっていました その他にいるものは 何かです 女性が食べ物を 料理するようです 砂がいります セメントも必要です あと格子 そして労働です ですから男性のようには しませんでした またレンガを売る 適任者を見つけました 彼は“まずレンガを入れる炉がないと いけないがそのお金がない” 私は“炉をまるまるひとつ買います いくら必要ですか” “5千ルピーで十分ですが” “うまくいかなければ 火が回らな ければ責任はとれません” “構いません 私の名前で炉を準備してください” そこで彼から炉を買いました 炉に全てのレンガを入れ 泥で覆い 下から火を焚きます 時にはうまくいかず 全部だめになることもあるようです 私は“やってください 5千だけですね” 火がつけられ出来上がると 5万ルピー以上のものになりました 次に川に行き 大きな砂の山の一部は いくらかと尋ねました 彼らは“夏場は安いですが 冬場は高くなります” 男性なら必要最低限の分を 買うでしょうが “夏場は安く買えるなら その砂を全部を買います”と言いました そこで砂の山 全部を買いました 次に鉄器商を訪ね 鉄ついて聞きました “塊で注文すればもっと安くします 即時払いでこれくらいです” “注文します” 料理の材料を準備するかのように すべて準備しました 次に木材が必要でした そこで彼らは “木はネパールから来ます” その他にはどこからか 尋ねました “どこの森からも可能です” そこでインドの中央にある ジャバルプールに行き注文しました 全ての木が新たに切られ 競売でそこの木を沢山買いました あるだけ買って さらに大理石も買いました その大理石は一度も 使われたことがないものでした “シンプルですね 大理石は何にでも使えます” ですからそこから 大理石と木材を手に入れました 次に労働者です そこで友人に石細工が得意な 職人について尋ねました その者達皆を呼びました 私は“住み込みで働けば 私の家に住み食事や世話もします” すると彼らは 家族と共に移り住み 私は彼らのために 料理をしました 料理のお陰で彼らは 私のために何でもしてくれました 私に大変親切で 新しい技術を使い セメントで 大理石のような効果を出していました さまざまな芸術を そこに施しました 寝室が20室 客間が5室と 食堂のある大きな家が 一年以内に建てられました 誰もその家にかかった 費用も信じられませんでした 建築家が手掛ける 10分の1の値段です 帳簿についても知りませんでしたが うまくつけられました 毎日“今日はこれだけ 使います”と言い それだけを その日使いました そしてそれを帳簿につけ 1ルピーの誤差もありませんでした ですから起訴されず 問題もありませんでした 普通 家を建てようと思えば 沢山の問題と所得税に悩まされます 私は僅かな費用で 建てることができました “タジマハールが倒れてもこの家は 倒れない”と言う人もいました 丈夫な土台を 作ったからです レンガを 安く買えたおかげです 炉をまるごと 格安で買ったため 沢山残ったので 半分売りました 砂も全部必要でなかったので 半分売りました 2倍の値段で売れたので ただ同然でした 買った木材も切ってもらい 倉庫にすべて入れました 天候から守るようにです その半分を取り出し 100の窓と60のドアに使い 残りを売りました 木くずでさえ 燃やすために売られました 材木用に そして小屋を建てる用に 売られました 私は彼らのために 手料理をし 世話をし ベッドと毛布を準備し 彼らは大変喜んでいました そのように 女性がワークアウトさせます 私の帳簿に何の誤差もなかったことに 皆驚いていました 主人の友達に 私から離れるよう勧めました 首相と一緒に 働いていたので “彼女は賄賂を受け取っている” と言いかねません あるいは私に これは言いとか 悪いとか言ったでしょう なので近づけませんでした 男性は議論好きです 女性は結果を出します 会議も要りません “仕事をさせてください” と言いました これらの人たちと すばらしい家を建てられました 写真に撮ったと思います あなた方も それを見れるかもしれません サハジャ ヨギニであれば これらの特質を育むべきです 女性はとても直観的です 常に正しい結論に達します 女性であればです 半分男性で少しだけ女性なら 何者か分かれません 女性のように なろうとすべきです 女性は大変強力です さまざまのことに耐えられる 母なる大地のようで 最高のものを与えられます 非常に献身的で 気前がよく 忍耐強く 愛深く 許します 男性が女性の資質を育めば 聖人になれます 女性のを追い回す資質 ではありません このような ナンセンスはありません ヴィラスに ならないといけません 騎士道的で 勇敢でないといけません 勇敢でありながら 慈愛や許しの心を 持たないといけません ドイツでは その逆のようです 西洋のサハジャ ヨギにも 見受けます 女性は ひどいエゴがあります インドでは女性は働きます 何でもします 長いこと有名な演説者もいましたが エゴはありませんでした 私の母は 学位を持っていました 当時数人の女性しか 持てませんでしたが 母にエゴは ありませんでした 私の娘たちも建築を修めました 室内装飾もです 彼女は夫が働いているので 働いていませんが 人のために家を設計し 無料で助けています そして沢山の友達がいます では女性が 得るものはなんでしょう 女性の周りには 沢山人がいます 人間的な力です 女性の周りには より多くの人が集まります 男性の能力は何でしょう 家や保険の支払いを しなければいけません 車の修理代もです 汚れた仕事はやってもらいましょう 女性は子ども達や夫 周りから ラブレターをもらいます 彼女達は愛されます 面倒をみてもらえます 今は女性は男性のようになって しまって このような強みがありません 以前はバスに乗れば 女性に席を譲ったものです ある時 高齢の女性が乗ってきて 若い男性が座っていました 私は“席を譲ってはどうですか” 彼は“必要ありません 彼女もズボンをはいています” この女性は ズボンをはいていました “席を譲ることはありません” “お互いズボンをはいているので 違いはありません” 男性のようになることで 私たちの強みや特権を失っています それで何を得るのでしょう 実際その反対です 現代女性は 以前より男性に隷属しています 動揺します 例えばあるサハジャ ヨギニは キャッチがひどく問題を抱えています 考えることといえば “夫が私を捨て 子どもを連れて 行ってしまう どうしよう?” サハジャ ヨガのことは 決して考えません でもある時 素晴らしい女性に 会いました 真の女性です “マザー 私は統合失調症です コレクティブから離れます” “夫と別れ 子ども達とも会いません” “なによりサハジャ ヨガが 自分や夫や子供より大切だからです” “女性の真髄です” 彼女は“子供の時から統合失調症で 今分かり 症状が出ています” 大抵の女性は 自分のことを心配します “夫と別れるなんて” 夫を利用しようと しているのです “子どもと離れるなんて” ではサハジャ ヨガはどうですか サハジャ ヨガに最も重きをおくなら 統合失調症も治せます 神はあなたを助ける 必要があるでしょうか 普通の女性のように 自分のことばかり心配するならです サハジャ ヨガのことを 心配しないならです 男性も同じです 男性はあまり恐れません 自分の足で立てると 思うからです 女性は自分はヨギニで お母さんが 面倒を見ていると知るべきです でも自分のことや夫 家 我が子のことだけを心配するなら おしまいです 女性ではありません 良き女性の象徴ではありません 女性は全ての子ども達を 愛せる者です 愛する力は 計り知れません でも貪欲で狭量でいるなら 女性ではありません 孫娘に 将来の夢を尋ねました まだ小さい子どもです 看護婦さんか 客室乗務員と言いました “なぜその仕事がいいの?” “おばあちゃん この二つの仕事なら 食べ物をサーブしてあげれる” 他の仕事では そうはいきません 食べ物をサーブする喜びは オフィスで働くよりすばらしいです 事務仕事はひどいものです クッキングをしていた方が いいです 沢山の人が食べて 楽しんでくれると考える方が ペーパーワークをするより いいです でも女性は 分別を失っています 良識はありません 愚かです ドイツでは 気をつけなければいけません オーストリアでもです オーストリアの女性は すばらしいですが ドイツの女性は男性のように なろうとしないことです まずしゃべり過ぎないことです 男性のように話しだせば ブーツが入って 男性のようにしか 話せなくなります 男性がいかに コントロールされるか分かります インドの女性は いかに男性を コントロールするか心得ています 離婚がありません 問題がありません 口喧嘩はしますが 男性は別の女性の後を追いません 女性は着飾ったり 美容院に行ったりしません 様々な 美容グッズはありません ですから自尊心を育てなさい あなた方は シャクティです 力です 夫をキャベツのようにするなら 子ども達はどうなるでしょう 敬意を払いなさい 彼らを男にしなさい 男らしさを楽しみなさい そうすれば決して あなたを捨てたりしません 二人の間に 競争心はありません ドイツにおける今日の問題は 女性が良識を失っていることです ドイツの女性に 全くそう感じます 音楽においても 芸術においても 広範囲に及んでいます 誰の記憶に残っているでしょう 音楽家でいえば モーツァルトです 誰もがモーツァルトを 覚えています チョコレートにも モーツァルトがいます 彼自身チョコレートを 食べたかどうか分かりませんが また人はミケランジェロやレオナルド ダ ヴィンチを覚えています 誰もその当時の 書類を持って走り回る公務員は 覚えていません ですから女性は 永遠の価値を持ち それを育むべきです 最もすばらしいことは 女性には愛することができるということです しかし女性が 自己中心的になったり 自分のことをだけを心配するなら 内側の美しさはありません 今日私をカルティケヤとして崇拝する のでこのことについて取り上げました カルティケヤは二人の子どもの 母であるパルヴァティ ウマの息子です ガネーシャとカルティケヤです ある日 両親のシャンカラと パルヴァティが言いました “二人の内 先に母なる地球を 回った方にご褒美をあげましょう” するとカルティケヤは 男性的な力でしたので “自分の乗り物に乗って さっそく行こう”と乗り出しました 孔雀でした ガネーシャは 自分にこう言います “僕は小さな男の子で彼とは違う 乗り物も小さなネズミだ” “どうしょう” そこで彼は考えて “僕のお母さんは 全宇宙より偉大だ” “ということは 母なる地球は・・・” カルティケヤはすでに母なる地球を 回り始めていました シュリ ガネーシャはお母さんの 周りを三回回ってご褒美をもらいました 彼の母性の資質が お母さんが最も偉大で サダシヴァよりも 偉大だと気づかせました 驚くことにそれを サダシヴァは好むのです 母に 内にある母性に 敬意を払うことをです “女性が敬意を払われるところには 神々が内在する” 女性はとても重要です 西洋の男性にも 非があるというべきです 女性を冷遇し 宗教からも除外し 蔑んできました インドではイスラム教徒が そうしてきましたが 西洋ではさらに洗練された 攻撃者です 非常にひどく扱い 蔑んできました しかし彼らを許し 女性的に 力強くなるようにしなさい 女性の力は 神の力である愛です 理屈っぽい知性を使うより 愛を使うべきです 無駄なエネルギーを 使わないでください 特にドイツのサハジャ ヨギには より女性らしくなってもらいたいです いい料理を作ること だけではありません 人生対する 態度においてです サハジャ ヨガがあなたの愛の力に 頼るほどの視野の広さです 私たちは非常に 愛深く 優しく サハジャ ヨギの面倒を 見ないといけません できる限りの歓びを 与えれるようにです さもなければこの国の女性は 吸血鬼のようになります ですから気をつけてください 男性もそのような女性がいれば 敬意を払わないといけません 特権を与えないといけません 面倒をみないといけません 女性は子供たちを 世話しますが 援助し 必要なお金を 与えないといけません 家計簿を確認したりせず 任せなさい 最悪でも 破産するぐらいです もうしていますが まず女性のサハジャ ヨガに対する 態度をみることです 家で女性が財布を握っていると 男性が管理しているよりも サハジャ ヨガの仕事のために もっとお金が使えるのを見てきました 驚くべきことです 男性が管理すれば自分の車や 大きなことを考えますが 女性が管理すれば お金の貯め方が分かります 私のお金のやりくりは お話しした通りです 男性は節約できません 女性だけができます より大きな関心があればです 自分のことばかり 考えるなら 夫のシャツや自分のサリーに 全部つぎ込んでしまいます より幅広い関心があれば 大変賢くお金を使え 他の者のために使うお金が 常にあるでしょう 私の場合 主人からのお金で 家計をうまくやりくりしています 結構もらっていますが 市場で買い お金を節約します あらゆるところで 節約しています 初めて良さそうなクリーニング屋に 自分のセーターを出しました そのように女性は節約し みんなのために使います それが真の 女性の満足感だからです 自分たちの結婚生活や社会生活に バランスのとれた見方ができるなら この世界で 理想的な者になれます 学校について はっきり言っていますが もし聞きたいのであれば・・・ パンフレットはありますか 見たいです ないのですか 男性みたいですね 彼ら自身ここで見たいと 言ってましたが 男性に料理を頼めば すべて足りなくなります “シュリ マタジ 敬意を持ってお尋ねします” “男性でいることに 少しでも利点はあるのでしょうか” 男性なしに 女性は 自分自身を表現できません 潜在能力だからです 可能性だからです 全く相関的な用語です 女性は男性なしに 存在できません 母なる大地に すべての香りがあったとしても 花がない限り 母なる大地に香りが あるとどうわかるのですか 男性は最も大切です さもないと すべての力が無駄になります 女性が母なる大地であるなら あなた方は花です 利点ですか あなたを人々は見るのですから しかたありません そうなのですから 電車でも 電車が止まれば 男性は電車から降ります そこに座っていられません 私は主人に言いました “あなたはなぜいつも 家から出ようとするの” “しばらく家で 座っていられないの” 彼は“男性の側からすれば 家にいる者はカルゴスナと言われ” “常に家にいるという意味だ” 私は“家から逃げる者はカルパグナ?” つまり逃げる者という意味です 中間があるべきでしょう でもそれが男性的なのでしょう しかしサハジャ ヨガでその両者に バランスをもたらすことができます それがサハジャ ヨガです バランスを与えます するとお互いを 楽しめるようになり 家でも楽しめますし 外でも楽しめます なので家でも外でも 一緒にいられます お互いの関心が同じです 関心が同じに なっていくからです まるで花が母なる大地に落ち 母なる大地を香しくするようです するとその大地が 香しくなります そのように美しいのです 教育に関して 指示を出しました モンテッソーリ教育について 気にすることはないと話しました サハジャ ヨガの 学校を建てます モンテッソーリの教育をする女性が ひどくなっていくのを見てきました 彼女達のエゴの大きさには 驚きます ですからあなた方が サハジャ ヨガの先生になって サハジャ ヨガの 学校にしましょう シドニーとメルボルンで 学校を始めましたね 公式な学校です それについて 恐れることはありません 公式にサハジャ ヨガの 学校です 皆の役に立っています 批判もありません 胸をはってサハジャ ヨガの 学校だと言えます ですから先生達は サハジャ ヨガの専門家です つまりすばらしいサハジャ ヨギ ヨギニでないといけません エゴが強くてはいけません キャッチがあってはいけません いい先生になれません モンテッソーリの先生は 夜に酒を飲み タバコを吸い 朝になると先生をします あなたはまずサハジャ ヨギになって 初めて先生になれます その資質がないといけません 大切です リアライズ ソウルの生徒や リアリゼーションを得られる生徒を 受け入れることが大切です 今日はカルティケヤのためにする 特別なプージャです カルティケヤは偉大な ガナ達の隊長とも言える リーダーを象徴します ガネーシャは王様ですが 彼は隊長です ドイツ人は全てにおいて 指揮権を持つ性質があるので この場所でプージャをし スピリットと男性的な資質の 指揮がとれるようになります 女性は女性的な資質の指揮を とれるようになります 指揮をとるのは マスターになるのとは違います マスターはそれを所有しますが 指揮官は所有しません 所有しません 所有権がなくなり 指揮するだけです その状態にならないといけません ガネーシャの状態から カルティケヤの状態です ガネーシャはやさしく 王様で すべての力を備え座っています 純真があります カルティケヤは 純真を指揮し その指揮する力を あなたに与えます 彼が指揮します グル プージャの後 他の者を指揮する力を持つべきです そしてその指揮する スピリットは 男性においては 話すことや ダイナミックさや 個人的な達成によって出てきます そして女性においては 愛する力 忍耐力 慈悲深い態度 許す心 慈愛によって出てきます それを今日育みましょう 指揮ができるようにです 備わっているのではなく 指揮する立場にあるという意味です カルティケヤについて あなたが理解できることを願います 神の祝福がありますように […]